給料 前借り 方法

急な出費や給料日前にどうしてもお金がなくなってしまった時、働いている会社から給料の前借りをしたいと考える人も多いと思います。

会社によっては給料の前払いが簡単にできるシステムを用意していたり、利用しやすくなっている場合もあり、給料の前払いでお金のピンチを乗り切ることができます。

給料の前借りをするにはどうしたらよいのか、前借りする方法や前借りする際の注意点などを見ていきたいと思います。

給料を前借りすることはできる?

給料の前借りをできるかどうかは会社の対応次第という面はありますが、法律上は会社は給料の前借りに応じないといけないこともあります。

急な事故病気で入院が必要になるケースや、高額な治療費が必要となった場合、地震津波などの自然災害が原因でお金が必要になった場合です。

このようなケースでは、労働基準法第25条の中で企業は従業員の給料の前借りに応じないといけないことになっています。

また、それ以外の場合にも会社で給料を前借りするシステムを用意していたり、借りやすくしている企業もあります。

中小企業などでは前借り制度自体はないものの、社長や経理の人に相談するなどして、申し出ると給与の前借りに応じてくれるケースもあります。

ですので、単純に浪費が原因でお金が足りないケースでも会社の裁量で給料を前借りすることが可能になっています。


給料を前借りする方法

上述した通り、会社によっては給与の前借りをオンラインで受け付けて、お金を貸してくれる会社もありますが、そのような会社はごく一部です。

多くの会社では給料の前借りの制度は整っていないことが多く、従業員が申し出ることで会社が応じるというケースが多いです。

そのようなケースでは、申請の書類は金銭借用書などを用いて、借りた金額や返済期限、返済方法を記載しておきます。

前借り分は給料から天引きして返済する(相殺する)ことが禁じられていますので、返済は給料を一度受け取ってから借入分を返済します。

中小企業の場合は結構な手間になりますので、数万円の借入であれば別の方法で借入することを検討しても良いと思います。


給料を前借りする時の注意点

給料 前借り 方法

  • 職場での信用度が落ちる恐れがある
  • 手数料が高い

会社に給料を前借りする場合、注意点もあります。


職場での信用度が落ちる

まず、会社で給料を前借りすると、会社内で給料の前借りしたいことがバレて、職場での信用度が落ちる恐れがあります。

日本ではお金に困っていると「お金にだらしない」「借金を申し出てくるかもしれない」など噂が立って、社会的信用が一気に落ちます。

会社勤めをしている会社員であれば、なおさら給料内で生活ができず、ギャンブルや女性にはまっているのではないかなどあらぬ噂も立つ可能性があります。

職場の人間関係を考えると、お金に困っていることは極力会社にバレない方が良く、内密にお金を借りる必要があります。

ですが、小さな会社であれば社長や経理、総務の人などに給料の前借りを申し出ることになりますので、まず間違いなく会社にはバレます。

ある程度大きな会社でも総務の人などは前借りの状況を把握できるようになっていたりするので、どこで自分に関係のある人にバレるかはわかりません。


手数料が高い

きちんとシステムを用意していたり、情報管理のしっかりした会社であれば問題ないですが、お金の問題は職場の人間関係に直結しますので、会社にバレないよう注意する必要があります。

また、前借りのシステムがある会社などでは、手数料が高すぎる点にも注意が必要です。

よくある前借りのシステムとして、「前借りする額の5%」とか「一律1,000円」などと手数料が決まっています。

仮に前借りする額の5%とすると、5万円の給料を前借りしたら2,500円、10万円の給料を前借りしたら5,000円の手数料が必要となります。

消費者金融からお金を借りる場合の金利は18%から20%程度が相場ですので、5%と聞くとそれよりは安いかなと感じますが、カードローンなどの金利は年利ですので、1年借りないと18%なり20%の金利を支払う必要はなく、1ヶ月借りるだけなら利息はかなり安くなります。

仮にプロミスに10万円を年利17.8%で借りて、1ヶ月後に全額返済すると、返済金額は101,463円となり支払う利息は1,463円です。

借入金額の割合でいうと1.463%となり、短期で返済すると給与の前借りよりもカードローンを利用した方が費用(利息)は安くなります。

さらにプロミスやアコムでは、初回利用時に条件を満たすと30日間無利息となる特典もあるので、これらの会社をまだ利用したことがない人はカードローンを利用した方がお得になります。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

無利息期間のあるキャッシングを見る

給料の前借りは手数料が消費者金融で借りる以上に高くなることがありますので、どこで借りるのがお得なのか支払う手数料や利息などの面から比較する必要があります。


給料を前借りする以外の方法

  • 知り合いに借りる
  • カードローンで借りる

給料を会社から前借りする以外にお金を準備する方法として、知り合いから借りるか、カードローンで借りる方法もあります。


知り合いに借りる

上述した通り、会社から給料の前借りをするのは、会社へ自分がお金に困っていると申告することになりますので、会社内(バイト内)で「○○さんはお金に困っている」という評判が立つ可能性があります。

また、給料の前借り制度やシステムが整っている会社では、逆に手数料が高くなりますので、知り合いや親に無金利で借りるかカードローンを利用して借りる方がお得です。

借りられる知り合いがいて、特に問題がなければよいですが、仲の良い友人であってもお金の貸し借りが発生すると、関係が壊れる可能性もありますので、その点には十分注意する必要があります。


カードローンで借りる

カードローンは、プロミスやアコムなど大手消費者金融であれば金利は高いですが、即日融資を受けることもでき、すぐにお金を用立てることができます。

金利は年利18%くらいとなっていて、長期で借りたり多くのお金を借りると利息をたくさん払う必要が出てきて、返済が苦しくなりますので、利用は計画的に行う必要があります。

プロミスアコムアイフルなど一部のカードローンでは、一定条件を満たすとはじめて利用する際に30日間無利息となるなどの特典があります。

30日以内にすべて返済すれば利息や手数料を一切払わずにお金を借りることもできますので、給与の前借りで多くの手数料を払っている人はカードローンの初回利用特典などを活用することで、お得にお金を借りることができます。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

無利息期間のあるキャッシングを見る


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7