プロミス 返済

プロミスでキャッシングした後は返済していくことになりますが、プロミスは多くの返済方法が用意されていて自分の好きな方法で返済することができます。

返済方法が多くあってどうしたらよいか迷ってしまう人もいると思いますので、プロミスの返済方法や手数料、返済期日や返済額についてまとめました。

プロミスの返済方法

  • インターネット返済
  • 口座振替(口フリ)
  • ATM
  • 店頭窓口
  • コンビニ返済
  • 銀行振込

プロミスの返済方法にはインターネットバンキングによる返済、口座振替(口フリ)による返済、ATMや店頭窓口からの返済、コンビニのマルチメディア端末による返済、銀行振込による返済があります。


インターネット返済

プロミス 返済

プロミスのインターネット返済はインターネット上で即時に返済ができる返済方法で、私もよく利用している返済方法です。

ATMや窓口に行く必要がなく、24時間いつでも返済することができます。

インターネット返済を利用するには、以下の銀行のいずれかのオンラインバンキングに登録する必要があります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行

インターネット返済を利用するには、会員ページにログイン後、返済メニューから「インターネット返済」をクリックして、返済金額と金融機関を選択すると金融機関へのログイン画面が表示されます。

ログインするとインターネット返済が実行され、即時に返済が完了します。

パソコンやスマートフォンからいつでも返済ができ、土日祝日夜間でもいつでも返済ができるので非常に便利です。

私はインターネット返済がほとんどで、一度利用すると他の返済方法はとても面倒に感じるようになってしまいました。

一番便利な返済方法だと思います。

なお、毎週月曜の0時から7時の間は、プロミスのメンテナンス時間となっているため、すべてのサービスを利用することができません。


口座振替(口フリ)

プロミス 返済

口座振替による返済も可能です。

毎月決まった日に自動で引き落としがされるので手間がなく、うっかり返済忘れや家族にバレる心配もありません。

手数料も無料で、インターネットの会員専用ページから申込することができます。

引き落とし日は登録金融機関が三井住友銀行ジャパンネット銀行の場合は、5日、15日、25日、末日のいずれかで、その他の銀行の場合は毎月5日に引き落としがされます。

口座振替で返済を希望する場合は、会員サービスにログイン後、返済メニューの中の「口フリ(口座振替)」をクリックして金融機関を選択して、金融機関側で口座振替の申込をするだけです。

一部、郵送で手続きが必要な場合がありますが、多くの金融機関でネット完結で登録ができます。

手数料も無料なので、返済の手間を減らしたい人は口座振替による返済が便利ですね。


ATM、店頭窓口

プロミス 返済

プロミスの自社ATMコンビニATMなどの提携ATM、店舗窓口(お客さまサービスプラザ)でも返済することができます。

プロミスの店舗や自社ATM、三井住友銀行ATMからの返済であれば、手数料無料で返済をすることができます。

ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMなどの提携ATMから返済をする場合は、返済金額が1万円以下で税込110円、1万円超で220円のATM手数料がかかります。

■プロミスのATM利用手数料

金融機関 返済金額
1万円以下 1万円超
プロミスATM 無料 無料
三井住友銀行ATM 無料 無料
その他提携ATM 110円 220円


ATM利用手数料は100円から200円と一度であれば大きな負担にはなりませんが、毎月の返済でATM手数料がかかっていると、最終的には結構な金額になります。

チリも積もれば山となる」という言葉もありますし、プロミスでは手数料無料で返済する方法が豊富にありますので、できる限り手数料無料の返済方法を選択していきましょう。

コンビニで返済したいなら、次に紹介するマルチメディア端末からのコンビニ払いが手数料無料で便利です。


コンビニ返済

プロミス 返済

  • ローソン:Loppi(ロッピー)
  • ファミリーマート:Famiポート
  • ミニストップ:Loppi(ロッピー)

コンビニATM以外でも、ローソンファミリーマートミニストップでは、マルチメディア端末から返済することができます。

マルチメディア端末とは、ローソン、ミニストップならLoppi(ロッピー)、ファミリーマートならFamiポートのことで、マルチメディア端末から返済の手続きをすることができます。

端末によって操作方法は若干異なりますが、基本的には端末上でキャッシング返済のメニューを選んで画面指示通りに進み、返済金額などを入力すると、支払い票が出てくるのでそれをレジに持っていって支払いをします。

マルチメディア端末からの返済は手数料無料です。

コンビニATMから返済すると手数料がかかりますので、ローソンやファミマ、ミニストップで返済するならマルチメディア端末から返済するのがお得です。

コンビニ返済は、近くのコンビニで手軽にかつ手数料無料で返済したい人におすすめです。


銀行振込

プロミス 返済

振込はプロミスの指定する銀行口座に振込をする形で返済をします。

振込手数料は利用者負担になっていますので、振込手数料がかかります。

プロミスの返済用の口座は三井住友銀行ですので、三井住友銀行の口座を持っている人は三井住友銀行から振込をするのがお得です。

三菱UFJ銀行やみずほ銀行など、他のメガバンクの口座から振込をすると200円から400円程度の振込手数料がかかります。

また住信SBIネット銀行や楽天銀行などネット銀行の口座があると、月に数回振込手数料が無料になる回数がありますので、そちらを利用すると振込手数料無料で返済することができます。

プロミスを利用する上で便利なジャパンネット銀行は他行宛の振込手数料が172円から270円かかります。

ジャパンネット銀行、楽天銀行は上述したインターネット返済が可能なので、ジャパンネット銀行や楽天銀行を持っている人ならインターネット返済がお得です。

振込は手数料もかかりますし、返済の手間もかかり、銀行営業日の関係もあるため使い勝手が悪いです。

インターネット返済や口座振替などを検討した方がよいでしょう。


プロミスの返済時の手数料

プロミス 返済

各返済方法の手数料をまとめると以下のようになります。

■プロミスの返済時の手数料まとめ

返済方法 返済金額
1万円以下 1万円超
インターネット返済 無料 無料
口座振替 無料 無料
プロミスATM 無料 無料
三井住友銀行ATMATM 無料 無料
提携ATM 110円 220円
店頭窓口 無料 無料
コンビニ返済 無料 無料
銀行振込 200円程度 約200円-400円


プロミスで手数料無料で返済する方法

プロミス 返済

プロミスで手数料無料で返済するには、インターネット返済口座振替プロミスATM三井住友銀行ATM店頭窓口コンビニ返済を利用することです。

さすが消費者金融大手のプロミスは手数料無料の返済方法が多く揃っていて、お得に返済していくことができますね。

特にインターネット返済は、対象の銀行でオンラインバンキングの登録があればすぐに利用することができ、返済も24時間いつでもすることができて即時に返済も完了します。

インターネットを使ってパソコンやスマホから返済したい人はインターネット返済がおすすめです。

また、毎月の返済手続きをしたくない人は、自動引落がされる口座振替がおすすめで、出かけたついでやいつも行くコンビニで返済したいという人はATMやコンビニ返済がおすすめです。

多彩な返済方法が揃っているので、自分の好みにあった好きな返済方法を選ぶことができますね。


プロミスの返済額

プロミス 返済

プロミスの毎月の返済額は「残高スライド元利定額返済方式」となっています。

残高スライド元利定額返済方式とは、借入残高に応じて最低の返済額が変わる返済方式です。

毎月の最低返済額以上であればいくら返済してもよく、また元利定額返済なので、決まった返済額の中からまず利息を返済して、残った金額を元金の返済にあてます。

そのため、最低の返済額より多く返済すると、その分はすべて元本の返済にまわるので早く返済することができます。

具体的な返済額は以下のように決まります。

借入残高 返済額 返済回数
30万円以下 借入後残高 × 3.61%
(1,000円未満切り上げ)
~36回
30万円超
100万円以下
借入後残高 × 2.53%
(1,000円未満切り上げ)
~60回
100万円超 借入後残高 × 1.99%
(1,000円未満切り上げ)
~80回


仮に借入残高が10万円の場合は、

10万円×3.61%=3,610円

1,000円未満切り上げなので、最低の返済額は4,000円となります。

同じように計算すると、

20万円で8,000円
50万円で13,000円
150万円で30,000円

となります。

もちろん上記は毎月の最低返済額ですので、お金がある時にはそれ以上の金額を返済することもできます。

上記は最終借入後の残高をもとに返済額が決まるので、新たに借入をした場合は返済額が変動します。

150万円の借入残高があっても、毎月の返済は最低3万円ですむので、毎月の返済負担は少ないといえますが、逆に言うと返済期間が長くなり利息を多く支払うことにもなります。

繰り上げ返済などをして返済期間を短くすることで総返済額を少なくできます。


プロミスの返済日

プロミス 返済

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

プロミスの返済期日は、5日15日25日末日の好きな日を選ぶことができます。

好きな日を選ぶことができるのは、給料日直後などに返済する日を持ってこれるので便利ですね。

なお、口座振替で三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の銀行を登録した場合は5日が返済日(引き落とし日)となります。

初回の返済日は借入した日によって変わり、返済期日と借入日ごとに以下のようになります。

返済期日 借入日 初回返済期日
毎月 5日 1日~19日 借入日の翌月の返済期日
20日~末日 借入日の翌々月の返済期日
毎月 15日 1日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月 25日 1日~9日 借入日の同月の返済期日
10日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月 末日 1日~14日 借入日の同月の返済期日
15日~末日 借入日の翌月の返済期日


プロミスには返済日おしらせメール機能があり、返済期日の7日前から前日までの間でお知らせメールを送ってもらうようにすることもできます。

プロミス 返済

返済日を過ぎてしまうと、利息とは別に遅延損害金が取られますし、プロミスとの信頼関係にも影響が出ますので、払い忘れは絶対避けないといけません。


まとめ

プロミス 返済

プロミスの返済について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • インターネット、ATM、口座振替など多彩な返済方法から選べる
  • 手数料無料で返済することもできる
  • 返済期日を好きな日から選べる

プロミスの返済は、インターネット返済ATM返済口座振替コンビニ返済など多彩な返済方法が揃っていて、手数料無料で返済することもできます。

提携ATMでの返済、銀行振込による返済以外は手数料無料で返済可能なので、ぜひ手数料無料で返済をしていきましょう。

コンビニでも手数料無料のコンビニ返済をすることができるので、かなり便利です。

返済期日についても5日、15日、25日、末日から選ぶことができるので、自分の都合やお金があるタイミングなどを考慮して返済日を決めることができます。

私は会社員時代25日が給料日でしたので、返済日は末日としていました。

プロミス 返済

大手消費者金融らしく便利に返済できるプロミスですので、返済方法で困ることはないと思います。

自分にあった返済方法を選んで便利に活用していきたいですね。

プロミスのネット申込

プロミスは無利息期間があるキャッシングとしても人気になっています。

無利息期間があるキャッシングはこちらでまとめていますので、参考にしていただければと思います。

無利息期間のあるキャッシングを見る


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で最短即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

自動契約機(むじんくん)の営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短30分で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCグループの会社で、自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。
koushiki7