アイフル 審査

複数の借金を一つにまとめるおまとめローンは、返済の手間が少なくなったり、金利の低い業者にまとめることで支払う利息が少なくなるなどのメリットがあります。

消費者金融大手のプロミスでもおまとめローンを提供しており、検討している人も多いと思いますので、本ページではプロミスのおまとめローンの特徴やメリット、デメリットなどについて見ていきたいと思います。

プロミスのおまとめローンの特徴

  • 最短即日融資可能
  • 総量規制の例外
  • 返済代行をしてくれる
  • パート、アルバイトでも申込可能

最短即日融資可能

プロミスのおまとめローンの最大の特徴は、最短で即日融資が可能な点です。

フリーキャッシングであれば、即日融資が可能な業者は多くありますが、おまとめローンの審査には時間がかかり、借入まで1週間程度かかることが多くなっています。

中には1ヶ月かかる場合もありますので、最短で即日融資可能なスピード感はさすがで、プロミスのおまとめローンの最大のメリットといえます。

即日融資を受けるには、当日中に契約を完了する必要がありますので、当日中に借り換えをしたい人はなるべく早めに申込をする必要があります。


総量規制の例外

また、プロミスに限った話ではありませんが、おまとめローンは総量規制の例外となり、年収の3分の1を超える場合でも借り換えが可能です。

総量規制の例外として、一方的に顧客に有利となる借入があり、おまとめローンは借り換えにより借入先を金利の低い会社一本にして返済負担を減らすものですので、多くの場合顧客に有利となります。

そのため、おまとめローンを借りることで一時的に借入額が年収の3分の1を超えるようなケースでも、おまとめローンを借りることはできます。

キャッシングを利用する際には総量規制がネックとなることが多いので、気にする人も多いと思いますが、おまとめローンは総量規制の影響を受けることなく利用することができます。


返済代行をしてくれる

プロミスのおまとめローンは、すでに借りているお金をプロミスに一本化するもので、おまとめローンを借りたらそのお金で他の借入先の返済をする必要があります。

プロミスのおまとめローンでは、他社への返済をプロミスで返済代行してくれます。

おまとめローンの中には、お金を借りたら自分で他の借入先へ返済しないといけない会社もありますが、プロミスの場合は他社への返済をプロミスが行ってくれるので、手間がなく便利です。

おまとめローンで借りたお金を債権者に返す前に使ってしまった・・・

ということも起きないので安心です。


パート、アルバイトでも申込可能

プロミスのおまとめローンは安定した収入が必要となりますが、パートアルバイトの人でも申込をすることができます。

申込後に審査がありますので必ず借りられるというわけではありませんが、少なくとも仕事がパートやアルバイトだから借りられないということがない点は自分の属性に自信がない人でも安心です。

申込資格には年収の制限もないため、プロミスのおまとめローンを考えている人はまず申し込んでみるのが良いと思います。


プロミスのおまとめローンの注意点

  • 追加借入はできない
  • 限度額が300万円
  • 金利が高い
  • 契約時に来店が必要

追加借入はできない

プロミスのおまとめローンには、利用するにあたって注意点もあります。

まず、追加借入はできないという点です。

フリーキャッシングでは、契約をすると利用限度額が設定されて、利用限度額の範囲内であれば自由に何度でも借入をすることができます。

また返済をすると利用できる限度額が増えて何度でも借入をすることができます。

ですが、おまとめローンは借入資金の用途が「他社借入の返済」に限られるため、当初決まった借入額以上の金額を追加で借りることはできません。

そのため、基本的には借入は当初の一度のみで、必要なタイミングで何度もお金を借りようと思ったら、フリーキャッシングを利用する必要があります。


限度額が300万円

また、プロミスのおまとめローンの利用限度額は300万円となっており、おまとめローンとしては少なめとなっています。

300万円でも十分という人も多いと思いますが、事業用のローンなどをまとめるような場合などは不足しがちです。

借入額の合計が300万円を超える人はプロミスのおまとめローンではまとめることができませんので、注意が必要です。


金利が高い

プロミスのおまとめローンの金利は6.3%17.8%となっており、はじめて利用する場合や200万円以下の利用の場合、多くが上限金利から15%くらいの金利になると思われます。

おまとめローンは高い金利で借りていたものを低い金利のローンにまとめるのが主目的となりますので、プロミスのおまとめローンの金利以下で借りられているのであれば、プロミスのおまとめローンを借りる意味はほとんどなくなります。

銀行系のおまとめローンの方が金利的にはお得なことが多く、金利重視であれば銀行系のおまとめローンを検討するのがおすすめです。


契約時に来店が必要

プロミスのおまとめローンは契約のために自動契約機店頭窓口に来店する必要があります。

プロミスのフリーキャッシングでは、WEBから申込をしてネットキャッシング(振込キャッシング)で借入をするWEB完結申込がありますが、おまとめローンは来店での契約が必須となります。

他のおまとめローンの多くが来店契約を必要としますので、プロミスのおまとめローンのデメリットというわけではありませんが、WEBだけでおまとめはできないと理解しておく必要があります。


プロミスのおまとめローンの審査基準

プロミスのおまとめローンに申込可能な人は、「年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある方」となっています。

フリーキャッシングの申込基準が「年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方」となっていますので、フリーキャッシングよりもおまとめローンの方が申込基準は若干厳しめになっています。

おまとめローンの方が借入金額が大きくなりがちで、その分プロミスとしても審査を厳しくというか申込基準のハードルを高めに設定しているのでしょうね。

本人に安定した収入があればよく、パートやアルバイトの人でも申込をすることができます。

主婦の人でも学生の人でも申込が可能になっているので、収入があるけど属性が不安な人も安心です。


プロミスのおまとめローンの審査時間

プロミスのおまとめローンの審査時間はとても早く、最短即日融資が可能となっています。

おまとめローンの審査は数日から1週間程度かかることも多く、融資までのスピードはプロミスのおまとめローンの大きな魅力の一つです。

銀行系のおまとめローンにはないさすがの審査スピードといえます。

平日14時までに契約が完了すれば、当日中に融資を受けることができ、プロミスから各債権者へ返済の振込が行われます。


プロミスのおまとめローンの返済方法

プロミスのおまとめローンの返済は口座振替のみとなっています。

フリーキャッシングでは、インターネット返済やコンビニ返済、ATM返済など多くの返済方法がありますが、おまとめローンの場合には口座振替のみです。

口座振替の返済手数料は無料です。

口座振替の引き落とし日は、引き落とし銀行が三井住友銀行またはジャパンネット銀行の場合は5日・15日・25日・末日の中から好きな日を選択することができます。

その他の銀行の場合は5日が返済期日となります。

返済日を給料日直後にしたいなど、柔軟に設定したい人は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っておく必要があります。


プロミスのおまとめローンの申込の流れ

  • 申込
  • 審査
  • 審査結果の連絡
  • 融資(債権者への返済)

プロミスのおまとめローンを利用する際の流れは、基本的にはフリーキャッシングと同じで、プロミスへ申込をした後に審査が行われ、審査を通過すると融資が行われます。

申込は自動契約機または店頭窓口(お客さまサービスプラザ)でしか受け付けていないことです。

おまとめローン用のWEB申込の入り口はありません。

フリーキャッシングのWEB申込をした後にオペレーターに電話でおまとめローンを利用したい旨を伝えることで、おまとめローンの申込をすることはできるようですが、正規のルートではなく、いずれにせよ契約は自動契約機か店頭窓口に行く必要があります。

申込をするとプロミスで審査が行われます。

上述した通り、プロミスのおまとめローンの審査は最短当日に完了します。

審査が完了すると審査結果の連絡があり、無事審査に通過していれば融資が実行されます。

プロミスのおまとめローンでは、プロミスから現金を融資してもらう形ではなく、プロミスから現在の借入先に債務者の名前(客の本人名義)による振込で返済を行います。

返済は振込で行いますが、振込手数料については無料で返済してくれます。


プロミスのおまとめローンの必要書類

なお、プロミスの申込には本人確認書類と収入証明書類が必要となります。

本人確認書類は運転免許証が基本で、運転免許証を持っていない人はパスポートまたは健康保険証と住民票など住所の証明できる書類が必要となります。

外国籍の人は在留カードまたは特別永住者証明書が必要になります。

収入証明書については、源泉徴収票や確定申告書など以下の書類のうち1点が必要となります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)


まとめ

プロミスのおまとめローンの特徴やメリット、デメリット、申込の流れなどを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 最短当日に融資可能なおまとめローン
  • 総量規制を気にせず利用できる
  • 契約には来店する必要がある

プロミスのおまとめローンは、おまとめローンには珍しく最短当日融資が可能になっています。

そのため、急いで借り換えをしたい人に向いているおまとめローンといえます。

限度額は300万円となっていますので、300万円以内の借入をおまとめしたい人は検討すると良いと思います。

プロミスは消費者金融の会社なので、総量規制が気になる人も多いと思いますが、一般的におまとめローンは総量規制の例外となるため、総量規制は気にせず利用することができます。

おまとめローンの申込はWEBではなく来店が必要となるため、自動契約機または店頭窓口に行って申込する必要があります。

フリーキャッシングであればWEB申込可能ですので、WEBから申込したい人は公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

プロミスの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7