キャッシング できない

キャッシングしようと思ったのに、キャッシングができない!」と困る人は多いです。

また、これまで利用できていたキャッシングが急に利用できなくなり困る人も多いです。

理由は様々ですが、原因を突き止めれば対処できることもあります。

キャッシングには利用できない理由や突然利用ができなくなる原因などをまとめましたので、自分に当てはまるか確認してみてください。

キャッシングができない理由

キャッシング できない

「キャッシングができない」と一口に言っても様々なケースがあります。

キャッシングには、消費者金融を利用したキャッシングやクレジットカードのキャッシング、銀行系のカードローンがありますが、まずは消費者金融や信販会社のキャッシングを利用できない場合を見ていきます。

消費者金融や信販会社でキャッシングができない理由には以下が考えられます。

  • 返済能力がないとみなされている
  • 総量規制の対象になっている
  • カードや分割払い料金の滞納

返済能力がないとみなされている

キャッシング できない

審査に通らずキャッシングができない理由として、一番考えられるのは返済能力がないとみなされているためです。

キャッシングの一般的な審査基準は別の記事で紹介していますが、金融機関は返済能力がない人にお金を貸すことはありません。

返済能力=収入ですので、借入金額に対して十分な収入があるとみなされていないのでしょう。

審査落ちした時には、まず借入金額に対して自分の収入の金額や安定性が十分かを疑う必要があります。

キャッシングできる人は、基本的には毎月の収入がきちんと入ってくる人です。

収入が不安定だったり、少ない場合には返済能力がないとみなされます。

給料をもらっている人の場合だと、働いている会社の規模や雇用形態、勤続年数で収入の安定性を見られます。

自営業の人だと基本的に収入は安定しないとみなされ、審査の印象は悪くなります。

キャッシング できない

大手消費者金融では、このような様々な要素を判断して点数をつけていく、スコアリングシステムを採用しています。

要は総合点で審査を通過するか審査落ちにするかを決めているということですね。

収入や属性の面で良くない点が積み重なっていくと審査落ちとなり、キャッシングができないということになります。

個人でキャッシングできない理由は様々ですが、会社を変えれば審査に通ることもあります審査の甘い会社に再度申し込んでみると良いと思います。


総量規制の対象になっている

キャッシング できない

キャッシングを利用したいのに審査落ちしてできない理由として、総量規制に引っかかっている可能性も考えられます。

総量規制とは、貸金業法に定められている規制で、貸金業者は年収の3分の1までしか貸せないという制限です。

これにより、新たな借入が困難になっている人が多いです。

すでに借入がある人でキャッシング審査に通らない人は、総量規制の対象になっているかどうかを確認する必要があります。

なお、総量規制の対象になる借入は、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社からの借入です。

銀行からの借入となる銀行系カードローンは総量規制の対象外となりますので、総量規制の対象になっている人は銀行系カードローンを検討されることをおすすめします。

銀行系カードローンであれば収入のない専業主婦でもお金を借りられる可能性があります。


カードや分割払い料金の滞納

キャッシング できない

またカードや携帯電話料金、分割払いの割賦払いを滞納していると信用情報に傷がつき、審査落ちしている可能性もあります。

滞納の情報は信用情報機関によって、各金融機関では情報共有されていますので、他社で滞納している情報もバレます。

滞納など金融事故の情報は一定期間経たないと消えないため、信用情報機関に滞納情報が掲載されている間は審査に通りにくくなります。

また同じ理由で過去に債務整理(任意整理、個人再生、自己破産など)をしている場合にも、信用情報機関に事故情報が残ってキャッシングの審査には原則通りません。

ブラックでも審査落ちしないキャッシング会社を利用する必要があります。


クレジットカードでキャッシングができない理由

キャッシング できない

次にクレジットカードでキャッシングができない理由には、主に以下の理由が考えられます。

  • キャッシングの利用枠が設定されていない
  • キャッシング枠が利用可能になっていない
  • 支払を滞納している
  • 有効期限が切れている
  • ATMがカード会社に対応していない

キャッシングの利用枠が設定されていない

キャッシング できない

クレジットカードでキャッシングが利用できない場合、まず確認したいのはキャッシングの利用枠が設定されているかどうかです。

クレジットカードには買物や食事などの支払に使える「ショッピング枠」と、ATMや振込などで現金を貸してもらうことができる「キャッシング枠」の2種類があり、キャッシングを利用するには利用金額分のキャッシング枠が設定されている必要があります。


キャッシング枠が利用可能になっていない

キャッシング できない

またキャッシング枠が設定されていても、利用可能になっていない可能性もあります。

キャッシング枠はショッピング枠に含まれますので、ショッピング枠を全額使い切っているとキャッシング枠も使い切ってしまい0円となります。

ショッピング枠を限界まで使っている人は、キャッシング枠が設定されていて、かつキャッシングを利用したことがなくても枠がなくなっていることがありますので、このような場合はキャッシングを利用できません。


支払を滞納している

キャッシング できない

クレジットカードの支払を滞納延滞している場合にも、キャッシングが利用できない場合があります。

程度にもよりますが、カードの支払を滞納していると信用情報機関の金融事故として登録される場合があります。

こうなるとブラック状態となり、信用情報期間の情報は共有されているので、支払を滞納しているカード会社だけでなく他社でも一斉にキャッシングを利用できなくなります。

キャッシングが利用できないだけでなく、信用情報に傷がつくと住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローン、新たにクレジットカードを作る際の審査にも影響が出ます。

かなり影響範囲が広いので、カードの支払の滞納は絶対に避けないといけません。


有効期限が切れている、ATMがカード会社に対応していない

キャッシング できない

ほかにもクレジットカードでキャッシングができない原因として、クレジットカードの有効期限が切れていたり、利用したATMがカード会社に対応していない場合があります。

カードの有効期限切れはどうしようもありませんが、ATMが原因の場合は、利用可能なATMを使うことで簡単にキャッシングが利用できることもあります。

クレジットカードでキャッシングができない理由として上記が考えられますが、上記の原因すべてに当てはまらない場合にはコールセンターに電話で問い合わせることをおすすめします。


キャッシングできないようにする方法

キャッシング できない

ここまでキャッシングをしたくてもできないケースを紹介してきましたが、キャッシングは借金なので利用できないようにしておきたい人もいると思います。

クレジットカードのキャッシングは、キャッシング枠を0円にしておくことで利用できないようになります。

キャッシング枠を0円にするのは簡単で、クレジットカードの発行会社のコールセンターに電話をして「キャッシング枠を0円にしてください」と伝えるだけです。

コールセンターの電話番号はカードの裏面に記載されていますので、キャッシング枠を0円にしたい人は電話して利用できないようにしておきましょう。


まとめ

キャッシング できない

キャッシングができない理由や突然利用できなくなる原因を見てきました。

個人でキャッシングができない理由は様々ですので、上記原因をもとに自分がキャッシングできない理由にあたりをつけていただければと思います。

今すぐにどうしようもない問題もありますが、別の会社に申し込むとかカード会社に連絡することで多くの問題は解決可能です。

自分がキャッシングできない理由を見つけて、原因を取り除いたり避けたりして、キャッシングを利用できるようにしてお金を用立ててください。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7