プロミス 利用可能額 0円

プロミスを利用していると、「利用可能額が0円になる」など、予告なしに突然借入ができなくなることがあります。

プロミスで利用可能額が0円になる原因は何なのか、またどのような対策があるのか見ていきたいと思います。

プロミスで突然利用可能額が0円になる理由と対策

プロミス 利用可能額 0円

プロミスを利用していると突然利用可能額が0円になることがあります。

基本的にプロミスを含めたキャッシングは、利用限度額の範囲内であれば何度でも借入や返済をして利用することができます。

仮に50万円の限度額があれば、10万円を借りた後は40万円まで借りることができますし、10万円を返済すればまた50万円を借りることができるようになります。

このように利用限度額の範囲内であれば何度でもお金を借りることができ、返済をすれば借入可能額が復活してまた借りることができるようになります。

ですが、借入後、または返済中に突然利用可能額が0円になって借入ができなくなることがあります。


利用可能額が0円になる理由

  • 限度額いっぱいまで借入した
  • 返済で滞納があった
  • 総量規制に引っかかった
  • 他社借入が増えた
  • 住所や勤務先の変更の未届が判明した
  • その他怪しい取引があった

利用可能額が0円になる理由はいくつか考えられます。


限度額いっぱいまで借入した

プロミス 利用可能額 0円

まず確認したいのは、限度額いっぱいまで借りているかどうかです。

プロミスで借入ができないと軽くパニックになりますが、利用限度額が0円になっている理由としてまず考えられるのが借入額が限度額に達したということです。

冷静になって確認したら限度額まで借りていたというケースは結構あります。

限度額いっぱいまで借りている場合は当然に利用可能額は0円となりますので、返済をして借入可能額を復活させるか、増額申請をして限度額を増やす、プロミス以外から借りるしかありません。

利用可能額が0円になっていたら、まずは自分の借入額を一度確認しましょう。


返済で滞納があった

プロミス 利用可能額 0円

プロミスの返済で滞納があった場合も借入をストップされる原因となります。

プロミスからしたら、先に貸したお金を予定通りに返さないのに、追加で貸すのは危険以外の何物でもないので納得ですよね。

どれくらいの滞納で利用をストップするか明確な基準は不明ですが、2ヶ月以上の滞納をしていたり、短期間の滞納を何度も繰り返していると利用限度額を0円にするなど借入停止の措置を取るようです。

滞納を自覚なくしている人は少ないと思いますので、自分が滞納をしたことがあったら、利用限度額を0円にされる理由として思い当たると思います。

また自覚がない理由として返済方法を口フリ(口座振替)としていて、引き落としの失敗に気づかなかったというケースもあります。

返済を口フリにしている人は、自分が滞納状態になっていないか確認する必要があります。


総量規制に引っかかった

プロミス 利用可能額 0円

総量規制に引っかかった場合も利用をストップされる要因となります。

プロミスなど消費者金融からお金を借りる場合、総量規制というルールがあり、年収の3分の1を超える金額を借りることができません。

年収の3分の1を超えてはいけないのは、総量規制の対象となる借入の合計ですので、プロミスだけでなくアコムやアイフル、SMBCモビットなどの消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング枠を利用した借入も含まれます。

ですので、他社で借入をしたり枠を増額した場合に総量規制にひっかかったとプロミスで判断して、自社の利用可能額を0円にする措置をとっている可能性があります。

プロミスなど消費者金融は信用情報機関を参照して、他社への借入や申し込みの履歴などを定期的にチェックしています。

その際に他社での利用や借入が増えたことがわかると、利用可能額が0円になる可能性があるんですね。

また、総量規制のルールは「年収の3分の1を超える金額を借りることができない」というものですので、借入額が増える以外にも年収が減ると借入可能額が減って総量規制にひっかかる可能性があります。

収入証明書を提出していて、年収がこれまでより下がっているケースでは、年収が減ったことで総量規制にひっかかるケースもありますので、その点も考慮が必要です。


住所や勤務先の変更の未届が判明した

プロミス 契約 流れ

住所変更や勤務先の変更の未届が判明して、借入ができなくなるというケースもあります。

プロミスでは、自宅住所や勤務先、年収等に変更があった場合は変更の届け出を必ずするように規約に定められています。

このような情報を未届のままで、変更があったことが後でプロミスに発覚すると信用がかなり低下してしまいます。

キャッシングやカードローンでは、利用者の信用力をもとにお金を貸しています。

信用が低下するということは貸せる金額が低下することに直結し、結果として利用可能額が0円になってしまうケースもあります。

特に勤務先や年収については、返済能力に直接的に関わりますので、重要な事項を届けていなかったことで信用力を大きく損なうことになります。


その他怪しい取引があった

プロミス 利用可能額 0円

その他に今後返済が滞るのではないかと思われる怪しい取引があった場合などは、プロミスの判断で利用可能額が0円にされるケースもあります。

例えばプロミスだけでなく他社でも借入があり、プロミスと他社で交互に利用していることがわかるような場合は、キャッシングの返済をキャッシングでする自転車操業に陥っている可能性があります。

そのような人だと、最終的には返済が滞り、債務整理などをしてプロミスが損害を被る可能性があります。

信用情報機関などを参照して、プロミスではある程度利用者の借入の利用状況がわかりますので、こういった怪しい取引があった場合には利用限度額を0円にして融資をストップします。

ヤミ金などに手を出されると、利用履歴もわからなくなるので早めに融資をストップするというのはある意味正しい判断です。

上記は一例ですが、このように返済が滞る前にする利用者の行動をプロミスでも把握していますので、そのような行動があった時には利用可能額が0円になる可能性があります。


利用可能額が0円になった時の対策

プロミス 利用可能額 0円

  • 借入停止となった原因を取り除く
  • プロミスコールに電話をする
  • 他社での借入を検討する

まずは借入停止となっている原因がわかる場合には、その原因を取り除くことです。

借入限度額まで借りているなら返済をし、滞納している場合には滞納を解消します。

その上で利用可能額が戻らない場合には、プロミスコールへ電話をして事情を話して利用可能額を復活してもらうようにお願いをします。

復活できるかどうかは原因によりますが、復活可能であればプロミス側で手続きをしてくれて利用可能額が復活します。

プロミス 利用可能額 0円

また、利用可能額が復活した際には、今後このようなことがないように、以下の点に注意してプロミスを利用していく必要があります。

  • 利用可能額をこまめにチェックする
  • 滞納をせずにきちんと返済する
  • 他社借入をなるべくしない
  • 借入総額が膨らまないよう注意する

プロミスは割と借入停止の判断が早いと言われていますので、あまり怪しい行動を取らずに健全な利用を心がけたいですね。

プロミス 利用可能額 0円

どうしても復活が難しい場合は他社での借入を検討するのも選択肢の一つです。

総量規制の問題で利用可能額が0円になっている場合は、総量規制の対象外となる「銀行系のカードローン」を利用することができます。

総量規制だけが問題であれば、銀行系カードローンの審査に通れば問題なくお金を借りることができます。

また、プロミスでの信用力が落ちてしまってどうしても借入が難しいという場合には、アコムなど他社に申し込みすることでお金を借りることができる場合もあります。

アコムもプロミス同様に審査は最短30分で即日融資が可能になっていますし、はじめての利用なら最大30日間の無利息サービスを受けることもできます。

アコムの詳細を見てみる

プロミスだけにこだわらず、他社での借入も検討されると良いと思います。

無利息期間のあるキャッシングを見る

即日融資可能なキャッシング

なお、延滞期間が長いと、信用情報機関に異動情報が登録されてしまい、いわゆる「ブラック」の状態になってしまいます。

こうなると他社の審査でもまず通りませんし、当然プロミスでの借入もできなくなります。

延滞による信用情報機関の異動情報は、「借金完済から5年間」登録されることになりますので、今の借入を完済してから5年はプロミスをはじめキャッシングを利用できなくなります。


まとめ

プロミス 利用可能額 0円

プロミスで利用可能額が0円になる理由や対策について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 突然利用可能額が0円になることがある
  • 原因は総量規制や信用力の低下、他社借入など
  • 復活するには原因を取り除いてプロミスコールに連絡する

プロミスを利用していると、ある日突然利用可能額が0円になることがあります。

原因は様々ですが、借入限度額を使い切ってしまったり、他社で借入したことにより総量規制に引っかかってしまったり、延滞してしまった場合などが考えられます。

プロミスの利用可能額を復活させるには、原因を取り除いた上でプロミスに連絡することです。原因によっては復活できない場合もありますが、原因が明確であれば復活できる場合もあります。

プロミスの詳細を見てみる

プロミス 利用可能額 0円

復活できない場合はプロミス以外なら借入できる場合もありますので、他社での借入を検討するようにしましょう。

総量規制が原因であれば、銀行系カードローンの三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおすすめです。

三菱UFJ銀行カードローンの詳細

口座開設不要で早く借りたいなら、審査スピードが早くはじめての利用者には最大30日の無利息サービスがあるアコムやアイフルがおすすめです。

アコムの詳細を見てみる

アイフルの詳細を見てみる

利用可能額がいきなり0円になると焦りますが、対策は結構あるものですので、ぜひご自分にあった対策を取られてお金のピンチを脱しましょう。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7