アイフル 借り入れ

アイフルでお金を借りるには、まずアイフルと契約する必要がありますが、契約後は融資余裕額(利用限度額)の範囲内でいつでも何度でも借り入れをすることができます。

アイフルでは複数の借入方法が用意されているので、自分にあった方法を選んですぐにお金を引き出すことができるようになります。

アイフルにはどのような借入方法があるのか、アイフルの借入方法や借入時の手数料、借り入れができないケースなどを見ていきたいと思います。

アイフルの借入方法

アイフル 借り入れ

  • アイフルATM
  • コンビニATM
  • 提携銀行のATM
  • 振込(ネットキャッシング)
  • 振込(電話から予約)

アコムではATMでの借り入れと振込による借り入れが可能になっていて、ATMと振込ともにいくつかの方法で行うことができます。

アイフルATM

アイフル 借り入れ

ATMでの借り入れはアイフルATMコンビニATM提携銀行のATMから借り入れが可能です。

アイフルの自社ATMは全国に400箇所以上ある無人店舗(自動契約機)に併設されています。

プロミスやアコムより店舗数は少ないですが、主要なターミナル駅などに設置されているので便利に利用できます。

アイフルATMはATM利用手数料が無料で利用できるので、近くにアイフルATMがある場合はアイフルATMを利用した方がお得です。

また、自動契約機がある無人店舗に併設されているので、はじめてアイフルを利用する場合は契約、カード発行後にそのままアイフルATMで出金をすることができ便利です。


コンビニATM

アイフル 借り入れ

アイフルではコンビニATMでも借り入れができます。

利用できるコンビニATMはセブン銀行ATMローソンATMイーネットATMイオン銀行ATMとなっています。

各ATMが設置してあるコンビニは以下のようになっており、主要なコンビニはほとんど利用できます。

  • セブン銀行ATM:セブンイレブン
  • ローソンATM:ローソン
  • イーネットATM:ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなど
  • イオン銀行ATM:ミニストップ

ただし、一部のファミリーマートではゆうちょ銀行ATMが設置しており、ゆうちょ銀行ATMではアイフルを利用できませんので注意が必要です。

ファミリーマートを利用したい人は、最寄りのファミリーマートにどのATMが設置しているかを確認しておく必要があります。

また、コンビニATMを利用する際はATM利用手数料がかかります。

利用金額に応じて108円から216円の手数料がかかりますので、手数料を節約したい人はアイフルATMをはじめ手数料無料の借入方法を利用するようにしましょう。

■アイフルのATM手数料

ATM 利用金額
1万円以下 1万円超
コンビニATM(借入) 108円 216円
コンビニATM(返済) 108円 216円


提携銀行のATM

アイフル 借り入れ

  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

提携銀行のATMからも借り入れすることができます。

提携している銀行は三菱UFJ銀行西日本シティ銀行親和銀行福岡銀行熊本銀行となっており、それぞれの銀行ATMが利用可能となっています。

三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、親和銀行は借り入れと返済が可能ですが、福岡銀行と熊本銀行は借り入れのみ可能です。

また、コンビニATMと同様に利用時には利用金額ごとにATM手数料がかかります。

■アイフルの提携銀行ATM手数料

ATM 利用金額
1万円以下 1万円超
提携銀行ATM(借入) 108円 216円


振込(ネットキャッシング)

アイフル 借り入れ

アイフルでは振込により借り入れすることもできます。

インターネットから振込予約をするのでネットキャッシングと呼ばれています。

会員サイトから振込予約が可能で、24時間いつでも振込予約をすることができます。

振込手数料はアイフル負担で、利用者は手数料無料です。

振込名義は「アイフル」または「AIセンター」を選択できますので、銀行の入出金履歴にアイフルの名前を残したくない人はAIセンターを選択するのが良いでしょう。

振込はアイフルに登録した銀行口座に行われ、平日の14時半くらいまでに予約すれば当日振込(即日融資)が可能です。

振込予約はいつでもできますが、平日15時以降や土日の振込予約した時は翌営業日の振込となります。


振込(電話から予約)

アイフル 借り入れ

振込の予約は電話から行うこともできます。

電話でオペレーターに振込を依頼することで、指定した銀行口座に振込で借り入れができます。

ネットキャッシング同様に振込名義の選択が可能で、受付時間によっては当日振込も可能です。

会員専用ダイヤル:0120-109-437

また、女性の方には女性専用ダイヤルが用意されており、女性オペレーターが電話で対応してくれます。

アイフル女性専用ダイヤル:0120-201-884

念のため最新の電話番号は公式サイトで確認してください。

アイフルの公式サイトを確認


カードなしで借入する方法

アイフル 借り入れ

アイフルでは契約時にカード発行が必須となりますが、カードなしで借り入れすることはできます。

カードなしで借り入れが可能なことで、ATMでアイフルカードを利用しているところを見られる心配がなく、忙しく自動契約機でカード発行する時間がない人でもお金を借りることができ便利です。

カードなしで借り入れをするには振込キャッシングを利用することになります。

上述した通り、会員ページから24時間いつでも振込予約をすることができ、自宅のPCやスマホ経由で振込予約から出金までアイフルカードを利用することなく借入ができます。

ATMではカードなしで借り入れすることはできませんが、振込キャッシング後に銀行キャッシュカードで出金することで、アイフルカードはなしで出金することになります。

アイフルではカード発行自体は必須となりますので、WEB契約の場合はカードは後日配送となりますが、配送時間帯を指定することができますので、うまく活用することで家族にバレずにカードを受け取ることもできます。

ネット契約後に自動契約機でカード発行して受け取る方法もあります。


アイフルの借入手数料

アイフル 借り入れ

アイフルで借入時に手数料がかかるのは提携ATM(コンビニATM、提携銀行のATM)を利用した場合です。

アイフルATM、ネットキャッシング、電話での振込予約の場合は手数料無料で借入ができます。

提携ATMを利用した場合、利用金額に応じて108円から216円のATM利用手数料がかかります。

■アイフルの提携ATM利用手数料

ATM 利用金額
1万円以下 1万円超
アイフルATM 無料 無料
コンビニATM(借入) 108円 216円


お金を借りる時には急いでいる時が多いので、100円や200円の手数料なら仕方ないと考える人も多いと思います。

ただ、手数料無料で借りることもできるので、時間に余裕があったり、近くにアイフルATMがある場合などは手数料無料で借りるようにしたいですね。


無金利で借入する方法

アイフル 借り入れ

カードローンでお金を借りる際、ATM手数料以上に負担が大きいのは金利です。

金利は消費者金融の収入源でもあり、金利がないとお金を貸す意味がないので基本的には負担する必要がありますが、はじめて利用する際には無金利で借入をすることができます。

アイフルでははじめて利用する人を対象に、契約日から30日間の無利息サービスを提供しています。

そのため、はじめてアイフルを利用する人は最大30日間無利息で借入することができます。

仮に金利18%で30万円を借入した場合、30日間の利息は約4,500円になりますが、これが丸々無料になることになり、30日間無利息はかなり大きいです。

利息負担は元本が多い借入直後が最も重いため効果が大きく、その間に繰上返済をして元本を減らすことで、完済までの利息負担を大きく減らすこともできます。

アイフルを利用する人はぜひ無利息サービスを活用したいですね。


アイフルの借入単位

アイフル 借り入れ

アイフルの借入単位は千円単位となっており、1万円未満の少額の借入から可能になっています。

5,000円や3,000円など少額から借りることができるので、ちょっとだけお金が足りない時に便利ですし、借り過ぎを防ぐことにもなるので便利ですね。

振込キャッシングの場合は借入希望額を1,000円単位で指定することで、1,000円単位の借入が可能です。

またアイフルATMコンビニATMでも1,000円単位でお金を借りることができます。

プロミスやアコムなど大手カードローンでも、コンビニATMでは1万円単位となっていることが多いので、1,000円単位の借入ができるアイフルは便利ですね。

ただし、アイフルでも一部の提携ATMでは千円単位の借入ができず、1万円単位の借入のみとなっていることがあります。

アイフルATMでの借入、振込キャッシングなら確実に千円単位の借入が可能なので、近くのコンビニATMで千円単位の借入ができなかった場合はアイフルATMや振込キャッシングを検討しましょう。

また、上述した通り提携ATMを利用する際はATM利用手数料がかかります。

手数料は108円から216円となっていて、少額の借入ほど手数料の割合が大きくなります。

1,000円を借りるために108円の手数料を支払うのはとてももったいないので、少額の借入をする際はより手数料に注意する必要があります。


アイフルの借入限度額

アイフル 借り入れ

アイフルの借入限度額は最大800万円となっています。

借入限度額は申込時の審査により決まり、契約後は増額申請することによって増えたりします。

はじめて利用する際は100万円を超える利用限度額が設定されることはまずなく、50万円くらいの限度額となる人が多いようです。

また、アイフルは総量規制の対象となりますので、年収の3分の1を超える金額を借りることができません。

利用限度額についても年収の3分の1を超えることはありませんので、仮に年収300万円の人であれば利用限度額の上限は100万円となります。


アイフルの借入額の増額方法

アイフル 借り入れ

アイフルでは借入額(融資余裕額)を増額することもできます。

増額には審査が必要ですが、会員サイトや電話から増額申請をすることで審査を受けて借入額の増額が可能です。

増額審査はアイフルでの利用実績返済実績が重要になりますので、新規契約後すぐに増額申請をすることはできません。

新規契約から半年くらいは増額審査に通ることはまずありませんので、増額をしたい場合はまずアイフルでの利用実績や返済実績を積んでいくことが重要です。

アイフルで増額ができない人でも、プロミスアコムなど他社と契約することはできますので、アイフルの限度額以上にお金が必要な人はプロミスやアコムなど他の大手カードローンを検討するのも良いでしょう。

大手カードローンの審査基準は似ていますので、アイフルの審査に通った人であればプロミスやアコムの審査に通る可能性は大いにあります。

アイフル契約後すぐに限度額以上のお金が必要になった人は他の大手カードローンを検討してみてください。

プロミスの詳細を見てみる

アコムの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


アイフルで借り入れできない理由

アイフル 借り入れ

  • 利用限度額の上限に達している
  • 延滞、滞納している
  • 総量規制の影響

アイフルを利用している時に、急にお金を借りることができなかったり、融資余裕額が0円となっていることがあります。

原因は様々ですが、主に以下の点が原因となっていることが多いです。


利用限度額の上限に達している

まずは利用限度額の上限に達している場合です。

簡単に言うと、借りられるお金を目いっぱいまで借りていて、これ以上借りられない状態になっているケースです。

アイフルでは利用可能額は融資余裕額として表示されますが、借入をしていない状況では

利用限度額=融資余裕額

となり、借入をすると借りた金額分だけ融資余裕額は減り、利用限度額いっぱいまで借入をすると融資余裕額は0円となります。

利用限度額を気にせず借りている人もいますので、急にお金が借りられずに融資余裕額が0円となっていたら、まずは利用限度額いっぱいまで借りているかを確認するのが良いでしょう。

利用限度額いっぱいまで借りて借入ができない場合、返済をすることで融資余裕額が復活してまたお金を借りられるようになります。


延滞、滞納している

アイフル 借り入れ

延滞や滞納をしている場合も新規借入が停止され、新たな借り入れができなくなります。

1日遅れたくらいではいきなり利用停止となることは少ないようですが、アイフルからの電話を無視したり、1週間以上滞納が続くと、アイフルでは借りたお金が返ってこないリスクを考えて新規の借り入れを停止します。

滞納している場合は自覚していると思いますので、まずは滞納分を返済してアイフルに事情を説明して利用停止を解除してもらうようにしましょう。

カードローンは個人の信用力をもとにお金を貸しているので、信用やアイフルとの信頼関係が最も重要です。

滞納するのはアイフルからの信用をなくすことになりますので、滞納分を返済したからといってすぐに利用停止が解除されるわけではありません。

これまでの返済実績など事情によって対応も変わってきますので、まずは滞納を解消してアイフルに相談しましょう。

また、他社の返済状況も信用情報機関によって情報共有されていますので、他社で長期の滞納があった場合もアイフルにすぐばれて新規借入停止となります。

この場合はいわゆるブラック状態になってしまいますので、滞納を解消後5年は新規借入ができなくなります。


総量規制の影響

アイフル 借り入れ

総量規制の影響によって新たに借り入れができなくなっている場合もあります。

アイフルは総量規制の対象となりますので、年収の3分の1を超えるお金を借りることはできません。

借入額は総量規制の対象となる金融機関からの借りている金額すべてが含まれるため、他社で借り入れをしたり増額をした結果、総量規制に引っかかりアイフルで新規借り入れができなくなる場合もあります。

他社での利用状況は信用情報機関によって共有されていて、アイフルでは定期的に利用者の信用情報をチェックしています。(契約後のチェック・審査のことを途上与信といいます。)

途上与信のタイミングは1か月から3か月ごとと言われているため、そのタイミングで利用停止となると、利用者としては突然借り入れができなくなったと感じることになります。

また、収入証明書を提出している人は、アイフルでは3年ごとに提出のし直しを求められます。

年収が下がった人は新たな年収をもとに計算すると借入可能額が減少し、結果として新規借入が停止となる場合があります。

上記は借り入れができない代表的な原因ですので、これらを確認するとともに、思い当たるところがなければアイフルに電話をして確認し、利用停止の原因を取り除いて借り入れできる状態を目指しましょう。


まとめ

アイフル 借り入れ

アイフルの借入方法や借り入れできない理由を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • アイフルではATMと振込で借り入れができる
  • アイフルATM、振込キャッシングは手数料無料
  • はじめての利用時は最大30日間無利息で借り入れできる

アイフルではATM振込で借り入れすることができ、ATMはアイフルATM、コンビニATM、提携銀行のATMなど多くの場所で借り入れすることができます。

アイフルATMは手数料無料で利用することができますが、コンビニATMなど提携ATMはATM利用手数料がかかります。

振込キャッシングはインターネットから24時間いつでも振込予約が可能で、自宅のPCやスマホから借り入れができて、手数料無料です。

また、はじめての利用時は最大30日間の無利息サービスがありますので、はじめてアイフルを利用する人はお得にお金を借りることができます。

うまく活用することで利息も手数料も支払わずにお金を借りることができますし、近くのコンビニATMですぐにお金を借りることもできます。

様々な借入方法が用意されていますので、自分の状況にあわせて利用していきましょう。

アイフルの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7