キャッシング 年収

キャッシングを利用する上で気になるのは、やはり「いくら借りることができるか」だと思います。

特に自分の年収でいくら借りることができるかは、多くの人が気になるところだと思いますので、年収に対していくらくらいまで借りることができるのか、年収がキャッシングの条件となることはあるのかなど、キャッシングと年収の関係について見ていきたいと思います。

キャッシングに影響がある年収

消費者金融から借りられる借入額は年収の3分の1

キャッシング 年収

消費者金融から借りられるお金は基本的には年収の3分の1までが上限となります。

貸金業法では「総量規制」という規制があり、貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないことになっています。

そのため、貸金業者である消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などでは年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

また、年収の3分の1というのはあくまで上限であり、実際に借りることができる金額は審査によって変わります。

特にはじめてキャッシングを利用する場合は少額からの借入となることが多いので、年収の3分の1以下の借入となる場合もあります。

大手消費者金融では、いくらまでお金を借りることができるか簡易シミュレーションできますので、自分の年収でいくら借りれるかは実際に申込をするか、簡易シミュレーションで確認する必要があります。


総量規制の例外と除外

キャッシング 年収

総量規制には例外と除外があり、総量規制の対象にならない取引があります。

主な総量規制の対象外となる取引には以下があります。

  • クレジットカードのショッピング枠の利用
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • おまとめローン
  • 配偶者貸付
  • 銀行系カードローン

まずクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類がありますが、買物や食事の支払などに使えるショッピング枠は借入ではないため、ショッピング枠をいくら使っても総量規制の対象にはなりません。

ただし、キャッシング枠はショッピング枠の一部ですので、ショッピング枠をすべて使い切ると、キャッシング枠もゼロになってしまうという別の意味での影響はあるので注意が必要です。

さらに住宅ローンや自動車ローンなどは総量規制から除外されますので、住宅ローンや自動車ローンを組んでいる人でも年収の3分の1までキャッシングすることができます。

キャッシング 年収

その他に、顧客に一方的に有利になる貸付も総量規制の例外として規定されていますので、今ある借金よりも低金利でひとつにまとめる、いわゆる「おまとめローン」で借りる場合には総量規制の例外となり、借入れ額の合計が年収の3分の1を超えても借りることができます。

例外にはほかに配偶者の年収の3分の1以下であれば貸付ができる「配偶者貸付」があり、配偶者に収入であれば自らに収入のない専業主婦の人でも借りることができます。

個人事業者への事業用のローンも例外ですので、事業用ローンの残高は総量規制に影響を受けることがありません。

その他、総量規制の対象外となる取引の詳細は、別の記事で紹介しています。

キャッシング 年収

なお、銀行系のカードローンは、銀行が貸金業者ではないため総量規制の対象外となります。

銀行系カードローンは金利も低く総量規制の対象外となるため、最近利用する人が増えています。

審査は消費者金融よりも厳しい場合が多いですが、年収の3分の1以上を借りたい人はトライしてみると良いと思います。


キャッシングができる年収

キャッシング 年収

キャッシングの審査時には年収そのものよりも、年収に対して無理のない返済額かどうかを重視しますので、少額であれば年収の低い人でも借りることができます。

私の友人には年収100万円ほどで10万円の借入をしている人がいました。

上述した総量規制によって、消費者金融からのキャッシングは100万円×3分の1で33万円が上限となりますが、返済能力を見て最初は10万円くらいの借入となることが多いようです。

総量規制の対象外である銀行系カードローンであれば、最大で50万円程度を借りられる可能性もあるようです。

はじめての利用では、希望する利用金額に達しない可能性が高いですが、キャッシングは返済実績を積んでいくことで限度額が増額されますので、遅延や延滞をせず地道に返済実績を積んでいきましょう。


キャッシング審査で年収を偽った場合

キャッシング 年収

キャッシング審査の場合、50万円までは収入証明書不要のところが多いので、申込時に年収を偽る人もいます。

年収を偽ったことがばれると、キャッシングやカードローンの契約解除となり、損害賠償請求となることもあります。

借りられる金額に対してあまりにリスクが大きいのでやめた方が良いでしょう。

なお、1社50万円以上あるいは2社以上で合計100万円の借入をする場合には、収入証明書の提出を求められ、年収の嘘はすぐにバレてしまいますので、年収を偽ることはできません。

年収に対して高額な借入を希望する場合には、総量規制の対象外となる銀行系カードローンを利用するのがおすすめです。


キャッシング契約後に年収が下がった場合

キャッシング 年収

契約後に年収が下がって総量規制の対象に引っかかってしまった場合、新規の借入はできなくなりますが、すでに借りていた分をすぐ返済しないといけなかったり、虚偽報告で契約解除になることはありません。

契約後に年収が下がって総量規制の対象に引っかかるケースとしては、年収300万円の人が100万円の借入をしていて、契約後に年収が250万円に年収が下がってしまったケースなどです。

年収が300万円であれば総量規制上は3分の1まで借りることができますが、250万円だと83万円までになります。

年収が下がること自体はよくあることですので、貸金業協会でもその点は考慮して、契約後に年収が下がってもなにかデメリットがあるわけではありません。

ただし、新規契約できる金額は下がることになりますし、そもそもの返済能力も年収の低下とともに落ちることになりますので、借り過ぎにはこれまで以上に注意する必要があるといえます。


まとめ

キャッシング 年収

総量規制やキャッシングと年収の関係を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 貸金業者からのキャッシングは年収の3分の1が上限
  • 銀行系カードローンは総量規制の対象外
  • 年収100万、200万以下の人でもお金を借りることはできる

キャッシングと年収の関係で最も大きいのは総量規制で、消費者金融など貸金業者からは年収の3分の1を超える金額は借りることができません。

年収の3分の1を超える金額を借りたい人は、総量規制の対象外となる銀行系カードローンがおすすめです。

キャッシング 年収

また、キャッシング自体は安定した収入がある人であればお金を借りることができ、返済額とのバランスや他の属性情報次第で年収が200万円以下、100万円以下でも借りることができます。

利用可能額は少額となることが多いですが、返済実績を積むことで利用限度額を増額することもできます。

年収が低い人ほど、まずキャッシングを利用してみて返済実績を積むという考え方が重要ですね。

はじめて利用する人なら、無利息期間があるキャッシングを利用するのが、支払う利息が少なくなるのでおすすめです。

無利息期間のあるキャッシング


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7