キャッシング 年収 嘘

キャッシングの審査では年収が重要になりますので、「審査落ちしたくない」という思いから、借りやすくするために嘘の年収を書く人もいます。

キャッシング審査において、収入は多ければ多いほど良いですが、嘘をつくと虚偽申告となりますので絶対に避けないといけません。

キャッシングができる年収の目安

キャッシング 年収 嘘

キャッシング審査においては、収入は多いほど良いですが、ある程度の収入があれば審査に通りやすくなります。

目安としては年収200万円勤続年数は2年以上あると審査は安心です。

年収200万円以下、勤続年数2年以下だとキャッシング審査に落ちる可能性が高くなります。

ただし、キャッシングの審査基準は公開されているものではなく、金融機関によって異なります。

また、同じ金融機関でも時期によっては貸付に積極的になったり、審査基準が厳しくなることもありますので、たとえ内部の人間であっても審査基準はわかりません。


キャッシングの審査で嘘をついたらどうなる?

キャッシング 年収 嘘

キャッシング審査で年収や勤続年数で嘘をつくと、バレた時には一括返済を求められることもあります。

キャッシングの申込情報の一部は、信用情報機関で共有されているので、内容によってはバレる可能性があります。

例えば、申込情報のうち勤務先の情報などは信用情報に記録されますので、以前のクレジットカードやキャッシングの申込情報から、申し込んだ勤務先での勤続年数はありえない状態だと勤続年数で嘘をついたことがバレてしまいます。

キャッシング 年収 嘘

また、仮に審査をパスしたとしても、その後にバレることも多く、バレた時に一括返済を求められるリスクがあることを考えると、嘘の申告は絶対にしてはいけません。

なお、キャッシングでは総量規制という規制があり、消費者金融やクレジットカード会社でキャッシングをする場合には、1社で50万円以上の借入または複数社で100万円の借入をする場合には収入証明書の提出を求められます。

必要な収入証明書は源泉徴収票給与明細確定申告書類ですので、基本的には収入で嘘をついてもすぐにバレることになります。

キャッシングを利用する上では、金融機関との信頼関係の上に成り立っていますので、倫理的にもやってはいけませんね。


属性に自信のない人もまずは審査を受けてみる

キャッシング 年収 嘘

やってはいけないこととわかっているけど、正直に申告すると審査落ちするとわかっているからなんとかお金を借りたい。。

こういう人は審査基準が比較的柔軟な中小の消費者金融を検討されるのが良いでしょう。

ただ、多くのキャッシング会社では「安定した収入がある人」であれば申込可能になっており、フリーターアルバイトの人でも大手消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンの審査に受かる人もいます。

キャッシング 年収 嘘

キャッシングの審査基準は公開されているものではありませんので、審査に通るのか落ちるのかはキャッシングに申込をしてみないとわからないのが実情です。

まずは正直に自分の情報を申告して、キャッシングの審査を受けてみるのが良いでしょう。

一般的に銀行系カードローンの審査は厳しいので、自分の収入や勤続年数などの属性に自信がない人は消費者金融系のキャッシングを検討してみるのが良いかもしれません。

キャッシング審査で収入や勤続年数は重要ですが、金融機関によっては雇用形態や居住年数、信用情報などを重視する金融機関もあります。

収入や勤続年数で自分は審査に通らないと決めつけずに、まずは正直に申込をして勝負してみることが重要です。


過去の債務整理歴や返済の滞納はバレる?

キャッシング 年収 嘘

なお、過去に債務整理をしていたり、キャッシングの返済に滞納があった場合などは、信用情報機関に事故情報が登録され、各金融機関で情報が共有されています。

そのため、過去に債務整理をしていたり、滞納歴がある人は嘘をついてもすぐにバレます。

信用情報機関の事故情報は一定期間が経過すると消えるので、債務整理であれば5年から7年、滞納であれば滞納した債務の完済から5年ほどで事故情報は消えます。

ただ、これらはあくまで目安ですので、自分が今現在で信用情報機関の事故情報が記載されているかを確認したい場合には、信用情報開示の手続きをされるのが良いでしょう。


まとめ

キャッシング 年収 嘘

キャッシングで年収や勤続年数で嘘をついて申告するとどうなるかを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 年収や勤続年数で嘘をついてはいけない
  • 嘘がバレるとその時点で一括返済させられる
  • 金融機関で情報共有しているため嘘はバレる

キャッシングの申込時に年収や勤続年数で嘘をつくのは絶対に避けなければいけません。

借入後に嘘がバレると、虚偽申告で規約違反となり、金融機関との信頼関係も崩れるので、キャッシング会社から一括返済を求められることもあります。

また、金融機関では信用情報機関で利用者の信用情報を共有していたり、嘘をついてもバレる可能性が高いです。

バレやすくリスクも高いですし、何より虚偽申告をしてお金を借りるのは金融機関を騙すことになるので、倫理的にも絶対にやってはいけません。

自分の勤務先や年収、勤続年数に自信がない人でも、キャッシングに申込をしたら審査に通過したという人も多くいます。

キャッシング審査の通過可否は申込をしてみるまでわかりませんので、まずは正直に情報を申告して借りられる会社を探されることをおすすめします。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で最短即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

自動契約機(むじんくん)の営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短30分で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCグループの会社で、自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。
koushiki7