キャッシング 銀行

銀行ではキャッシングという言葉はイメージが悪いからか使わずに、「カードローン」としてキャッシングと同じようにお金を貸してくれます。

キャッシングとカードローンは、以前は一括返済と分割払いという返済方法の違いもあったようですが、今ではどちらもできるのでほぼ同じ意味として使われています。

銀行で借りられるカードローンの特徴やメリット、デメリットを見ていきたいと思います。

銀行系のカードローンとは

キャッシング 銀行

当サイトでいう銀行系のカードローンとは、銀行がお金を貸してくれるサービスのことを意味します。

消費者金融の会社でも、アコムが三菱UFJグループだったり、SMBCグループの、プロミスであったりしますが、これらの会社はあくまで消費者金融の会社であり、銀行ではありません。

銀行系のカードローンは銀行自身がお金を貸す、三菱UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどです。オリックス銀行カードローンも人気です。

三菱UFJ銀行カードローンの詳細

三井住友銀行カードローンの詳細

みずほ銀行カードローンの詳細

オリックス銀行カードローンの詳細


最近では楽天銀行スーパーローン、住信SBIネット銀行のMrカードローンなど、ネット銀行系のカードローンも存在感を示しています。


銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンには、消費者金融のキャッシングと比べて以下のメリットがあります。

  • 金利が低い
  • 利用金額が大きい
  • 総量規制の対象外
  • 即日融資が可能

金利が低い

キャッシング 銀行
まずは何と言っても金利が低めである点です。

はじめてキャッシングやカードローンを利用する時には、各金融機関が定める上限の金利での借入になることがほとんです。

消費者金融では上限金利は18%となっていることが多くなっていますが、銀行系のカードローンでは15%弱になっています。

上限金利が14%に近い銀行もありますので、消費者金融と比較すると4%近く金利に差が出ることになります。

この差は大きく、それでなくても利息は大きな負担になりますので、金利は少しでも低いところで借りたい人が多いと思いますので、有利な金利で借りたい人にとって銀行系カードローンには大きな魅力があります。


利用金額が大きい

キャッシング 銀行

また利用金額も比較的大きくなっており、利用限度額の上限は500万円から1,000万円超の銀行もあります。

もちろん利用限度額の上限ですので、最初から上限一杯まで借りられるわけではなく、審査によって決まり利用実績を積むことで利用限度額の上限を増やすことができます。

銀行系のカードローンは一般的に利用限度額に応じて金利が決まります。

利用限度額が上がれば金利も低くなっていくので、限度額が200万円を超えると1桁の金利で借りることもできます。(この辺りは銀行やその時の状況によっても異なります。)

消費者金融では限度額と金利は別々に考えられているので、限度額が上がったからといって金利が低くなることはありません。


総量規制の対象外

キャッシング 銀行

また銀行は総量規制の対象外になります。

総量規制を規定している貸金業法が消費者金融の会社を対象にしているため、銀行は総量規制の対象外となるのですね。

総量規制は年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないというもので、消費者金融などの貸金業者は総量規制を守らなければならず、年収の3分の1を超える金額は貸すことができません。

銀行は総量規制の影響を受けないため、年収の3分の1を超える金額を借りることができます。

私の知り合いで、年収300万円以下でも150万円の限度額になっている人がいますので、この辺りが銀行系カードローンの大きなメリットといえます。

また、総量規制があることで学生や専業主婦、年金生活者など、自身に収入のない人にお金を貸さない消費者金融の会社が増えました。

主婦の人は「配偶者貸付」という仕組みを使えば、借りることはできますが、手間の割に収益が期待できないため、大手の消費者金融では扱っていません。

銀行系のカードローンでも、収入のない無職の人は審査に通りませんが、専業主婦の人であれば配偶者の収入を審査して借りることができます。


即日融資が可能

キャッシング 銀行

また銀行系カードローンは審査に時間がかかる場合もありますが、条件によって早いところでは最短30分で審査結果が出て、即日融資も可能です。

急いでいる人でも、銀行系カードローンを選択肢から完全に外してしまうのはもったいないですね。


銀行系カードローンのデメリット

一方、銀行系カードローンの使いづらい点もあります。

  • 審査が厳しい
  • 審査に時間がかかる
  • 口座開設が必要な場合がある
  • 入出金明細(通帳)に記録が残る

審査が厳しい

キャッシング 銀行

まず銀行系カードローンは審査が消費者金融に比べて厳しいです。

各社の審査基準は公開されているわけではなく、確かなことはいえませんが、実際に申し込みをした知人やネットでの口コミを見ても「銀行系カードローンの審査には落ちたけど、消費者金融には通った」という声が多くあります。

私自身も消費者金融の審査に落ちたことはありませんが、銀行系カードローンの審査には2度落ちています。

銀行系カードローンといっても、審査は保証会社である消費者金融や信販会社が行っていますので、審査基準に大きな差はないと思うのですが、消費者金融と比べて審査が厳しいという印象があります。


審査に時間がかかる

また審査時間も消費者金融より時間がかかることが多いです。

銀行内の手続きに時間がかかるためかもしれませんが、この辺りは覚悟しないといけません。

大体2,3営業日は消費者金融より時間がかかるイメージです。


口座開設が必要な場合がある

また、カードローンを利用するのに口座が必要な場合もあります。

三菱UFJ銀行カードローンなど口座が必要のないカードローンもありますが、口座が必要な場合、口座開設からはじめると1週間から2週間ほど余計に時間がかかることになります。


入出金明細(通帳)に記録が残る

キャッシング 銀行

カードローンはキャッシングと同じく、振込での借入とATMでの借入がありますが、振込での借入をした場合、入出金明細にカードローンを利用したことがわかる明細が残ってしまいます。

返済方法を口座振替でやっている人は返済時の明細も残ります。

借入や返済を銀行口座経由で行うと、明細が残ってしまうのはキャッシングも同じですが、銀行口座の明細に残るのが嫌な人はATMでの借入や返済を利用するのが無難です。


まとめ

キャッシング 銀行

銀行系カードローンの特徴やメリット、デメリットを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 低金利で借りられる
  • 利用金額が大きい
  • 審査が厳しめ

銀行系のカードローンは、消費者金融と比べて低金利で借りることができ、利用限度額も多めです。

また年収の低い人も使いやすい商品と言えます。

審査が厳しいと言われていますが、キャッシングの審査基準は公開されているものではありませんので、カードローンを検討されている人は一度申し込んでみて審査を受けてみると良いと思います。

消費者金融より条件が良いことも多いので、借りられるなら銀行系カードローンはおすすめです。

当サイトおすすめの銀行系カードローンはオリックス銀行カードローンです。

オリックス銀行カードローンの詳細



おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7