キャッシング 限度額

キャッシングの広告などで「最大500万円まで融資可能」などとありますが、ほとんどの人は500万円まで借りられません。

特にはじめてキャッシングを利用する人であれば、キャッシング利用額は10万円から20万円くらいがほとんどです。

また、キャッシングの限度額には法的な制限もありますので、キャッシングの限度額の決まり方や増やし方を見ていきたいと思います。

キャッシングの利用限度額の決まり方

総量規制の制限

キャッシング 限度額

キャッシングの利用限度額は審査によって決まりますが、その前に法律上の規制があります。

消費者金融など貸金業者は総量規制という法的な規制があり、「年収の3分の1以上のお金は貸してはいけない」となっています。

そのため、消費者金融でお金を借りる場合には年収の3分の1以上のお金は借りることができません。

また、年収の3分の1というのは、1人の人が借りたお金の合計が3分の1を超えてはいけないということになるので、借入の合計金額が年収の3分の1を超える場合は貸金業者からお金を借りることはできません。

仮に年収300万円の人がアコムで80万円借りたら、プロミスでは20万円を超える金額を借りることはできないということですね。

総量規制は貸金業法という貸金業者向けの法律で決められているため、消費者金融、信販会社などはこの総量規制の影響を受けることになります。

クレジットカードでのキャッシング利用額も総量規制の対象となります。

ただし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外となり、年収の3分の1までしか借りられないという制限はありません。


利用限度額の審査

キャッシング 限度額

総量規制を守るという大前提のもとで、各利用者のキャッシング利用限度額は各社の審査によって決まります。

審査は職業や年収、勤務形態や過去の返済実績などを加味して総合的に判断されます。

各社によって審査基準は異なり、公開されているものではありませんので、具体的なことはわかりません。

各社では「返済能力」を見ていますので、一般的には年収が高く正社員など安定した雇用をされている人が利用限度額を高く評価されます。

大手消費者金融であれば様々な要素を点数化して総合的な審査をする「スコアリング審査」などが知られています。中小の消費者金融であれば対面審査や電話審査を取り入れている会社も多いですね。

また、過去にきちんと返済をしてきたかというのも重視されるため、年収が低めでも過去の利用実績があることで利用限度額が多くなることもあります。

逆にはじめてキャッシングをする場合には、利用限度額は10万円から20万円くらいに設定されるのが相場です。

多くても50万円の限度額となる会社がほとんどです。


キャッシング利用限度額の増額申請

キャッシング 限度額

はじめてキャッシングする際の限度額は10万円から20万円、多くても50万円くらいですので、100万円以上の利用限度額を目指すなら、新規契約後の増額申請で利用限度額を増やしていくのが現実的です。

利用する側から見ても、50万円の利用限度額の人が限度額いっぱいになった時に、新しい会社に新たに申込、審査をして50万円の利用限度額をつけてもらうよりも、今利用しているキャッシング会社へ限度額の増額申請をした方が手間も時間も少なくなります。

キャッシング 限度額

増額の場合は契約書の再交付も必要なく、すぐに限度額を上げることができ、限度額が上がればすぐに借入をすることができます。


増額審査のポイント

キャッシング 限度額

増額にあたっては新規契約と同じく再審査という形になりますが、増額の審査では新規契約以上に取引期間が重要になります。

最低限3ヶ月以上が必要で、3回目の返済が終わったくらいのタイミングでないと増額審査はまず通りません。

また、その期間に滞納がある場合にはもちろん増額審査は難しくなります。

一般的な増額審査が通ると言われる目安は1年くらいで、その間に滞納なくきちんと返済を続けていれば増額審査に通りやすくなります。


増額審査に通らない理由

キャッシング 限度額

増額審査の基準も公開されていませんが、増額審査に通らない人には共通点があり、以下のような人は増額審査に通りづらいと考えられます。

  • 新規契約時からの期間が短い(3ヶ月未満)
  • 利用中に1週間以上の延滞歴がある
  • 勤続期間が短い(3ヶ月未満)
  • 他社で借りたお金の延滞がある
  • 前回借入時よりも大幅に借入が増えている
  • ブラックの人
  • 借入件数が多い人

上述したとおり、新規契約から期間が短い人がすぐに増額申請をしても審査にはまず通りません。

また滞納歴があったり1週間以上延滞したことがある人も、返済してくれないリスクがあるとして、金融機関がリスクを取ることになる利用限度額の増額は難しくなるでしょう。

勤続年数も重要な項目ですので、今の仕事について3ヶ月未満の人だと審査には通りづらいです。

逆に言うと、転職する予定がある人は転職前に増額申請などはしておいた方がよいです。

他にも他社の借入の延滞歴や複数社から借入をしている人、前回借入時よりも大幅に借入額が増えている人も返済能力に疑問が持たれますので審査は厳しくなります。

増額審査で見るポイントは、取引期間入出金履歴信用情報、年収や勤続年数などの属性情報です。

これらのポイントで自分に問題がないかチェックしておく必要があります。

ある程度安定した収入のある仕事をしている人であれば、過去にきちんとお金を一定期間返済していればそこまで増額審査は難しいものではないといえます。


利用限度額は減額されることもある

キャッシング 限度額

なお、キャッシングの利用限度額は減額をされることもあります。

キャッシングの契約書をよく見るとわかりますが、ほとんどの消費者金融の会社は会員規約の中に、消費者金融側から借入限度額を同意なく減額できるようになっています。

滞納や延滞があった場合にはもちろんですが、信用情報のチェックをした時に利用限度額の引き下げが行われることもあります。

契約上は消費者金融側に変更する権利があるので何も言えませんが、利用者側は減額をされることもあると理解した上で利用する必要があります。


まとめ

キャッシング 限度額

キャッシングの利用限度額の決まり方や増額申請の方法などを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 消費者金融では年収の3分の1までしか借りられない
  • 返済能力を見て審査がされる
  • 契約後の増額申請もできる

キャッシングの新規契約時には審査がされ利用限度額が決定されます。

審査では返済能力が見られることになりますが、返済能力とは「返すだけの収入があるか」だけでなく、「この人は返してくれる人か」という点も重要になります。

返してくれる人かどうかを示す指標は、「返済の実績」が一番ですので、過去の利用実績は重要ですし、過去に延滞や滞納がある人はこの点でかなり不利になります。

キャッシング 限度額

基本的には新規契約時も増額申請も同じですので、利用実績をきちんと積んで金融機関からの信頼を得るしかありません。

きちんと返す、早く返すというのは利息を少なくして、総返済額を少なくするという意味でも重要ですので、キャッシングを利用する上では意識していきたいポイントです。

属性や実績に問題がなく、総量規制だけが問題と思われる人は総量規制の対象外となる銀行系のカードローンの利用を検討されるのが良いと思います。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7