キャッシング枠 減額

キャッシングを利用していると、ある日突然利用限度額が減額されることがあります。

限度額内で利用しようとしていた人は予定が狂ってしまいますし、何より気持ちが悪いのでなぜキャッシング枠が減額されるのか知りたいと思います。

一方で自分でキャッシング枠を減額したい人もいますので、いきなりキャッシング枠が減額される理由や自分でキャッシング枠を減額する方法などを見ていきたいと思います。

キャッシング枠がいきなり減額される理由

キャッシング枠 減額

クレジットカードのキャッシング枠の場合も、消費者金融などのキャッシングでもいきなりキャッシング枠が減額されることはあります。

新規でキャッシングの申込をした時には、審査がされることになり、特に収入と借入額の関係は厳しくチェックされます。

貸金業法の改正以降は、総量規制によって年収の3分の1を超える貸付はしてはいけないことになっているので、借入額が年収の3分の1を超えていないかはきちんと見られます。

また、年収以外にも各社の独自基準によって、職業や勤続年数、雇用形態などの属性や信用情報をチェックして、貸付ができるかの審査を行います。

このような審査を行って、クレジットカードであればキャッシング枠、消費者金融であればキャッシングの利用限度額が設定されるのですが、審査は新規だけでなく継続して行わないといけないことになっています。

つまり、キャッシング枠がいきなり減額されるのは、継続審査の結果現在の契約内容では高すぎると判断されて、キャッシング枠の減額がされている可能性が高いです。

キャッシング枠 減額

総量規制で定められている規定では、1ヶ月のキャッシング利用の合計が5万円以上かつキャッシング残高が10万円を超える場合に毎月の継続審査が義務付けられています。

キャッシングの利用がなくても借入残高が10万円を超える人は3ヶ月ごとに審査を行わないといけません。

継続審査の際にキャッシング枠が年収の3分の1を超えている場合には、利用限度額の減額や新規貸付の停止が行われます。

突然キャッシング枠が減額されたという人は、継続審査に引っかかっている可能性が高いです。

3ヶ月以内に他社で借入をしたとか、多重申込があった、滞納があったなどがあると継続審査で問題となり、キャッシング枠が減額または新規貸付が停止になる可能性があります。


他社で借入をしていないのに減額される理由

キャッシング枠 減額

他社で借入など思い当たることがないのに、突然キャッシング枠が減額された場合、クレジットカードのキャッシング枠が関係している可能性もあります。

通常は、現在利用している(借入をしている)キャッシングを借入と判断して、借入額の合計が年収の3分の1を超えていないかチェックすることになりますが、保守的なクレジットカード会社や信販会社の中には、利用していない枠についても利用中と考えて総量規制の計算をしているところもあります。

その場合、新たにクレジットカードを作ったり、クレジットカードの利用実績を積んで自然とキャッシング枠が増えた場合にも、借入額と合算して年収の3分の1を超えてしまい、キャッシング枠や利用可能額が減額されることもあります。

キャッシング枠 減額

総量規制では50万円以上の借入の場合に収入証明書の提出が必要となりますので、キャッシング枠の合計が50万円近くある場合には、今後のカード審査に影響が出ることもありますので注意が必要です。

キャッシング枠は、いざという時にコンビニATMなどですぐお金を借りることができるので便利ですが、使わないキャッシング枠があると上記のようなリスクもありますので、明らかに使用しないキャッシング枠は減額するなどしておくと、いきなりキャッシング枠が減額されるリスクを下げることができます。


キャッシング枠を減額するメリット

  • 無駄なキャッシングをしないですむ
  • 審査への影響をなくすことができる

無駄なキャッシングをしないですむ

キャッシング枠 減額

キャッシング枠を減額することで、借りることができなくなるので、借りたくても借りられず無駄なキャッシングをしないですむメリットがあります。

借りたい時に借りられないので、不便になるようですが、キャッシングが借りやすいせいで金銭感覚が麻痺したり、自分の第2の財布のように感じてしまってついつい借りすぎてしまいます。

本当に必要な時に使うならキャッシングは便利ですが、不要な時にも借りてしまうと、利息を多く払うことになってしまいますし、借金地獄や多重債務に陥るきっかけになってしまいます。

キャッシング枠があっても自分で利用しなければ良いだけですが、借りれるようになっていると借りてしまうという人は、キャッシング枠を減額することで無駄なキャッシングをなくすことができます。


審査への影響をなくすことができる

キャッシング枠 減額

また、上述した通り、キャッシング枠があることでクレジットカードの発行やキャッシングの新規審査、継続審査に悪影響が出る恐れもあります。

クレジットカードの発行やキャッシングの新規審査、継続審査の基準は、公開されているものではないので具体的にどのように影響するかはわかりません。

それでも、突然キャッシング枠が減額されたり、新規貸付を停止されたりするのが嫌な人は使わないキャッシング枠を減額することで、少しでもリスクを下げることができます。

キャッシング枠を減額するメリットとして、盗難されても安心というのもよく聞きますが、キャッシングには暗証番号を入力する必要があるので、暗証番号を知られない限り、そう簡単に他人が現金を引き出せるものではありません。

すぐにカード会社や警察に連絡してカードを止めれば、不正利用される可能性がある時間はわずかですし、気をつけていればそれほど被害にあるリスクはないといえます。


キャッシング枠を減額する方法

キャッシング枠 減額

キャッシング枠を減額するには、クレジットカードの裏面に記載されているコールセンターなどに電話をして、キャッシング枠を減額してほしい旨を伝えるだけです。

コールセンターではすぐにキャッシング枠を減額してくれたり、ゼロにしてくれたりします。

また、インターネットからも変更可能です。

キャッシング枠 減額

クレジットカードの会員専用ページなどから、キャッシング枠の減額というメニューがありますので、そちらを選択して、減額後の希望するキャッシング額を入力するだけで簡単に変更することができます。

キャッシング枠を減額するのは簡単ですが、キャッシング枠を一度減らすと次に増やそうと思うと再度審査を受ける必要があります。

急にお金が必要になった時にスピーディにお金を借りることができない場合がありますので、キャッシング枠の減額は慎重に行うようにしましょう。


まとめ

キャッシング枠 減額

キャッシング枠が急に減額される理由やキャッシング枠を自分で減額する方法などを見てきました。

これまでの内容をまとめると以下のようになります。

  • キャッシング枠は契約後にも継続審査がされている
  • キャッシング枠を減額してお金の借りすぎを防ぐ
  • キャッシング枠の減額はカード会社に電話するだけで簡単にできる

キャッシングは新規契約時だけでなく、契約後も継続的に審査がされるため、状況によっては契約後にいきなりキャッシング枠が減額される可能性があります。

原因は様々ですが、総量規制がありますので、年収の3分の1を超える金額を借りていないかをまずチェックして、キャッシング枠などが増えていた場合は増えたキャッシング枠を借入のように判定されている可能性もあります。

借入を減らす、キャッシング枠を減額するなどすることで、再度増額審査を受ければキャッシング枠を増やすことはできますので、キャッシング枠の増額を目指す人は思い当たる原因を探る必要があります。

キャッシング枠を利用しない人は、キャッシング枠を減額すると借りすぎを防いだり、審査面のリスクを避けることができるなどのメリットがあります。

キャッシング枠の減額は簡単にできますので、不安な人はカード会社に電話するなどして減額されると良いでしょう。

ただし、キャッシング枠を減額すると増額するには再審査が必要となりますので、減額をするかどうかは慎重に検討する必要があります。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7