生命保険 前借り

急にお金が必要になった時に、給料や年金、退職金など、自分の資産から前借りをして急場をしのぐ人も多いと思いますが、生命保険に加入している人は将来の保険料を前借りして現金を手に入れることができます。

正確には前借りとは少し違うのですが、実質的には積み立てた生命保険料から前借りできるような制度ですので、生命保険を使って前借りする方法を見ていきたいと思います。

生命保険の契約者貸付制度

  • 積み立てた保険料を元にお金を借りる
  • 借りたお金には金利がかかる
  • 積立型の保険のみ利用できる

積み立てた保険料を元にお金を借りる

生命保険 前借り

生命保険には「契約者貸付制度」というしくみがあり、生命保険の解約返戻金の範囲内でお金を借りることができます。

生命保険を解約する必要がないので、一時的に現金が不足した時にうまく活用することで、生命保険を解約せずに現金を手に入れることができます。

借りられる金額は保険会社や商品によって異なりますが、解約返戻金の70%から90%の金額を借りられることが一般的です。

仮に200万円の解約返戻金がある保険に加入している人であれば、140万円から180円くらいのお金を借りることができるということになります。

生命保険 前借り

解約返戻金とは、生命保険を解約した時に戻ってくるお金のことです。

一般的にはこれまで支払った保険料のうち、保険会社の経費への支払や掛け捨ての保障に充てられた部分を除いた「積立」に充てられた保険料が解約返戻金の額になります。
(支払った保険料の総額より安くなることが多い)

長期で保険に加入している人であれば、解約返戻金は結構な金額になっていることも多いので、保険に加入している人は確認したいですね。


借りたお金には金利がかかる

生命保険 前借り

借りたお金には金利がかかって利息を払わないといけません。

契約者貸付の金利は、予定利率の1%から3%を上乗せした利率が年率でかかります。

最近では予定利率は1%から3%くらいとかなり低いので、3%上乗せしてもカードローンなどの金利よりはずっと低いことがわかります。

また、契約者貸付を利用している間も保険契約は変わりなく続くことになるので、万が一の時の保障を受けることができ、配当金を受け取ることもできます。


契約者貸付を利用できる保険

生命保険 前借り

契約者貸付を利用できる保険は、保険会社ごとに決まっていますが、基本的には解約返戻金が発生する積立型の保険で利用可能です。

積立型の保険は、貯蓄性のある保険とも言われます。

上述した通り、契約者貸付は解約返戻金(積み立てた保険料)をもとに貸付をすることになるので、掛け捨ての生命保険などでは利用することができず、積立型の保険でないと利用することができません。

具体的には以下のような保険です。

  • 個人年金保険
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険

掛け捨ての生命保険や医療保険などは積立がされていないので、貸付を受けることができないんですね。

ただ、実際に自分が加入している保険が契約者貸付制度を利用できるかは、加入している保険会社に確認する必要があります。


契約者貸付制度を利用する方法、流れ

契約者貸付制度の借入方法

生命保険 前借り

契約者貸付制度を利用するには、保険会社ごとに決まった書類等を提出して手続きする必要があります。インターネットで手続きが完結する保険会社もあります。

書類を提出して手続きする場合は書類提出から1週間程度、インターネットで手続きする場合は最短当日に振込でお金を借りることができる会社もあります。

一般的には振込によって借入希望額を貸してもらうことになりますが、保険会社によってはカードを発行してくれて、自社ATMやCDから自由に現金を引き出すことができることもあります。

平日であれば即日融資を受けることもでき、キャッシングなみに早く現金を入手することができます。

契約者貸付制度は、すでに積み立てている保険料が原資となるものですので、保険会社としても返済不能になるリスクがほぼないため、審査をせずにスピーディにお金を借りることができるんですね。


契約者貸付制度の返済方法

返済は振込、ATM返済、窓口での返済があり、借入残高の一部または全部を返済します。

キャッシングなどであれば、毎月いくらという決まった金額を返済するのが一般的ですが、保険の契約者貸付の場合は保険の満期までであればいつ返済しても良いということになっています。

毎月の返済を気にしなくても良いというのは嬉しいですね。

ただし、当然ながら借りている間は借入残高に応じて利息が発生しています。

返済が遅くなるということは、その分利息が発生するということになりますので、特に借入金額が大きい人は早めに返済することを心がけたいですね。

基本的な利息の計算方法はキャッシングと同じですので、利息の計算方法が知りたい人はこちらの記事も参考にしていただければと思います。


生命保険を前借りする際の注意点

  • 保険の種類によっては利用できないものもある
  • 利息を支払う必要がある
  • 契約後間もないと借りられる額が少ない

審査なし、低金利ですぐにお金を借りることができる契約者貸付制度ですが、いくつか注意点もあります。


保険の種類によっては利用できないものもある

生命保険 前借り

まずは保険の種類によっては利用できない商品もあるということです。

上述した通り、契約者貸付制度は解約返戻金をもとに貸付が行われるため、解約時に解約返戻金の発生しない「掛け捨て」の保険では利用することができません。

また、保険会社によっては積立型の保険であっても、契約者貸付ができないケースもありますので、自分が加入している保険が貸付の対象となるか確認する必要があります。


利息を支払う必要がある

生命保険 前借り

お金を借りることになる以上、利息が発生する点にも注意が必要です。

キャッシングやカードローンと比べて金利が低いとはいえ、借りる際の金利は3%から6%程度となります。

100万円を1年借りていると、3万円から6万円の利息を支払う必要がありますので、負担は軽くありません。

契約者貸付制度は保険の満期までに返済すれば良いので、ついつい返済が遅れがちになるのも特徴的で、返済が進まずに借入残高が膨らみ、完済した時にはキャッシングを利用するより多く利息を払っていたなんてことにもなりかねません。

それなりの利息が発生しているという意識を持ち、早めに返済を進めていくことが重要になります。


契約後間もないと借りられる額が少ない

生命保険 前借り

また、契約後間もない人だと借りられる金額が少ない点も注意が必要です。

契約者貸付制度は解約返戻金の70%から90%程度が借入可能額となっていますが、逆に言うと解約返戻金が少ないと借入可能額も自動的に少なくなります。

契約から短い場合は、保険料の積立が不十分で解約返戻金もごくわずかというケースがあります。

また契約から一定期間は解約返戻金がゼロという商品もありますので、契約から数年と短い人の場合は契約者貸付制度が利用できない場合もある点は注意しないといけません。

生命保険 前借り

契約者貸付制度が利用できない人は、大手カードローンやキャッシングを利用するのが、一番手っ取り早くお金を借りる方法です。

大手のカードローンであれば即日融資が可能ですし、はじめての利用でも30万円くらいを借りれるケースが多くなっています。

金利が気になるところですが、プロミスアコムでははじめての利用者に対して、最大30日間の無利息サービスを実施していますので、30日以内にすべて返済すれば利息を払わずにお金を借りることもあります。(無利息サービスを受けるには各社ごとに一定の条件があります。)

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

無利息期間のあるキャッシングを見る

うまく利用することで、大きな利息負担なく現金を手に入れることができますので、契約者貸付制度が利用できない人は検討してみると良いと思います。


まとめ

生命保険 前借り

生命保険を前借りする方法として契約者貸付制度の特徴や注意点を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 解約返戻金の範囲内でお金を借りることができる
  • 無審査、低金利でお金を借りることができる
  • 掛け捨ての保険だと利用できない

生命保険には「契約者貸付制度」があり、解約返戻金の範囲内で実質的に将来もらえる保険金を前借りすることができます。

解約返戻金(すでに支払った保険料の一部)を原資としているため、無審査低金利でお金を借りることができるので、対象の保険に加入している人であれば、現金が必要な時にはカードローンよりも先に契約者貸付制度を利用した方がお得です。

契約者貸付制度は解約返戻金が発生する積立型の保険に加入している人しか利用できませんので、掛け捨ての生命保険や医療保険に加入している人は利用できません。

また解約返戻金が少ない、加入直後の人も実質的には利用することができませんので、契約者貸付制度が利用できない人はカードローンなど別の方法でお金を工面する方法を検討する必要があります。

大手カードローンでも、プロミスアコムアイフルといった会社であれば、はじめての利用者が一定の条件を満たすことで、最大30日間の無利息サービスがあるので、利息を払わずにお金を借りることもでき、工夫しだいでは契約者貸付よりお得にお金を借りることもできます。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

アイフルの詳細を見てみる

無利息期間のあるキャッシングを見る


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7