プロミス SMBCモビット

プロミスはともに人気のキャッシングですので、どちらを利用しようか悩んでいる人も多いと思います。

また、ともにSMBCグループの会社で、サービスにどのような違いがあるのか知りたい人も多いでしょう。

そこでプロミスとSMBCモビットの金利や審査、サービス内容などの違いや両者の関係などについてまとめて紹介したいと思います。

プロミスとの金利、限度額の違い

プロミス SMBCモビット

■プロミスとのキャッシング金利

カードローン 金利 限度額
プロミス 4.5%-17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%-18.0% 800万円


金利はプロミスが有利

プロミスとSMBCモビットの金利を比較すると、プロミスは4.5%-17.8%、SMBCモビットが3.0%-18.0%となっており、最高金利はプロミスが低く、最低金利はSMBCモビットが有利になっています。

キャッシングをはじめて利用する際、適用される金利はほとんどの人が最高金利となりますので、実際に利用する上ではSMBCモビットよりプロミスの方が金利は若干低くなります。

0.2%の差ではありますが、少しでも金利が低い方が良い人はプロミスを利用するのが良いでしょう。


利用限度額の上限はが高い

プロミス SMBCモビット

利用限度額はプロミスが最高500万円、SMBCモビットが最高800万円となっていて、SMBCモビットの方が利用限度額が高くなっています。

ただし、利用限度額についても金利同様、はじめて利用する時に最高条件が適用されることはなく、20万円から30万円くらいの限度額となる人がほとんどです。

ですので、はじめてキャッシングを利用する際は、利用限度額の上限はそれほど重視する必要はありません。

金利、限度額ともに、キャッシングを利用して返済実績を積んでいくことで信用力が高まり、金利が低くなったり条件が良くなっていきます。

最高条件に達するのはかなり大変だと思いますが、長期間利用して良い条件を目指すならばSMBCモビットを使っていくのも良いと思います。

はじめてキャッシングを利用する人で、金利重視の人はプロミスがおすすめです。

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


プロミスとの審査の違い

プロミス SMBCモビット

次にプロミスとSMBCモビットの審査の違いを見ていきます。

プロミスに申込可能なのは、「年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方」となっています。

一方、SMBCモビットに申込可能なのは、「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある人」となっています。

申し込みできる年齢が20歳以上69歳以下となっている点や安定収入が必要な点は同じになっています。

また、安定した収入があれば申込できるので、パートやアルバイトの人でも利用可能です。


どちらも総量規制の対象になる

プロミス、SMBCモビットともに消費者金融ですので、総量規制の対象となる点も同じです。

総量規制の対象ですので、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

仮に年収300万円の人だと、100万円までしか借りられませんので、総量規制は大きな制約となります。

100万円を超える大きな金額はなかなか借りられませんし、借入残高が膨らんでくると借りられなくなりますので注意が必要です。


審査基準に大きな違いはない

審査基準については、公開されているものではなく変わる可能性もあるので明確なことは言えませんが、ともに大手消費者金融であり、SMBCグループということで、ほとんど違いはありません。

大手消費者金融ではスコアリングシステムが導入されていて、年収や勤続年数、雇用形態などを点数化して、合計点で融資可能か自動的に判断するしくみになっています。

そのため、審査基準は似たようなものになり、大手消費者金融では審査基準に大きな差はありません。

なんとか審査に通りたいと考える人は多いですが、それほど大きな差はないので、気になった方に申し込んでみた方が早いでしょう。

なお、どちらかの審査に落ちてしまった人でも、諦めずに一方の審査に通してみることも重要になります。

プロミスもSMBCモビットも審査回答は最短30分と早く、どちらも急いでいる人に向いている利用しやすいキャッシングといえます。

ただし、どちらも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


プロミスとの提携ATM、手数料の違い

プロミス SMBCモビット

プロミスとSMBCモビットは自社ATMのほか、三井住友銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMなどの銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMのコンビニATMなど多くのATMから借入や返済をすることができます。

同じグループであることから、プロミス、SMBCモビットともに三井住友銀行ATMは手数料が無料となっています。

また、SMBCモビットはプロミスATMを利用することができます。

プロミスとSMBCモビットはともに、自社ATMおよび三井住友銀行ATMを除くと、借入と返済ともにATM手数料がかかります。

手数料は利用金額が1万円以下の場合は110円、1万円超の場合は220円がかかります。

コンビニなどでほぼ24時間いつでも利用できるATMは便利ですが、手数料はバカにならないので、できるだけ手数料が無料になる自社ATMや三井住友銀行ATMを使って借入や返済をするようにしたいですね。

プロミスとSMBCモビットの比較という意味では、利用できるATMや手数料、手数料無料になるATMなどほとんど同じですので、ATMや手数料の面でもプロミスとSMBCモビットは互角といって良いでしょう。

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


プロミスとの無利息サービスの違い

プロミス SMBCモビット

プロミスとSMBCモビットの大きな違いに、無利息サービスがあります。

プロミスははじめての利用の際に、メールアドレスの登録とWeb明細の利用をすると、初回借入時から30日間の利息が無料になります。

SMBCモビットにはこのような無利息サービスはないので、プロミスの大きなメリットといえます。

プロミス SMBCモビット

無利息サービスは、利息が無料になるので非常にメリットが大きく、仮に30万円を金利17.8%で借りた場合の1ヶ月(30日間)の利息は以下のようになります。

30万円×17.8%÷365×30=約4389円

キャッシングの利息は初月が最も大きくなるので、初回借入から30日間無利息になる効果は大きいですね。

さらに無利息期間中に元本の返済を進めることで、その後の利息を大きく減らすこともできます。

30日の間で完済すれば、まったく利息を支払うことなくお金を借りることも可能ですので、まだプロミスを利用したことがない人であれば、まずプロミスを利用するのがおすすめです。

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


プロミスとの返済方法の違い

プロミス SMBCモビット

プロミスとSMBCモビットはそれぞれ以下の返済方法が用意されています。

■プロミスとの返済方法

返済方法 プロミス
インターネット返済 ×
口座振替
ATM返済
コンビニ返済
銀行振込
店頭返済 ×


プロミス、SMBCモビットともに利用できる返済方法は、口座振替ATM返済コンビニ返済銀行振込による返済です。

SMBCモビットが利用できず、プロミスのみ利用できる返済方法はインターネット返済店頭返済です。

SMBCモビットはインターネットバンキングによる返済に対応しておらず、銀行口座から返済する場合は口座振替か振込による返済が必要になります。

また、SMBCモビットには有人の店舗がないため、店頭窓口での返済もすることができません。


便利なインターネット返済

プロミス SMBCモビット

インターネット返済は、インターネットで会員サイト上から返済できる返済方法で、24時間いつでも自宅や外出先からすぐに返済することができます。

メガバンクのオンラインバンキングやネット銀行を利用していると使うことができ、手数料無料で返済できます。

一度使うと便利さから手放せなくなりますので、プロミスを利用している人はぜひインターネット返済を使ってみてください。

私はプロミスに返済する時は常にインターネット返済を利用するようにしています。


コンビニ派にはコンビニ返済

プロミス、SMBCモビット両方で利用できるコンビニ返済とは、Loppi(ロッピー)やFamiポートなどマルチメディア端末と呼ばれる機械を使って返済する方法です。

ATMの近くにあるマルチメディア端末を操作して、払込票を印刷してレジで精算をします。

コンビニ最大手のセブンイレブンで利用できないのは残念ですが、ローソンファミリーマートミニストップと主要なコンビニで利用することができます。

また手数料無料で利用できるので、コンビニによく行く人ならATMから返済しないでコンビニ返済を利用した方がお得なのでおすすめです。

ATM返済、銀行振込による返済以外は手数料無料ですので、手数料をかけずに返済したい人はATM、銀行振込以外の返済方法で返済していきましょう。

人によっては不便に感じることはありませんが、プロミスの方が多くの返済方法が揃っています。

特に24時間いつでもできるインターネット返済は便利ですので、夜間に時間を気にせず返済したい人や自宅や外出先から返済したい人はプロミスを利用した方が良いでしょう。

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


プロミスとの即日融資の違い

プロミス SMBCモビット

プロミスとSMBCモビットはどちらも即日融資が可能な消費者金融です。
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

どちらもインターネットからの申し込みは24時間受け付けていますが、審査は平日土日も21時までとなっています。

即日融資を受けるためには21時までに審査を完了させる必要があります。

また、審査完了後に自動契約機で契約手続きとカード発行をすることになりますが、プロミスの自動契約機は9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります)、SMBCモビットの自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)は18時までが営業時間となります。

即日融資を受けるには、自動契約機の営業時間に間に合う必要がありますので、SMBCモビットの場合は17時頃までに審査通過をしないと即日融資を受けるのは厳しいでしょう。

プロミス SMBCモビット

プロミス、SMBCモビットともに審査回答までは最短30分と短いですが、申し込みの混雑状況や申込者の属性などによっても異なりますので、確実に即日融資を受けたい人はとにかく早めに申し込むことが重要になります。

早く即日融資を受けるには、インターネットで申込をして審査中に自動契約機に移動したり、審査通過してから自動契約機に行くのがスムーズです。

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


プロミスと、三井住友銀行との関係

プロミス SMBCモビット

プロミスとはともにSMBCグループの会社であることを公式サイトなどでうたっています。

プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスは、SMBCグループの会社ですし、SMBCモビットの運営会社は株式会社ですが、はSMBCグループの会社です。

ということで、プロミスとはどちらもSMBCグループの会社です。

SMBCグループの会社であることで、プロミスもSMBCモビットも三井住友銀行を持っていると便利に利用することができ、三井住友銀行ATMを手数料無料で使えるなどのメリットが多く用意されています。


プロミスの自社ブラックの人はの審査に影響ある?

プロミスとが同じSMBCグループの会社であることと考えると、

プロミスとSMBCモビットで情報共有されているのではないか?

と不安に感じる人も多いと思います。

特に不安になるのが、ブラック情報の共有です。


信用情報ブラックと自社ブラック

プロミス SMBCモビット

キャッシングで返済の遅延があったり、債務整理をするなどの金融事故があると、その情報は信用情報機関に異動情報として登録され、いわゆるブラック状態となります。

金融機関がローンの審査やクレジットカードの発行審査をする際は、信用情報機関に情報を参照することが義務付けられており、ブラック状態になるとこれらの審査にまず通らなくなります。

信用情報機関の異動情報は、金融事故の程度や種類により1年から10年ほど登録されることになり、期間が経過すると異動情報の登録はなくなり、ブラック状態も解除されます。

信用情報ブラックとは別に、各金融機関は自分の会社の中でもブラックリストを持っており、これは自社ブラックなどと言われます。

自社で長期の返済遅延や任意整理や自己破産などの債務整理があった人は、各金融機関の中の自社ブラックリストに載ることになり、その会社での審査にはまず通らなくなります。

自社ブラックは信用情報ブラックのように、登録期間が決まっているわけではないので、半永久的にブラック状態となり、その会社を利用することができなくなります。


プロミスの自社ブラックの人は審査に影響がある?

プロミス SMBCモビット

プロミスとSMBCモビットの間では、このような自社ブラックの情報が共有されているのでしょうか?

確実なことはわかりませんが、共有されている可能性もあると見るのが良いでしょう。

個人情報保護法があるので、他社にそのまま個人情報を流すとは思えませんが、プロミスで自社ブラックとなっている人がSMBCモビットで借りられたという報告は非常に少なく(当サイトでは聞いたことがありません)、何らかの形でプロミスの自社ブラック情報がSMBCモビットの審査に影響している可能性があります。

そもそも、金融事故を起こしてしまうと、上述した信用情報機関にもブラック登録されてしまうので、一定期間はどこの会社からも借りることがとても難しくなります。

またプロミスの自社ブラックの人がSMBCモビットの審査に落ちた時、何が原因で審査落ちしたかはわからず、プロミスの自社ブラックが影響したのか、信用情報がブラックだったのか、そもそも属性に問題があったのかなど様々な可能性が考えられます。

ですが、同じSMBCグループの会社であることを考えると、プロミスの自社ブラック情報がSMBCモビット審査に影響する可能性はゼロではありません。

ほかにも大手消費者金融がありますので、プロミスで自社ブラックの人が、信用情報ブラックの期間が経過した後にキャッシングを利用しようと思ったら、アコムアイフルなどを利用するのが無難でしょう。

アコムの詳細を見てみる

アイフルの詳細を見てみる


まとめ

プロミス SMBCモビット

プロミスとSMBCモビットの関係や金利、審査の違いなどを比較して見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • プロミスとは同じSMBCグループの会社
  • 金利はプロミスの方が低い
  • プロミスには無利息期間がある

プロミスとはともにSMBCグループの会社の消費者金融です。

ともにSMBCグループということで、三井住友銀行ATMを手数料無料で使えたり、SMBCモビットでプロミスATMを利用することができたりと色々とサービス連携をしています。

プロミスとSMBCモビットを比較すると、審査については最短30分で回答とどちらも早く、審査基準についてもほとんど同じです。
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

金利はプロミスの方が最高金利が低いので、はじめて利用する際には若干プロミスの方が金利を安く借りることができます。

また、プロミスだけの特典として、はじめて利用する際に無利息サービスを受けられるのが大きく、どちらを利用するか悩んでいるならプロミスがおすすめです。

とはいえ、どちらも使いやすいキャッシングとなっていますので、本記事を参考にしていただき、ご自分の状況や希望にあった方を利用していただければと思います。

プロミスの詳細を見てみる

SMBCモビットの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7