プロミス ビジネスローン

プロミスは個人向けの融資をしているイメージが強いですが、自営業や個人経営者向けにビジネスローンも提供しています。

自営業や個人経営の人にとって銀行からの借入が難しい場合や資金繰りが苦しいことは多い悩みですので、そのような際に活用できるプロミスのビジネスローンの内容や特徴を見ていきたいと思います。

プロミスのビジネスローンの特徴

ビジネスローンとは

プロミス ビジネスローン

まず、ビジネスローンとは、事業性資金のための借入のことで、個人や会社のビジネスのために使うお金を借りるためのローンです。

一般的なキャッシングやカードローンは個人向けで、かつ事業性資金のための借入はできないようになっています。

実際に多くのカードローンの申込条件を見ると、「事業性資金は除く」などの記載があります。

元々、個人用のカードローンはビジネスローンではなく、プライベートな消費用のお金を貸すためにあるものなので、事業性の資金は対象外となっていました。

ですが、消費者金融などではビジネスローンなどの名称で、事業性資金の貸付を行っています。

プロミスのビジネスローンは、「自営者カードローン」という商品が提供されています。


プロミスの自営者カードローンの特徴

プロミス ビジネスローン

プロミスの自営者カードローンの商品概要は以下の通りです。

■プロミスの自営者カードローンの商品概要

項目 内容
融資額 300万円まで
契約額 ご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から選択する。
三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済の返済期日は5日。
返済期間・返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
申込みできる人 年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
資金使途 生計費および事業費に限ります。
担保・保証人 不要


プロミスの自営者カードローンは、300万円までの範囲で限度額が設定され、限度額の範囲内であれば、自由に借入が可能になっています。

資金の用途も事業性の資金に限らず、生計費などプライベートな支出にも使うことができます。

利用できるのは自営業の人ですので、法人での契約などはできません。

あくまで、自営業者や個人で会社をやっているような人の利用を想定したローンです。

プロミス ビジネスローン

最大の特徴は審査スピードが早い点で、希望すれば即日融資も可能になっています。

事業資金やつなぎ融資先を探している人にとって、早く借りられることは重要ですので、最短当日にお金を借りることができるプロミスの自営者カードローンは大きな魅力です。

一般的な融資の審査期間は早くても数日かかり、1週間や2週間かかることが多くなっています。

銀行から見ると、個人事業主や零細企業への融資は融資額も少なく、どうしても優先順位は低くなりがちですので、ないがしろにされた経験がある人も多いと思います。

そのような人でもプロミスのビジネスローンなら、素早い審査で即日融資が受けられるのは良いですね。

ただし、申込の時間帯によっては、翌営業日の対応となり、即日融資が受けられない可能性もありますので、早めに申込をすることが重要になります。


プロミスのビジネスローンの金利

プロミス ビジネスローン

プロミスの自営者カードローンの金利は、年利で6.3%17.8%となっています。

個人向けのキャッシングと同じ金利となっています。

銀行からの融資と比べると、金利は高く、限度額も低いため、条件が良いとはいえませんが、すぐに借りたい時には活用できる商品といえます。

また、金利が低いということはそれだけ審査が厳しくなり、借りられる人も限られます。

プロミスの自営者ローンはその点有利で、審査も早い商品といえますね。


プロミスのビジネスローンのメリット

プロミス ビジネスローン

プロミスのビジネスローンのメリットは何と言っても審査スピードが早い点です。

最短即日融資が可能なビジネスローンはなかなかありませんので、特に急いでいて早くお金を借りたい人におすすめの商品といえます。

また、金利は高めですが、その分銀行の方が審査が厳しいといえます。

銀行で融資を引くことができない人や、とにかく急ぎで現金が必要なケースなどではプロミスの自営者カードローンが活用できます。


プロミスのビジネスローンのデメリット

プロミス ビジネスローン

プロミスのビジネスローンのデメリットとして気になるのは、金利や利用限度額などの条件面の悪さです。

消費者金融が提供するビジネスローンとしては一般的ですが、事業性資金の借入先として銀行の融資などと比較すると、金利は高くなってしまいますし、借りられる金額も少なめです。

上述した通り、金利が高いことが審査基準につながる面もありますので、悪いことばかりではありませんが、もっと条件の良いところで借りることができる人であれば、まずはそちらを検討した方が良いでしょう。

このことから、プロミスのビジネスローンは、事業性資金のメインの借入先といった使い方ではなく、緊急時やイレギュラー対応で素早く借りたい人や銀行や信用金庫などで借りるのが難しい人に向いている商品といえます。


プロミスのビジネスローンの申込の流れ

プロミス ビジネスローン

プロミスの自営者カードローンを利用するまでの流れは以下のようになっています。

  • 申込
  • 審査
  • 審査回答
  • 契約、カード発行
  • 借入

基本的な借入までの流れは、プロミスの通常のカードローンを利用する際と同じで、申込後に審査があり審査通過後に契約手続きをしてカードを発行して、ATMで借入をすることになります。

申込についてはインターネットから24時間いつでも可能になっていますので、即日融資を受けるためにも利用することを決めたらなるべく早めに申し込みを済ませましょう。

インターネット以外にもプロミスコールや店頭窓口、自動契約機からの申し込みも可能になっています。

申し込みが完了するとプロミスで審査が行われます。

プロミスは最短30分で審査回答があり、審査スピードについてはとても早いので、審査回答が来るのを待ちましょう。

無事審査を通過したら、自動契約機または店頭窓口で契約手続きをしてカード発行をします。

プロミス ビジネスローン

カードが発行できたら、プロミスの自社ATMから借入をすることができますし、コンビニATMなどで24時間いつでも出金をすることができます。

自営者カードローンではありませんが、プロミスのキャッシングの申し込みの流れは別の記事で詳細に紹介していますので、こちらも参考にしていただければと思います。


まとめ

プロミス ビジネスローン

プロミスのビジネスローンの特徴やメリット、デメリットを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • プロミスには自営業者向けの自営者カードローンがある
  • 最短で即日融資が可能
  • 事業用だけでなくプライベートな利用も可能

プロミスのビジネスローンには自営業者向けの自営者カードローンがあります。

普通のキャッシングを自営業者の事業資金向けに拡大したような商品で、審査スピードは普通のキャッシングと同様に早く、最短で即日融資が可能になっています。

また、資金用途は事業用だけでなく、プライベートでの利用も可能なので、生活資金と事業資金を分けていない人も使いやすいですし、急にお金が必要になった時に資金用途を気にすることなく利用することができます。

法人向けの銀行からの融資などと比べると、金利は高めで借りられる金額(限度額)も少なくなりますが、銀行の融資審査を待っていられない人、急なつなぎ資金が必要な人などは利用を検討されると良いと思います。

プロミスの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で最短即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

自動契約機(むじんくん)の営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短30分で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCグループの会社で、自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。
koushiki7