アイフル 審査

これからアイフルを利用する人が最も気になるポイントの一つに「審査」があると思います。

審査に通過しないとアイフルからお金を借りることができませんので、

自分は審査に通るのか?
今日中にお金を借りるために、審査はどれくらい時間がかかるか

などなど、気になる点は多いでしょう。

本ページではアイフルの審査基準や審査時間、審査後の連絡や手続きなどを見ていきたいと思います。

アイフルの審査基準

アイフル 審査

アイフルの審査基準の詳細は公表されていませんが、申込可能な条件は「20歳以上69歳以下で定期的な収入と返済能力がある方」となっていますので、最低限これらをクリアする必要があります。

また職業については以下の人が対象となっています。

  • 給与所得者
  • 自営業者
  • パート・アルバイト
  • 派遣・出向・嘱託社員
  • 主婦(専業主婦除く)
  • 学生

定期的な収入や返済できることが条件となりますので、無職の人は収入源がないと審査に通ることはありませんが、パート、アルバイト、学生、主婦でも審査に通ることがあります。

アイフルをはじめとした大手消費者金融では「スコアリングシステム」を導入していて、職業や年収、勤続年数などから総合的に申込者の属性を審査します。

雇用形態もその一つなので、より雇用が安定しているとみなされる正社員が審査上有利ではありますが、アルバイトや派遣社員など雇用が安定していないと見られる働き方をしていても、それを理由に即審査落ちすることはありません。

アルバイトや派遣社員の方でも、アイフルの審査に通ってお金を借りている人は多くいますので、その点は安心して良いでしょう。


アイフルの審査は甘い?

アイフル 審査

大手消費者金融では、審査通過率を公表していますが、アイフルの審査通過率は45%から49%程度で毎年推移しており、大手消費者金融の中ではアコムの次に高い水準となっています。

プロミスやアコムなど大手の審査基準は似ていて、返済能力を厳しく審査されます。

アイフルも同様に審査が甘いということはありません。

アイフルの審査に通った人、審査落ちした人の特徴を見ても、特別審査が厳しかったり甘いということはありませんでした。

目安としては過去に信用ブラックになっていない人(過去に長期の滞納や債務整理をしていない人)で、年収200万円くらいあれば審査に通っている人は多かったです。

年収100万円以下のパート、アルバイト、派遣社員の人でも審査に通っている人はいました。

審査については実際に申し込んでみないとわからない部分もあるため、悩むよりもまず申し込みして審査結果を見てみるのが良いでしょう。


アイフルは総量規制の対象となる

なお、アイフルは法律で定められた「総量規制」の対象となるため、年収の3分の1を超える金額を貸すことはできません。

そのため、年収300万円の人であれば100万円までしか借りることができません。

総量規制は消費者金融などから借りたお金の合計が対象となるため、他社で借りたお金も合算して年収の3分の1以下とする必要があります。

年収300万円の人がプロミスとアコムで50万円ずつ借りていた場合、すでに合計100万円借りていることになるため、アイフルで新たにお金を借りることはできません。

このように年収をもとにして借りられる金額が決まるため、自身に収入のない専業主婦や無職の人はアイフルを利用できず、申し込んでも審査に通ることはありません。

逆に言うと、総量規制に引っかかっていなければ審査通過の可能性はありますので、無職や専業主婦の人以外はアイフルの審査を受けてみると良いでしょう。


アイフルで審査落ちする人の特徴

  • 信用情報がブラックの人
  • 借入希望額が年収の3分の1を超えている人
  • 多重債務の人
  • 年金生活、生活保護の人
  • 申込内容に嘘がある人

アイフルの審査基準を見ると、審査落ちする人の特徴も見えてきます。

信用情報がブラックの人

アイフル 審査

まず信用情報機関に金融事故が登録されている、いわゆる「信用ブラック」の人は審査に通りません。

過去5年以内に債務整理代位弁済、また長期の延滞などをしていると金融事故が登録されますので、そのような信用情報がブラックの人は審査落ちすることになります。

大手消費者金融だけでなく、銀行系のカードローン、中小の消費者金融でも信用ブラックの人には貸してくれないので、信用ブラックが解消するのを待ちましょう。

ブラックでも貸してくれる業者はヤミ金やソフト闇金の可能性が高いので、利用しないのが賢明です。


借入希望額が年収の3分の1を超えている人

アイフル 審査

また、借入希望額が年収の3分の1を超えている人も総量規制の対象となるため審査落ちする可能性が高いです。

年収と借入額のバランスだけが問題であれば、利用限度額を希望額より減額して審査通過となることもありますが、総量規制は法律で決まったルールで絶対ですので、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

審査落ちの原因となってしまうため、利用希望額は年収の3分の1以下に抑えてアイフルに申し込みをするのが良いでしょう。


多重債務の人

アイフル 審査

借入している社数が5社を超える、多重債務の人も審査落ちしやすいです。

多重債務の人は滞納するようになったり、自己破産をしてしまうなど、貸したお金が返ってくる可能性が低いです。

借入社数が多い=リスクの高い客」ということになりますので、アイフルに限らず審査に通りにくくなります。

アイフルをはじめとした金融機関では、審査時に信用情報を参照しますので、どこからお金を借りているかはわかります。

嘘の申告をしてもすぐにバレますので、まずは借りているお金を返したりおまとめするなりして借金を整理しましょう。

なお、チェックポイントは借入している会社数なので、契約していて借り入れをしていない会社がいくつあっても審査に影響はありません。


年金生活、生活保護の人

アイフル 審査

年金生活生活保護の人もアイフルの審査に通ることはありません。

生活保護の人は利用できないと決まっているので、審査の中で生活保護を受けていることがわかると審査落ちします。

アイフルでは生活保護や年金は収入とみなされず、総量規制の問題から借りられる金額がゼロとなり、お金を借りることができません。

アイフルが収入と認める給与収入、事業収入、不動産収入、投資収入が必要となります。


申込内容に嘘がある人

アイフル 審査

申込内容に嘘がある人も審査に通りません。

悪意なく間違えてしまった場合は訂正することで審査に通ることもありますが、免許証番号の偽造や旧姓を申告しないなど審査を有利にするために故意に内容を間違えて申告したことがわかると審査落ちします。

アイフルの審査担当者はプロですので、内容の虚偽やその申告がわざと間違えられたものなのかはわかります。

嘘の申告はアイフルの信用を失うことになり、個人の信用でお金を借りるカードローンでは信用を失う行為は審査落ちに直結します。

申し込みの内容は必ず正しい情報を申告するようにしましょう。


アイフルの審査の流れと審査通過後のメール、電話

  1. 審査申込
  2. 申込確認の電話
  3. 在籍確認
  4. 審査
  5. 審査結果の連絡

申込完了から審査開始

アイフル 審査

アイフルの審査の流れは、アイフルへ申し込みすることから始まり、その後に内容確認の電話があり、在籍確認必要書類の提出後に審査回答があるというものです。

申し込みはネット、店頭、電話で行うことができ、申込完了後10分から15分後くらいに内容確認の電話があります。

その電話の中で在籍確認の時間等の確認があり、在籍確認が行われます。


審査中に行われる在籍確認

アイフル 審査

アイフルでは在籍確認が必須となっており、職場に電話をして申込者が本当にその会社に在籍しているかを確認します。

在籍が確認できれば良いので、申込者本人が電話に出る必要はなく、他の人が出た場合には「席を外している」「外出している」「お休みしている」など、在籍していることがわかれば在籍確認は完了です。

本人が出た場合は簡単な本人確認をして在籍確認完了となります。

なお、在籍確認の電話ではアイフルが社名を出すことはなく、会社の人にバレる心配はありません。

在籍確認はクレジットカードなどでも普通に行われるため、職場の人に怪しまれたら「クレジットカードを申し込んだから」と言えばよいでしょう。


審査結果の連絡

アイフル 審査

審査が終了すると審査結果の連絡があります。

審査結果の連絡はメールまたは電話で行われます。

メールで連絡するか電話で連絡するかはアイフルの判断となり、どちらで連絡があるかはわかりません。

個人的な経験則では、問題なく審査通過した場合や逆に明らかに審査落ちとなる場合はメールで連絡があり、確認が必要な場合やギリギリで審査通過、審査落ちとなる場合は電話連絡となる印象があります。

審査通過をしたら後は契約をしてお金を引き出すだけですので、自動契約機または店頭で契約するようにしましょう。

自動契約機の「てまいらず」では、契約とカード発行がその場でできるので、すぐに併設されているATMでお金を借りることもできスムーズです。


アイフルの審査回答までの時間と審査対応時間

アイフル 審査

アイフルは最短30分で審査回答となっており、大手消費者金融らしい審査スピードです。

最短30分とありますが、実際には審査回答までに1時間や2時間かかることもあります・

とはいえ、審査スピードは早いので急いでいる人にもおすすめできます。

大手消費者金融は審査スピード、審査基準ともに横一線なので、大きな違いはありません。

サービス内容や自動契約機の場所など、利用・契約のしやすさを重視して選ぶのが良いでしょう。


アイフルの審査対応時間

アイフル 審査

アイフルの審査対応時間は平日土日9時から21時となっています。

土日も関係なく審査対応していますので、土日も即日融資が可能になっています。

審査対応時間外の申し込みについては、翌営業日の営業開始後に申し込み順に審査が行われます。

早く審査をしてもらうには、審査対応時間外であっても早めに申し込みをしておく必要があります。


アイフルの審査時間が長い原因と短くする方法

  • 申し込みが集中している
  • 50万円を超える限度額を希望している
  • 在籍確認ができていない
  • 申込内容が間違っている、疑わしい
  • 審査は終了しているがメールが受信できていない
  • 審査対応時間外である

アイフルの審査回答時間は最短30分となっていますが、審査回答までに1時間や2時間くらいかかることはよくあります。

またそれ以上経っても審査回答が来ないなど、いくつかの原因によって審査回答に時間がかかるケースがあります。

申し込みが集中している

アイフル 審査

まず考えられるのは申し込みが集中しているケースです。

アイフルでは原則申し込みがあった順に審査をしていますが、申し込みが多いと審査待ちが発生し、結果として審査回答までに時間が多くかかってしまいます。

通常であれば最短30分で審査回答があるところが、申し込みが集中しやすい年末年始ゴールデンウィーク大型連休の前などは審査に時間がかかるケースが多くなります。

お金が少なく苦しくなりやすい給料日前なども申し込みが多くなるため、多くの人の給料日である25日の前なども申し込みが集中しやすいです。

どうすることもできませんが、事前にお金が必要になることがわかっている場合は余裕を持ったスケジュールで申し込みをしてお金を借りておくことで、ギリギリで審査回答が遅れて焦らずに済みます。


50万円を超える限度額を希望している

アイフル 審査

50万円超など高めの限度額を希望している場合も審査に時間がかかりがちです。

50万円を超える限度額を希望する場合、貸金業法によって収入証明書の提出が義務付けられます。

アイフル以外の他社からの借入を含めて100万円超の借入となる場合も、収入証明書の提出が必要となります。

提出された収入証明書の確認も必要となりますし、何より高額の限度額を設定する場合はアイフルでも慎重に審査が行われるため審査時間が長くなりがちになります。


在籍確認ができていない

アイフル 審査

在籍確認ができずに審査時間が長くなることもあります。

アイフルの審査では必ず在籍確認が行われますが、在籍確認完了しないと審査の結論が出せずに審査時間が長くなってしまうことがあります。

土日など、職場へ電話での在籍確認ができない場合は電話以外の方法で在籍確認をしたり、一時的に利用限度額を下げて契約をして後日在籍確認が取れてから希望の限度額まで増やす対応をしてくれることもあります。

電話による在籍確認が難しい場合は、申し込み後の電話などでアイフルに事前に相談をしておくと良いでしょう。


申込内容が間違っている、疑わしい

申込内容に間違い虚偽疑いがあるケースも審査に時間がかかります。

申し込んだ内容に誤りや疑わしいものがあると、確認に時間がかかりますし、正しい情報をもとに審査し直さないといけないこともあるため、二度手間、三度手間となり審査に時間がかかる原因となります。

他社からの借入状況など、不利な情報を隠す人もいますが、これらの情報は信用情報機関で情報共有しているため、アイフルで把握することができます。

申込内容と確認結果に違いがあると、確認のために審査回答が遅くなる原因となるため嘘や間違いがないようにする必要があります。


審査は終了しているがメールが受信できていない

また、審査は終了しているものの審査回答のメールが受信できていないケースもあります。

アイフルの審査結果の回答はメールか電話で行われますが、メールでの審査回答が多くなっています。

メールソフトの設定や迷惑メールのフィルタ、ドメイン拒否設定、申し込み時のメールアドレス間違いなどで、うまくメールを受信できていないこともあります。

「審査回答が来ないといつまでも電話を待っていたら、かなり前にメールで審査回答がきていた・・」

このようなこともありますので、メールの受信や迷惑メールに振り分けられていないかなどを確認し、不安な場合はアイフルに電話で確認するのも良いでしょう。


審査対応時間外である

アイフル 審査

申し込みをしたのが審査対応時間外である場合、審査が開始されていないため、何時間経っても審査回答が来ないと思ってしまいます。

上述した通り、アイフルの審査対応時間は平日土日の9時から21時ですので、審査対応時間外に申し込みをした場合は翌日の審査開始を待つ必要があります。

審査が開始されると、前日の夜に申し込みをした人から先着順で審査されるため、審査対応時間外であっても早めに申し込みをしておくことで翌日に早く審査を受けることができます。


アイフルの審査時間を短くする方法

アイフル 審査

  • 審査時間が長くなることをしない
  • アイフルに急ぎであることを伝える

アイフルの審査時間を短くするには、上述した審査時間が長くなることをしないことが重要です。

希望限度額をあまり高めに申告しない、比較的申し込みの少ない平日の日中などに申し込みをする、申込内容を間違いのないよう確認をするなどですね。

なお、アイフルでは急いでいる人を優先的に審査してくれるサービスがあります。

ネット申し込み後にアイフルに電話をすることで、優先的に審査をしてくれて、融資までのスピードを早めることができます。

混雑具合によって急ぎの要望に対応できない可能性もありますが、伝えておいて損はないので、急ぎでお金が必要な人や即日融資を目指す人は申し込み後に電話をしましょう。

なお、電話の受付時間は審査対応時間と同じく、平日土日関わらず9時から21時となっています。


まとめ

アイフル 審査

アイフルの審査基準や審査の流れについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • アイフルは最短30分で審査回答
  • 審査対応時間は9時から21時
  • 急ぎの時はアイフルに電話して審査時間を短くできる

アイフルは最短30分で審査回答がある審査スピードの早いカードローンです。

申し込みが集中する時期や在籍確認ができない時には審査が30分で終わらないこともありますが、大手消費者金融は審査スピードが早いので、急ぎの人はアイフルを利用すると良いでしょう。

審査対応時間は9時から21時となっており、平日だけでなく土日も変わらずに審査してくれるので、土曜や日曜に即日融資を受けることも可能です。

急ぎの時には申込後にアイフルへ電話することで、優先的に審査をしてくれますので、急ぎの人には特におすすめのカードローンです。

アイフルの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7