キャッシング 自営業

自営業や個人事業主の人もお金が必要な時にはキャッシングを利用できます。

ただ、会社員の人と違って収入の証明が難しかったり、安定した収入があるとみなされないため審査も厳しくなることがあります。

自営業の人がキャッシングするにはどうしたらよいか、審査のポイントや必要となる書類について見ていきたいと思います。

自営業の人のキャッシング審査

キャッシング 自営業

キャッシング審査では、目安として年収200万円、勤続年数2年以上などといわれますが、これは会社で雇われて働いている人の基準で、一般的に自営業は審査が厳しくなります。

多くのキャッシングでは、申込できる人は「安定した収入がある人」としています。

一般的に会社員の人よりも自営業の人の方が収入は安定しないと考えられているので、同じ収入であれば自営業の人よりも会社員の人の方が審査が通りやすく、限度額も多く認められます。

極端な話をすると、年収1,000万円の自営業の人がいたとしても、来年はどうなるかわからず、年収300万円の正社員の人の方が審査で優遇されます。

キャッシング 自営業

公務員や大手企業、上場企業に勤めている人ほど有利になり、自営業や個人事業主、中小企業経営者は不利になります。

自営業者が審査に通らないとか、審査落ちしたという話はよく聞きますが、これは「安定した収入」の面で審査された結果といえます。

特に事業を開始したばかりの個人事業主や自営業者は、銀行系カードローンの審査に通るのは難しいといえます。

事業継続の実績を積んでいくことで収入の安定性が認められることになるので、自営業であれば5年程度の事業実績はほしいところです。

中には自営業や個人事業主への貸付を行っていない消費者金融もあり、自営業の人は利用する会社選びが重要になります。

また、銀行系カードローンも自営業には厳しい印象です。

まずはアコム、アイフル、プロミス、SMBCモビットなどの大手消費者金融を検討されるのが良いでしょう。


自営業の人がお金を借りるのに必要な書類

キャッシング 自営業

キャッシングを利用するには本人確認書類収入証明書が必要になります。

本人確認書類は自営業の人も同じですが、収入証明書は必要となる書類が会社員の人と自営業の人では異なります。

会社員の人は給与明細や源泉徴収票が収入証明として一般的ですが、自営業の人の場合は納税証明書など公的な証明書が必要となります。

キャッシング 自営業

自営業の場合は不正を行うのが容易で、金融機関でも不正を見抜くのが難しいため、不正ができない公的な証明書が収入証明書として必要になります。

自営業の人は、節税のために経費を上積みして、税務上の所得を少なくしている人も多いですが、税務上の所得が少ない人は収入も低いとみなされ、審査上不利になります。

消費者金融は総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える金額は貸してはいけないことになっています。

1社で50万円を超える借入や、複数社で100万円を超える借入をする場合には、総量規制で収入証明書の提出が必須になります。


事業資金としてNGなカードローン

キャッシング 自営業

自営業の人だと、普通に日常生活の中でお金が足りずにキャッシングしたい人も多いですが、事業資金としてお金が必要な人もいます。

キャッシングは資金使途が自由なところも多いですが、資金使途が事業資金の場合は融資NGというキャッシングやカードローンがあります。

三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、プロミスなどは事業資金での融資はできず、生活費やレジャー資金、教育資金などの生計費のみ融資が可能です。

生計費か事業資金か微妙なところであれば、生計費として申告してキャッシングに申込するのが無難です。

また、事業資金を借りたい人は、上記の事業資金NGの会社は避けて、アコムやアイフル、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」などに申込するのが良いでしょう。

自営業の人でも在籍確認の電話連絡があります。

自営業の人の場合は、在籍の確認というよりは営業の実態があるかどうかの確認という感じだと思いますが、家族経営で家族にバレたくない人は注意が必要です。


自営業者におすすめのキャッシング

キャッシング 自営業

自営業の人におすすめのキャッシングはアコムアイフルプロミスSMBCモビットなどの大手消費者金融です。

特にアコムは審査スピードや融資までのスピードが魅力で、申込から最短30分で審査回答があります。

急いでお金を借りたい人はまず検討したいキャッシングです。

また、はじめて利用する人なら最大30日間の無利息期間がつきますので、最長1ヶ月は利息が発生しません。

急にお金が必要で、すぐにお金を返すことができそうならアコムを検討するのが良いでしょう。

アコムには「ビジネスサポートローン」というビジネスローンもありますので、事業資金であれば年収の3分の1を超える金額でも借りることができます。

アコムの詳細を見てみる

その他に自営業の人も融資対象としていて、はじめての利用なら30日の無利息期間があるアイフル、自営業向けの「自営者カードローン」を提供しているプロミスや自営業の人でも申込可能と明記しているSMBCモビットもおすすめです。

アイフルの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7