キャッシング 住宅ローン

住宅ローンの審査時には過去のキャッシング歴やクレジットカードの使用履歴がチェックされることになります。

キャッシングを利用したから住宅ローンの審査に通らないということはないですが、キャッシングを利用することで住宅ローンの審査にどのような影響があるのでしょうか。

キャッシングの利用歴で住宅ローン審査に影響を与えるもの、関係ないものを見ていきたいと思います。

住宅ローン審査時にキャッシングの利用歴はチェックされる?

返済歴は良い影響もある

キャッシング 住宅ローン

住宅ローンの審査時にキャッシングや住宅ローンの利用履歴はチェックされます。

ですが、過去にキャッシングを利用したらすべてがマイナスになるわけではありません。

住宅ローンの審査ではキャッシングの利用履歴を見て、その人が信用できるかどうかを見ていきますが、「まったく借金をしていない人」よりも「借金をきちんと返している人」の方が印象は良いことが多いです。

銀行では住宅ローンの返済能力、つまり「きちんと返済できるか」をチェックしているわけで、過去に借金をしたことがない人が今回きちんと返してくれるかは未知数です。

ですが、借金をしても返済履歴がきちんと残っている人であれば、お金をきちんと返す人ということでむしろ印象は良くなります。

もちろん、過去の滞納歴や延滞歴などはマイナスになりますが、普通にキャッシングをして問題なく返済をしていれば住宅ローンの審査に悪影響が出ることはありません。


返済中の人の場合

キャッシング 住宅ローン

キャッシングをして、現在返済中の人の場合は、返済のためにお金を使っているので、返済能力は低くなるので住宅ローンの審査上はマイナスになります。

同程度の収入、属性の人であれば、現在の借入がない人や借金の少ない人の方がより審査に通りやすくなり、多くの金額を融資ししてもらいやすくなります。

現在キャッシングを利用していて返済中の人は、頭金を多く入れたりして、銀行の印象を良くして少しでも審査を有利に進めるための努力が必要になります。


総量規制の影響で借入金額が少なくなることはない

キャッシング 住宅ローン

なお、キャッシングを利用している人だと気になるのが総量規制の影響だと思います。

総量規制は年収の3分の1までの金額しかお金を貸してはいけないという貸金業法の法律です。

ですが、銀行は貸金業法の管轄外(貸金業者でない)のため、総量規制の影響は受けません。

ですので、キャッシングを利用していて現在借入残高がある人は、総量規制を特に考える必要はありません。

ただし、上述した審査への影響はあるため、やはり現時点でキャッシングの借入残高があるというのは住宅ローンの審査上はマイナスといえます。


延滞歴や返済遅延はばれる

キャッシング 住宅ローン

住宅ローンの審査時には信用情報機関というところの情報を参照して、過去のキャッシングやクレジットカードの利用履歴を調べます。

信用情報機関は、各社で情報共有をするしくみですので、他の金融機関で延滞や滞納をした情報は必ずバレます。

一定期間以上の滞納や遅延があると、信用情報機関には金融事故という情報が掲載されます。

事故情報には主に延滞、債務整理、強制解約、代位弁済などがあります。

事故というだけあって、どれも深刻なものばかりです。

事故情報のある人にお金を貸す金融機関はほとんどありませんので、直近でこれらの事故があった人は住宅ローンの審査はかなり厳しいといえます。

ただし、自己情報は一定期間が経過すると消えます。延滞では最長で5年は記録が残るので、5年以上前の延滞などはほとんど影響がないといえるでしょう。

信用情報は開示請求をすることもできるので、不安な人は一度開示請求をしてみても良いと思います。


キャッシング利用者が住宅ローン審査を有利にする方法

キャッシング 住宅ローン

キャッシングを利用していること自体は、住宅ローンの審査で極端に不利になることはありませんが、上述した過去の延滞歴や現在返済中の人は住宅ローンに悪影響があるといえます。

信用情報に傷がついていると、銀行によってはそれだけで審査落ちしてしまうこともありますが、少しでも審査を有利にするには返済比率を下げることです。

返済比率とはローンの返済額が、収入のどれくらいの割合を占めるかを表した指標です。

一般的には「年間のローン返済額÷年収」で算出します。

  • 年間のローン返済額÷年収

年収を上げるか、年間のローン返済額を下げることで返済比率は下げることができます。

年収を上げるのはそう簡単にできることではないので、ローンの返済額を下げることを考えるのが良いでしょう。

頭金を多く入れて借入金額を少なくしたり、返済期間を伸ばしたりすることでローンの返済額が減り返済比率も改善します。

キャッシング 住宅ローン

一般的に返済比率は25%以下が健全と言われていますので、25%以下の返済比率を目指して頭金を入れたりすると良いですね。

ローンの返済額には住宅ローンだけでなく、キャッシングやクレジットカードの返済額も含まれますので、これらの残高がある人は返済を一気にしてから住宅ローンを申し込むというのも有効です。

キャッシングの利用歴や現在の借入がある人でも、住宅ローンの審査に通ったという人は大勢いますので、本ページで紹介した情報を参考に住宅ローンの審査に臨んでいただければと思います。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7