キャッシングでお金を借りる時には家族はもちろん職場にもバレたくないので、在籍確認なしの会社から借りたい人は多いです。

日本ではお金を借りるというのはとてもイメージが悪いことでので、できれば、というか絶対同僚などにも知られたくないと思います。

在籍確認なしでキャッシングできる会社やリスクを下げる方法を見ていきたいと思います。


キャッシングの審査で在籍確認がある理由

キャッシングで在籍確認がある理由は、申請時の職業が本当か確認するためのものです。

職場へ電話をして、申請した職場に本当に在籍しているかを確認します。

勤務先にきちんと勤務しているかどうかは、審査上とても重要で、多くの会社では審査内容として「継続して安定した収入がある」ことを見ています。

無職の人や専業主婦の人は審査に通りづらくなるのですが、勤務先に勤務していないとなると、安定収入のない無職の人と同じになってしまうので、金融会社としては基本的には在籍確認をする必要があります。


在籍確認が必要になるキャッシング

在籍確認が必要になる取引は、新規の取引の場合と50万円以上の枠を設定する増額審査の時です。

在籍確認では本人確認の意味と返済能力の有無を見ますので、特に審査が必要な新規取引開始時と高額のキャッシング枠を設定する際には、必ず在籍確認がされます。

このような取引の際は金融会社のリスクが高まりますので、在籍確認なしにお金を貸すのは危険でできません。


キャッシングの審査で在籍確認なしで借りられる会社

キャッシング会社としては在籍確認ができれば良いので、電話で確認をせずに柔軟に審査をしてくれる会社もあります。

新規取引時に限りますが、以下の会社では電話確認なしで柔軟に在籍確認をしてくれます。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • ノンバンク

申込後すぐに電話の在籍確認について相談することで、在籍確認の電話なしの審査に応じてくれることがあります。

在籍確認が厳しすぎる会社を利用すると、定休日や土日の場合には電話での在籍確認が取れずに即日融資が不可のケースもありますので、柔軟に在籍確認ができるのは借入までのスピードが早い点でもメリットとなります。


在籍確認されることのリスク

キャッシングの審査で重視される在籍確認ですが、実際は気にするほどのリスクはありません。

在籍確認の電話は、個人名宛にかかってきます。

普段電話がよくかかってくる仕事の人であれば全く気にする必要ありませんし、あまり電話がかかってこない人でも「クレジットカードを作ったので電話がかかってくる」と伝えれば、特に問題ありません。

クレジットカードでも在籍確認がありますし、同様に個人宛の電話になるため、キャッシングをして在籍確認されているのか、クレジットカードの申込をして在籍確認されているかは区別がつきませんので安心です。

そういう意味では、会社の人にバレるのが怖い人は、在籍確認があるキャッシング会社で申込をしても特にリスクはないといえます。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7