プロミス 必要書類

プロミスとの契約時や増額審査時などは書類の提出を求められることがあります。

ものによっては取得に時間がかかるものがありますし、店舗へ来店する際には事前に必要書類を準備しておく必要があります。

そこでプロミスを利用する際に必要な書類は何なのか、契約時、増額申込時、再発行時などの必要書類をまとめましたので参考にしていただければと思います。

プロミスとの契約時の必要書類

プロミス 必要書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

プロミスとはじめて契約をする時には、身分証明書となる本人確認書類の提出が必要となります。

また、借入希望額が50万円を超える場合には、収入証明書の提出を求められます。

つまり、最低限本人確認書類が必要で、借入希望額が50万円超の場合は本人確認書類と収入証明書の2点があれば、プロミスと契約をしてお金を借りることができます。


プロミスで必要となる本人確認書類

本人確認書類と認められるものは、基本的には運転免許証となります。

運転免許証を持っていない人は、パスポートまたは健康保険証住民票など書類がもう1点必要となります。

■プロミスで必要となる本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票など

各書類に記載されている自宅住所が現住所と異なる場合は、公共料金の領収書住民票の写し社会保険料の徴収書など住所がわかる書類1点が必要となります。

■自宅住所が現住所と異なる場合に必要な書類

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

外国籍の人は在留カードまたは特別永住者証明書があわせて必要となります。

外国籍の人がプロミスを利用するには、基本的には永住権が必要となっています。


プロミスで必要となる収入証明書

プロミス 必要書類

希望借入額が50万円を超える場合、または他社との借入と希望借入額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書として認められるのは、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書などです。

■プロミスで必要となる収入証明書

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)


店舗、自動契約機での契約時の必要書類

プロミス 必要書類

プロミスでは申込はWEBで行うのが便利ですが、契約を自動契約機など店舗で行う方法とWEB契約する方法があります。

自動契約機で契約をするとすぐにカードが発行され、ATMなどで借入ができ便利です。

WEB契約だと、自宅で簡単に契約まで完了させることができ、振込キャッシングですぐに借入もできます。カードは後で郵送されるかカードレスで郵送なしにすることもできます。

自動契約機や店頭窓口(お客さまサービスプラザ)で契約をする場合、上述した本人確認書類と人によっては収入証明書が必要となります。

持っていった本人確認書類は自動契約機でスキャンまたは店頭窓口に提示する形で提出をします。

店舗に出向く際に、本人確認書類等を忘れてしまうと契約ができなくなるので、急いでお金を借りたい人は特に注意が必要です。


WEB契約時の必要書類

プロミス 必要書類

プロミスでは申込時に契約をWEB契約とすることもできます。

WEB契約にすることで、来店をすることなく融資を受けることができます。

WEB契約の場合の本人確認書類や収入証明書の提出は、写真を撮って写真をメールアドレスに送付する形で提出をします。

プロミスのスマホアプリを利用している人の場合、アプリからアップロードすることができます。

WEB契約でも本人確認書類を郵送など面倒な形で提出する必要がないので、手軽で便利ですね。

カードレスで郵送なしにすることで、WEB完結でプロミスを利用することもできます。


プロミス増額審査の必要書類

プロミス 必要書類

プロミスの利用限度額を増額したい場合には、会員サイト上の「限度額変更申込」から申込することで審査に通過すると利用限度額が増額されます。

利用限度額の増額時の必要書類は、希望限度額が50万円を超える場合、または他社借入と希望限度額の合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書として認められるのは、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2ヶ月の給与明細書です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

新規契約時に50万円超の限度額を希望される場合と同じです。

収入証明書の提出は総量規制で決められたルールですので、50万円超の限度額を希望する場合には必ず必要となります。


プロミスのおまとめローン利用時の必要書類

プロミス 必要書類

プロミスには使いみち自由のフリーキャッシング以外に、他社からの借入を一つにまとめるための「おまとめローン」もあります。

プロミスでは、おまとめローンも最短即日融資が可能になっており、スピーディに借りたい人、借金を一つにまとめたい人におすすめのサービスです。

おまとめローンでもフリーキャッシングと同じように審査が行われ、借入額が多くなりがちなため、審査はフリーキャッシングよりも厳し目と言われていますが、必要書類については同じです。

申込時には本人確認書類が必要となり、収入証明書も必要となります。

収入証明書は最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、税額通知書、直近2ヶ月の給与明細書が必要となります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)


プロミスで電話の在籍確認なしにする時の必要書類

プロミス 必要書類

プロミスの審査では、勤務先の確認として職場へ在籍確認の電話が入ります。

プロミスでは基本的には在籍確認の電話は必須ですが、どうしても電話をかけられては困る理由がある人は、電話以外の方法で在籍確認をしてくれる場合もあります。

在籍確認を電話以外の方法でするには、WEBで申込した後にコールセンターへ電話をするか、申込確認の電話がオペレーターからかかってきますので、その際に電話での在籍確認が難しい旨を伝えるようにしましょう。

オペレーターから電話以外の在籍確認の方法や必要書類が案内されます。


プロミスカードの再発行手続きの必要書類

プロミス 必要書類

プロミスカードを紛失した場合は、すぐにカードを止めるとともにカードの再発行依頼をすることになります。

カードを止める際にはプロミスコールに電話をすることで24時間いつでもカードを止めることができます。

再発行の方法は、そのままプロミスコールで再発行手続きをするか自動契約機店頭窓口で再発行する方法があります。

プロミスではメールでの再発行手続きはできません。

プロミス 必要書類

プロミスコールで再発行する場合、電話で本人確認をすることになるため特に必要書類はありません。

再発行手続きをすると、カードが自宅(登録住所)あてに郵送されます。

  • プロミスコールで再発行するとカードが自宅に郵送される

自動契約機、店舗で再発行する場合は本人確認書類が必要となります。

免許証またはパスポート、健康保険証と住民票などの提出を求められます。

店頭窓口や自動契約機では、カードがその場で再発行されますので、郵送となることがなく家族にバレる心配がありません。

家族にバレずにプロミスカードを再発行したい人は、自動契約機か店頭窓口で再発行するようにしましょう。


まとめ

プロミス 必要書類

プロミスを利用する上で必要となる書類をケースごとに見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • はじめて契約する時には最低限本人確認書類が必要
  • 希望限度額によって収入証明書も必要
  • 店舗で契約する時には必要書類を忘れないように注意

プロミスでははじめて契約をする際には、自動契約機など店舗で契約する場合でも、WEB契約とする場合でも最低限免許証などの本人確認書類が必要となります。

また総量規制があるため、希望限度額が50万円を超える場合や他社借入と希望限度額を合計して100万円を超える場合には源泉徴収票など収入証明書の提出も必要となります。

プロミス 必要書類

プロミスでは店舗で契約するケースとWEB契約をするケースがありますが、いずれの場合も必要書類は変わらないので準備する必要があります。

特に店舗で契約する場合には、必要書類を忘れてしまうと契約ができませんので、急いでいる人は特に必要書類を持って店舗に行くようにしましょう。

店舗で契約する場合でも、WEB申込をしておくと審査を進めておいてくれるので、自動契約機につき次第すぐに契約手続きを進められるなど何かとスムーズですので、プロミスでお金を借りる際はまずWEB申し込みするのがおすすめです。

プロミスの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7