プロミス 1,000円単位

プロミスで少額だけ借りたいという人は意外に多いので、1,000円単位で借りられるのか気になるところだと思います。

プロミスで1,000円単位で借入をするにはどうしたらよいか、また少額を借入する際にお得な借り方などを紹介したいと思います。

プロミスで1,000円単位の借入をする方法

プロミス 1,000円単位

  • ATMで借りる
  • 店頭窓口で借りる
  • 振込で借りる

プロミスは1,000円単位の借入に対応しているため、1,000円単位の少額から借入可能です。

プロミスで1,000円単位の借入が可能なのは、ATMでの借入(プロミスATM、三井住友銀行ATM)、店頭窓口での借入、振込での借入(ネットキャッシング)です。

ATMでの借入については、コンビニATMなど一部の提携ATMは借入単位が1万円以上となっており、1,000円単位の借入はできませんので注意が必要です。


プロミスで利用できるコンビニATM

プロミス 1,000円単位

プロミスで利用できるATMは、プロミスATMのほかに三井住友銀行ATM三菱UFJ銀行ATMゆうちょ銀行ATMイオン銀行ATMなどの銀行系ATMのほか、セブン銀行ATMイーネットATMローソンATMなど多岐に渡ります。

セブンイレブン:セブン銀行ATM
ローソン:ローソンATM
ファミリーマート:イーネットATMやゆうちょ銀行ATM
ミニストップ:イオン銀行ATM
その他多くのコンビニ:イーネットATM

各コンビニに設置されているATMは上記のようになっていますので、プロミスカードは多くのコンビニで利用することができます。

ですが、1,000円単位の借入に対応しているのは、プロミスATMと三井住友銀行ATMだけです。

コンビニATMでは1,000円単位の借入をすることはできません。

プロミスATMは自社ATMで、プロミスはSMBCグループですので、これらのATMの利便性が高くなっているんですね。

1,000円単位の借入が可能なだけでなく、プロミスATMと三井住友銀行ATMはATM利用手数料も無料になっています。

営業時間はプロミスATMが7:00から24:00(ATMにより営業時間、休日が異なります。)となっており、三井住友銀行ATMは24時間利用可能になっています。

プロミスを利用するならプロミスATMと三井住友銀行ATMを積極的に利用できるよう、自分の生活圏のどこにあるかチェックしておくと良いですね。


ATM手数料に要注意

プロミス 1,000円単位

なお、1万円以上の借入であれば多くのコンビニATMを利用することができますが、コンビニATMを利用する場合はATM手数料に要注意です。

ATM手数料は借入時と返済時ともに同じで、利用金額が1万円以内だと税込110円、1万円超だと220円の手数料がかかります。

1回くらいであれば大きな負担にはなりませんが、何度も手数料を支払っていると積もり積もって大きな費用となります。

最初からできるだけATM手数料がかからないプロミスATMや三井住友銀行ATMを利用するようにしたいですね。

プロミスにはプロミスポイントというポイント制度があり、ポイントをためることでATM利用手数料を無料にすることもできますが、ポイント交換先にはさらにお得な無利息サービスがあります。

お得な無利息サービスにポイントを使うためにも、ATM利用手数料が無料になるようにプロミスを利用した方が良いことに変わりありません。

また、コンビニで返済したい人には、プロミスでは手数料無料の「コンビニ返済」というサービスもあります。

ローソン、ファミリーマート、ミニストップで利用できるので、コンビニをよく利用する人はこちらも利用すると良いでしょう。

コンビニ返済には最大手のセブンイレブンが対応していないのは残念ですが、プロミスは新サービスへの対応も早いので、今後対応可能になるのを待ちたいですね。


店頭窓口で借入

プロミス 1,000円単位

プロミスの店頭窓口(お客さまサービスプラザ)でも1,000円単位で借入することができます。

ただ、プロミスは自動契約機とATMが設置してある無人店舗が中心で、対面型の店舗は全国で20店舗弱と少なく、東京でも渋谷のみと場所は限定されます。

上述した通り、無人店舗にはプロミスATMがあり、プロミスATMであれば1,000円単位の借入が可能ですので、有人・無人にこだわらずにプロミスの店舗であれば1,000円単位での借入が可能と覚えておくと良いでしょう。

もちろん、有人の店舗が近くにある人は1,000円単位で借入をすることができます。

有人の店舗だと「少額の借入はちょっときまずい・・・」という人もいますが、プロミスは顧客対応の良さも評価の高い大手ですので、少額の借入でも親切丁寧に対応してくれます。


振込で借入

プロミス 1,000円単位

プロミスでは振込で1,000円単位の借入をすることができます。

振込でのキャッシングは「ネットキャッシング」とも呼ばれ、会員サイト上から振込の依頼をすることができ、振込希望額を入力することで登録口座への振込で借入をすることができます。

振込希望額は円単位で指定することができるので、1,000円から入金してもらうことができます。

口座引き落としの金額が足りない時や、銀行のキャッシュカードで出金したい時などは振込で借入すると便利です。

なお、振込での借入の場合、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込をしてくれる「瞬フリ」が利用できます。

通常振込だと銀行の営業時間内(平日9時-15時)でないと振込できませんが、瞬フリであれば土日祝日や夜間でもすぐに振込をしてもらえます。

ジャパンネット銀行であれば、毎月1回はATM手数料が無料になり、3万円以上の出金であれば何度でもATM手数料が無料になります。

振込キャッシングをしてからコンビニATMで出金することでATM手数料を節約できる場合もありますので、大いに活用していきたいですね。

三井住友銀行の詳細

ジャパンネット銀行の詳細


1,000円未満の借入はできる?

プロミス 1,000円単位

1,000円単位での借入が可能となると、1,000円未満の借入は可能なのかも気になりますが、プロミスでは1,000円未満の借入はできません。

借入金額の単位は、普通の消費者金融では1万円単位となっているところが多いので、プロミスのように1,000円単位で借入できるだけで便利です。

消費者金融はお金を借りてもらって収益が出るので、あまりに少額の借入を可能にしても利益にならないのであまり意味がないです。

利用者としても1,000円未満のお金がどうしても必要で足りないというのはほとんどないですし、1,000円未満であれば友人や家族にも気軽に借りられる金額であまり需要もありません。

それであれば30日間無利息サービスのように、多くの人が便利になるサービスに力やお金をかけて欲しいところですよね。


少額キャッシングの賢い借り方

プロミス 1,000円単位

プロミスでは1,000円単位の借入が可能になっていますが、少額でお金を借りる場合に気をつけたいのはやはり手数料です。

借入の際に手数料をかけていると、少額で何度も借入する場合は借入回数分だけ手数料がかかってしまい大きな費用がかかってしまいます。

そのため、手数料無料で借りるのが重要です。


手数料無料で1,000円単位の借入ができる借入方法

  • プロミスATM、三井住友銀行ATM
  • 店頭窓口
  • 振込キャッシング

手数料無料で借りるにはプロミスATM三井住友銀行ATM、店頭窓口を利用するか、振込キャッシングを利用することです。

店頭窓口まで行くのは大変なので、プロミスATMか三井住友銀行ATMを使うか振込キャッシングを利用するのが便利です。

プロミス 1,000円単位

自宅や職場の近くにプロミスATMか三井住友銀行ATMがあるなら、プロミスカードを使って手数料無料で1,000円単位の借入ができるので便利です。

三井住友銀行ATMなら24時間利用可能ですし、プロミスのATMを利用するところを見られたくない人でも安心して利用できます。

プロミス 1,000円単位

また、口座にお金があれば良いという人は振込キャッシングが便利です。

振込でいつも使う銀行口座に入金してもらって、ATMや銀行から出金することでATM手数料を節約することもできますし、コンビニATMで1,000円単位の出金をすることもできます。


プロミスで1,000円単位の返済をする方法

プロミス 1,000円単位

プロミスでは1,000円単位の借入だけでなく、返済も1,000円単位ですることができます。

1,000円単位での返済はATM返済、店頭窓口での返済、振込による返済などすべての返済方法で1,000円単位の返済が可能です。

借入の場合は対応していなかったセブン銀行ATMやイーネットATM、ローソンATMなどのコンビニATMからも1,000円単位の返済が可能になっています。

返済の場合は、利息が発生する関係上、どうしても1,000円未満の端数が発生しますので、1,000円未満の端数の返済も可能です。

ATMから1,000円未満の返済をする場合、一度1,000円単位で返済をした後に、次回借入額と相殺したり、振込により端数を返済してもらう形になります。

店頭、振込による返済の場合は1円単位で返済することができるので、振込であれば返済額を指定して返済し、店頭窓口であれば現金で返済をして、おつりがある場合は受け取ります。

一括返済や最後の返済をする時などは利息から端数が発生するので、端数の返済をする必要が出てきます。

当然プロミス側でも考慮されていますので、端数の返済で特に困ることはないでしょう。

ちなみにプロミスは1,000円以下の残高については利息がかからず、特に督促をされることもありません。

そのため放置しておいても問題ありませんが、気持ち悪い人やきちっと返したい人は1,000未満の返済をしていきたいですね。


まとめ

プロミス 1,000円単位

プロミスで1,000円単位の借入をする方法を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • プロミスでは1,000円単位の借入が可能
  • コンビニATMでは1,000円単位の借入はできない
  • 1,000円単位の借入はプロミスATM、三井住友銀行ATM、振込が便利

プロミスでは1,000円単位から借入が可能になっています。

多くの消費者金融では、借入は1万円単位となっているので、少額から借入したい人には便利なサービスとなっていますね。

ただし、コンビニATMなど提携ATMの多くは借入単位が1万円単位となっているため、ATMから借りるなら1,000円単位で借入が可能なプロミスATMや三井住友銀行ATMを利用する必要があります。

これらのATMはATM手数料も無料なので、手数料を気にせず安心して利用することができます。

また振込キャッシングでも1,000円単位で借入可能になっていますので、引き落としなどで口座にお金が必要な人や銀行のキャッシュカードで引き出したい人は便利です。

振込で入金をして、出金は銀行のキャッシュカードでコンビニATMから引き出すこともできるので、振込キャッシングを利用することでコンビニATMから1,000円単位の現金を引き出すこともできます。

少額から借入可能で借入方法も充実しており、さすが大手のプロミスといったサービス内容になっていますね。

プロミスの詳細を見てみる

1,000円単位の借入は最大手のアコムでも利用可能になっていますので、少額で必要な分だけ借りたい人は合わせて検討されることをおすすめします。

アコムの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7