キャッシング ATM

多くのキャッシングやカードローンでは、コンビニや銀行、駅など身近な場所にあるATMからお金を借りることができます。

必要な時にさっと借りることができて便利ですので、一般的なATMを利用してキャッシングする方法や流れ、デメリットや注意点を紹介したいと思います。

ATMでキャッシングする方法、利用までの流れ

キャッシング ATM

ATMには銀行ATMやコンビニATM、消費者金融会社のCDもありますが、基本的な操作や流れにあまり違いはありません。

例として銀行ATMからキャッシングする流れを見ていくと、以下のようになります。

■ATMでキャッシング利用する流れ

  • 「引き出し」ボタンを押す
  • 暗証番号を入力する
  • 「キャッシング」または「カードローン」ボタンを押す
  • 利用金額を入力する
  • 現金とカードを受け取る

まずATMのメニュー内にある引き出しボタンを押します。

クレジットカードからのキャッシングの場合には、「クレジットカード」などのボタンがある場合があります。

そういった場合にはクレジットカードボタンを押しましょう。

すると、暗証番号を要求されますので、カード発行時に設定した4桁の暗証番号を入力します。

キャッシング ATM

暗証番号を入力すると、取引メニューが表示されますので、「キャッシング」や「カードローン」などのボタンを押しましょう。

なお、キャッシングとカードローンは基本的には同じものですが、キャッシングは一括払い、カードローンは分割払い(リボ払い)と使い分けているところもありますので、2つを使い分けていたら、返済方法によって希望する取引を選択しましょう。

取引ボタンを押すと、利用金額を入力する画面になりますので、キャッシングしたい金額を入力します。

金額がキャッシングの利用可能金額内であれば、ATMからお金が出てきます。

出てきた現金とカード、利用明細票などを受け取りましょう。

これでATMでのキャッシングは完了です。

ATMで預金を引き出すのと同じように、とても簡単な操作で借りることができますね。

ATMでのキャッシングは気軽さとスピードが魅力です。


ATMでキャッシングするデメリット、注意点

  • 手数料がかかる
  • カードが必要

手数料がかかる

キャッシング ATM

一方でATMでのキャッシングにはデメリットや注意する点もあります。

まずATMを利用する上でATM手数料がかかる点です。

ATMを利用してキャッシングをすると、借入時と返済時の双方で手数料がかかります。

手数料は利用するATMやキャッシングをする会社によっても変わりますが、1万円以下であれば税抜100円、1万円超であれば税抜200円というのが相場になっています。

急いでお金を借りる際のATM手数料は我慢できますが、毎月返済時にATM手数料を払っていると、コツコツと積み上がって、金利ほどではないにせよ大きな負担になります。

キャッシングは利息の負担が大きくなりがちですので、他の手数料はできるだけ節約するように心がけたいですね。

大手消費者金融のキャッシングの場合、ネットキャッシング(振込によるキャッシング)や自動契約機、店舗であれば手数料無料で借入や返済ができます。

ネットキャッシングであれば自宅や外出先からインターネット経由で申込ができますし、自動契約機も手数料無料でキャッシングを利用できます。

ネットキャッシングではまずいか、また自動契約機が近くにないかなどを確認してキャッシングを利用したいですね。


カードが必要

キャッシング ATM

また、ATMは利用する上でカードが必要になります。

クレジットカードのキャッシングであれば、カードが手元にないことは少ないと思いますが、これからはじめて大手消費者金融でキャッシングをする場合、カードが発行されないとATMでの借入はできないことになりますので、若干時間が必要になります。

プロミスやアコムの場合、カードは自動契約機や店舗で契約をすると発行してもらえます。

またネットキャッシングの場合にも、契約後に契約書と一緒にカードが送られてきます。

2回目以降の利用の人であればカードが手元にあると思いますので、ATMでのキャッシングが可能です。

なお、消費者金融から発行してもらったカードをなくした場合には再発行手数料がかかります。

1,000円くらいかかりますので、もし時間があれば、まだ利用したことのない消費者金融を利用すると、カード発行手数料をかけずにキャッシングができるのでおすすめです。

アコムやプロミスははじめての利用に限って、30日間の無利息期間を設けています。

どちらかしか使ったことがない人などは、まだ利用したことのない会社を利用して金利を節約することができます。

いずれにせよ、ATMからキャッシングをするにはカードが必要になります。


まとめ

キャッシング ATM

ATMでキャッシングする流れや方法、注意点などを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ATMのキャッシングは気軽に利用できる
  • ATM手数料がかかる
  • カードが必要になる

ATMのキャッシングは預金を引き出すような感覚で、気軽にお金を借りることができるのが魅力です。

いまやコンビニが数多くありますので、いつでもどこでもお金を借りることができると言っても過言ではありません。

キャッシング ATM

気軽にお金を借りることができるのは魅力ですが、一方でATM手数料がかかりますので、ATM利用は緊急時のものとして、できれば自動契約機など手数料無料で借入や返済ができるところを利用するのがベターです。

またカードがないとATMで借入することはできませんので、大手消費者金融を利用したい人などは早めに申込をしてカード発行できるようにしておきましょう。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7