プロミス 借り入れ できない

いざプロミスからお金を借りようと思った時に、借り入れができないと悩む人は意外に多いです。

すぐにお金が必要になる場合もあるので、焦ってしまう人もいますが、原因がわかればすぐに対処できる場合もあります。

プロミスから借り入れができない理由にはどのようなものがあるのか、ケース別に原因と対策を見ていきたいと思います。

プロミスで借入ができない理由

プロミス 借り入れ できない

プロミスで借り入れができなくなる理由として考えられるのは以下の原因です。

  • 上限額まで利用した
  • 返済遅延があって利用停止になった
  • 虚偽の申告がバレた
  • 他社と金融事故を起こした
  • カードやATMの不具合

上限額まで利用した

プロミス 借り入れ できない

順に見ていくと、まずは利用上限額まで借入を行って、すでに利用可能額が0円になっている場合です。

プロミスのキャッシングでは、契約時に利用限度額が設定され、利用限度額内の範囲であれば自由にお金を借りることができます。

また、返済をして借入残高が減ると、利用限度額は復活して、返済をすれば何度でも借入ができるようになっています。

ですが、利用限度額上限まで借りてしまうと、当然それ以上はお金を借りることができません。

知らず知らずのうちに利用上限まで借りていることもあるので、プロミスで借入ができないという人はまず自分が借りている金額や利用限度額を確認するようにしましょう。

利用限度額は会員サイト上で確認することができます。

利用限度額いっぱいまで借入をしている人の場合、返済をして利用限度額を復活させるか、増額申請をして利用限度額を増やしてもらう必要があります。

また、増額審査よりもアコムアイフルなど他社と新規に契約する方が、審査が早く審査に通りやすいので、アコムやアイフルなど他の大手消費者金融の利用を検討するのも良いと思います。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる


返済遅延があって利用停止になった

プロミス 借り入れ できない

プロミスで返済遅延がある場合、返済がされるまで利用停止になる場合もあります。

限度額まで借りていないのに、いきなりプロミスで借りられなくなった場合、直近で返済遅延があって利用停止になっている可能性を疑う必要があります。

返済遅延が発生して利用停止になっている場合は、利用限度額が0円となっていますので、会員サイトにログインするなどして利用限度額を確認しましょう。

身に覚えがない時でも、返済を口座振替にしていて口座残高が足りなかったというケースもありますので、口フリを利用している人は特に注意したいですね。

利用停止を解除するには、返済遅延を解消した上でプロミスコールに電話をして返済解消した旨を告げて、利用停止が解除される時期を確認しましょう。

基本的には翌営業日までには解除されますが、人によって状況が異なる場合もありますので、プロミスコールに確認をするのが一番です。


虚偽の申告がバレた

プロミス 借り入れ できない

虚偽の申告がプロミスにバレた場合にも、利用停止となります。

プロミスの新規契約時には年収や住所、勤務先などの情報を申告しますが、ここで虚偽の情報を申告していて、申込時にはバレなかったものが何かのきっかけでプロミスにバレて利用停止や限度額の引き下げになることもあります。

例えば、アルバイトなのに正社員であると申告したり、年収や勤続年数を偽って多めに申告した場合などが考えられます。

正しい情報で審査した時にプロミスとして貸せる金額が変わってくるのはもちろん、キャッシングは利用者の信用力にもとづいてお金を貸していますので、嘘をついていたとなるとプロミスとの信頼関係は崩れることになります。

結果としてプロミスから利用限度額の引き下げや利用停止の処分を受けることになりますので、注意しましょう。

プロミス 借り入れ できない

虚偽といかないまでも住所や勤務先の変更をプロミスに届け出ていなかった場合なども、郵送物が届かなかったなどの理由でプロミスが知り、利用停止とするケースもあるようです。

悪意がなかったとしても、情報変更がうまくできていなかった時に利用停止となるケースもありますので、その点にも注意する必要があります。

虚偽の申告がバレて利用停止となる場合、虚偽の情報のレベルがどれくらいかによっても対応が変わってきます。

まずはプロミスコールに電話をして、状況を確認し、利用停止の解除ができるかどうかを相談してみましょう。


他社と金融事故を起こした

プロミス 借り入れ できない

プロミス以外の他社との間で、長期の延滞債務整理などの金融事故を起こした場合にもプロミスとの取引に影響が出ることもあります。

プロミスをはじめとした消費者金融やクレジットカード会社などは、利用者の情報を共有していて、継続的に問題がないかチェックをしています。

情報共有のしくみは「信用情報機関」といって、何かしら問題となる事故を起こした際に異動情報(事故情報)を登録するようにして、各社が情報を参照できるようになっています。

プロミスでも新規契約の審査時はもちろん、利用者の信用情報を継続的にチェックしています。

そのため、他社で長期の延滞や債務整理などがあった場合には、プロミスでもその情報を把握することができ、他社で金融事故があったとして事故の内容によって利用停止になることがあります。

他社でのことだからバレないと考える人もいますが、一部の情報は金融機関同士で情報共有がされていますので、その点に注意する必要があります。


カードやATMの不具合

プロミス 借り入れ できない

これまでは利用者側に問題があって、プロミスで利用できないケースでしたが、プロミスカードATMに問題があって借入ができないということもあります。

具体的には、カードやATMの不具合で、ATMがカードをうまく読み込めなかったり、カードが破損するなどして使えなくなっている場合です。

会員サイトなどで利用限度額は問題なくあるのに、ATMで借入ができない場合にカードまたはATMの不具合の可能性を疑いましょう。

プロミス 借り入れ できない

ATMの問題であれば他のATMを使うと問題なく借入できますので、一つのATMが利用できなかった場合はATMの不具合を疑って、別のATMの利用を試してみましょう。

カードの不具合の場合には、プロミスコールに電話してカードの再発行を依頼しましょう。

すぐにお金が必要な時には、ATMからの借入ではなく振込キャッシングなどで、銀行口座に入金してもらってから、銀行キャッシュカードで出金することで現金を手にすることができます。


新規契約の審査に落ちて借り入れができない人

プロミス 借り入れ できない

プロミスから借り入れができないケースとして、そもそも新規契約の審査に落ちて借り入れができないケースもあります。

プロミスをはじめ、キャッシングやカードローンの審査基準は公開されていませんが、大手消費者金融では審査の迅速化のため、年収や勤務先、雇用形態、勤続年数などを点数化して、総合的に融資可能か判断するスコアリングシステムを導入しています。

そのため、何か一つが原因で審査に落ちるだけでなく、総合的に判断されて審査落ちしている可能性もあり、明確に審査落ちの原因を知ることはできません。

プロミス 借り入れ できない

一般的に年収200万円以上勤続年数1年以上あれば、どんな雇用形態でも30万円程度の限度額であれば借りられると言われていますが、プロミス内の審査基準によっても変わりますので、審査落ちした人・しそうな人は借入希望額を落として申し込みをしてみるのも良いと思います。


総量規制にも注意

プロミスは総量規制の対象となる会社ですので、年収の3分の1を超える金額を借りることができません。

借入希望額を見直す際は、自分の年収に対して、借入希望額が高すぎないかもあわせて注意する必要があります。


他社の利用を検討する

プロミス 借り入れ できない

大手消費者金融の審査基準は大差ないですが、プロミスに審査落ちした人がアコムやアイフルの審査に通ったというケースもあります。

一度プロミスに審査落ちした人が、借入希望額を落として再度申し込みする際は、アコムやアイフルなど他の大手消費者金融に申し込みをすると審査通過できるかもしれませんので試してみましょう。

アコムの詳細を見てみる

アイフルの詳細を見てみる

プロミス 借り入れ できない

また、上述した通り、プロミスの新規契約時の審査では、信用情報機関の情報を参照しているため、過去に債務整理や長期の延滞などがあって異動情報が登録されている、いわゆるブラック状態の人だとプロミスの審査には通りません。

他の大手消費者金融でも審査に通ることはまずありません。

ブラック状態は延滞が原因であれば完済から5年、債務整理が原因であれば5年から10年程度はブラック状態が続きます。

ブラック状態が解除された後にプロミスを利用することを検討しましょう。

どうしてもすぐにお金が必要な人は、知り合いや家族から借りることを検討したり、ブラックでも借りられる中小の消費者金融のキャッシングなどを検討する必要があります。


まとめ

プロミス 借り入れ できない

プロミスで借り入れができない原因や対策について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • プロミスで借り入れができない原因はいくつもある
  • 利用可能額を確認したり、プロミスコールに電話すると原因がわかる
  • 新規契約時の審査は収入を中心に総合的判断がされる

プロミスで借り入れができない原因はいくつかありますが、主に上限金額まで使い切ったか、何かしらの理由で利用停止とされているか、カードやATMの不具合が考えられます。

まずは会員サイトなどで利用可能額を確認しつつ、違うATMを利用したり、振込キャッシングなどを利用するなどして、それでも原因不明な場合はプロミスコールに電話をして、原因の確認と今後の相談をしましょう。

場合によってはアコムアイフルなど他社を利用した方が解決が早い場合もあるので、アコムやアイフルなど、大手消費者金融は利用できるようにしておくと便利です。

アコムの詳細を見てみる

アイフルの詳細を見てみる

新規契約時の審査は収入を中心に総合的な判断がされるため、明確な原因はわかりませんが、これも他社で申し込みすると審査に通るケースがありますので、他社の利用も検討すると良いでしょう。

プロミスではお金が借りられるか簡易診断をしてくれるサービスもありますので、これからプロミスに申し込みをするという人は、公式サイトで簡易診断をした後に本申し込みをするとスムーズです。

プロミスの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で最短即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

自動契約機(むじんくん)の営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短30分で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCグループの会社で、自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。
koushiki7