プロミス アコム

大手消費者金融でお金を借りようと考えている人だと、プロミスかアコムどちらで借りるか悩む人が多いと思います。

どちらも大手消費者金融で審査スピードや充実したサービスに定評がありますが、2社にはどのような違いがあってどちらで借りた方が良いのか、アコムとプロミスの違いを見ていきたいと思います。

プロミスとアコムの金利、限度額の違い

プロミス アコム

■プロミスとアコムのキャッシング金利

消費者金融 金利 限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 3.0~18.0% 800万円


まずはキャッシングの金利限度額を見ていきます。

プロミスの金利は4.5%-17.8%、限度額上限は500万円となっています。

アコムの金利は4.7%-18.0%、限度額上限は500万円となっています。

商品的なスペックはほぼ互角といえ、上限金利が若干プロミスが低くなっています。

金利については、各社下限と上限が記載されていますが、はじめて利用する際にはほとんどの人が上限金利での借入となりますので、上限金利を見て決める必要があります。

プロミス アコム

限度額の上限は両社500万円となっていますが、こちらもはじめて利用する時には上限で借りられることはなく、初回利用時は30万円くらいの人がほとんどだと思います。

上限金利は0.2%プロミスの方が低くなっていますので、プロミスの方が借りやすくなっているといえますが、0.2%の金利は10万円借りると200円です。

年間で利息に200円違いが出るということで月にすると20円弱です。

誤差のような差でもあるので、金利は若干プロミスが有利と理解して他の項目も比較する必要があります。

プロミスの詳細を見てみる

アコムの詳細を見てみる


プロミスとアコムの審査スピードの比較

プロミス アコム

次に審査スピードを見ていきます。

プロミスとアコムはともに審査スピードの早さに定評のある会社です。

公式サイトを見ると、ともに最短30分で審査回答、最短1時間で融資可能となっています。

もちろん、あくまで「最短」ですので、混雑状況やその人の属性によって審査時間は変わってきます。

私は自営業なので、審査に時間がかかると思っていましたが、プロミスは2時間、アコムは1.5時間くらいで審査の回答が来ました。

特に繁忙期でもない平日の午前中に申込をしたので、空いていたのかもしれませんが、比較的審査に時間がかかると思われる自営業でも2時間程度で審査回答が来たのは意外でした。

審査は実際に受けてみないとどれくらいかかるかは何とも言えないところですし、公表している時間も同じなのでどちらが早いとも言えませんが、いずれにせよ業界でも審査スピードには定評がありますので、急いでお金を借りたい人はプロミスかアコムを選んでおけば間違いないでしょう。

プロミスの詳細を見てみる

アコムの詳細を見てみる


プロミスとアコムの審査通過率の違い

プロミス アコム

なお、プロミスやアコムなど大手消費者金融は上場しているからか、審査の通過率などのデータを公表しています。

アコムでは新規貸付率、プロミスでは成約率という項目でデータを開示していて、それぞれ申込者に対する成約(契約)者の割合ですので、審査を通過した人の割合と考えて良いと思います。

それぞれの2016年の審査通過率は、プロミスが43.5%、アコムが47.9%となっています。

審査通過率を見るとアコムの方がプロミスよりも高くなっています。


審査通過率はあくまで参考

この審査通過率は、会社全体の割合となっていますので、審査が厳しいとか甘いというよりも、どのようなお客さんが申し込んだかという方が影響が大きくなっており、アコムの方が審査通過率が高いから審査に通りやすいというわけではありません。

あくまでデータの一つとしての参考とする必要があります。

それでも、全体で見ると半数近い人が審査に通過しています。

大手消費者金融の審査は厳しく見られますので、心配な人もいると多いと思いますが、自分が審査に通るか通らないかは申し込んでみるしかありません。

不安な人は、プロミス、アコムともに簡易診断を提供していますので、先に簡易診断をしてみて、融資可能と出たら申込をしてみると良いと思います。

簡易診断もあくまで仮審査ですが、この時点で診断結果が融資不可となる人はまず審査に通りませんので、自分が審査の土台に乗るか調べるには良いと思います。


プロミスとアコムの返済方法を比較

プロミス アコム

お金を借りた後は必ず返済する必要がありますが、返済方法もプロミスとアコムで微妙に異なるため見ていきましょう。

プロミスとアコムはどちらも大手消費者金融だけあって、プロミスもアコムも柔軟な返済が可能になっています。

アコムに35日ごと返済があるのが特徴的なので、少しでも返済サイクルを長くしたいという人はアコムを選ぶと良いかもしれません。

毎月○日に返済」という返済期日についてはアコムが任意の好きな日を選択することができ、プロミスは5日、15日、25日、末日から選択することができます。

アコムの方が柔軟といえますが、給料日直後を返済日とすることなどはプロミスでも十分できますので、特にどちらが有利ということはありません。

毎月決まった日に返したいという人は「毎月○日に返済」する方法で返済していくと良いでしょう。

プロミス アコム

また返済方法については、プロミスとアコムはそれぞれ以下のようになっています。

■プロミスとアコムの返済方法

返済方法 プロミス アコム
インターネット返済
口座振替
ATM返済
コンビニ返済 ×
銀行振込
店頭返済


おすすめはインターネット返済で、24時間いつでも好きな時に返済をすることができます。

インターネットから返済することができるので、自宅やスマホから返済できるのも便利です。

メガバンクのオンラインバンキングやネット銀行の口座が必要になりますが、返済は毎月のことですので、プロミスとアコムどちらを利用するにしても持っておくと便利です。

口座振替も一度手続きをすれば毎月決まった日に自動的に引き落としされるので、手間がなく便利な返済方法です。

ATM返済はコンビニATMなどから返済できて便利ですが、自社ATMを除く提携ATMからの返済だと、どちらもATM利用手数料がかかります。

手数料は110円から220円とそれほど高額ではありませんが、積もり積もると結構な金額となりますので、無料でできる返済方法で返済していくのがおすすめです。


プロミスはコンビニ返済で手数料無料で返済可能

プロミス アコム

プロミスにだけある返済方法にコンビニ返済があります。

コンビニ返済とは、マルチメディア機から返済する方法で、LoppiやFamiポートで手続きをして払込票を発行してレジで支払います。

返済にかかる手数料は無料なので、コンビニATMで返済するよりもお得です。

コンビニ返済が可能なのは、ローソンファミリーマートミニストップです。

コンビニ最大手のセブンイレブンが対応していないのは残念ですが、コンビニで手数料無料の返済ができるのは魅力ですね。

コンビニで手数料無料で返済することができるのはプロミスですので、近くのコンビニから返済したい人はプロミスが便利でお得です。

返済方法や返済日については、こういうルールということで、「絶対にどちらが有利」ということもありませんが、自分の好みにあう返済方法がある会社を選びたいです。


プロミスとアコムの無利息期間の違い

プロミス アコム

プロミスとアコムはそれぞれはじめての利用者限定で最大30日間の無利息期間があります。

プロミスとアコムの無利息サービスは、微妙にサービス内容が異なります。

プロミスでははじめての契約時、申込の際にメールアドレスの登録とWEB明細の利用とすると、初回借入日から30日間無利息のサービスを受けることができます。

アコムははじめての契約時、契約日から30日間の無利息期間があります。

両社の違いは、プロミスは「借入日」から30日間無利息になり、アコムは「契約日」から30日間無利息となる点です。

プロミス アコム

契約日に借入をした場合は、どちらも30日間の無利息を適用してもらえますが、仮に契約から10日後に借入をした場合、プロミスでは30日間の無利息サービスを受けることができますが、アコムで受けられる無利息期間は20日となります。(契約日から10日経過しているため)

契約後、すぐ借りる場合はどちらの会社でも良いですが、アコムを利用する場合は無利息期間が最長になるように契約日と借入日を同じにしたいです。

逆に言うと、すぐに借りるという時にはアコムを利用して、いざという時のためにまずは契約をしておきたいという人の場合はプロミスの方がおすすめです。


プロミスとアコムの即日融資の方法

プロミス アコム

プロミスとアコムはどちらも即日融資に対応しています。

また、平日昼間だけでなく、土日や平日夜間でも即日融資を受けることが可能なので、非常に使い勝手が良くなっています。

インターネット申込は24時間受け付けていますし、審査は平日土日ともに9時から21時まで受け付けています。

自動契約機は21時まで営業(契約機により異なる)している店舗が多いので、インターネット申込をしておいて21時前までに審査完了すれば21時までに自動契約機に行ってカード発行して即日融資を受けることができます。

プロミス アコム

また、ともに24時間のインターネット振込に対応しているため、プロミスは三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした全国約200の金融機関、アコムは楽天銀行を持っていると、土日でも24時間いつでも瞬時に振込キャッシングを受けることができます。

振込をしてもらったら、後は銀行のキャッシュカードで現金を引き出せば良いだけですので、銀行の営業時間外でも振込キャッシングで現金を引き出すことができます。

カードなしでも即日融資することができるので、非常に便利ですね。

どちらも甲乙つけがたく非常に便利なので、即日融資を受けたい人にとっては、プロミスもアコムもどちらもおすすめです。(別の要素をチェックしてどちらから借りるか決めたほうが良いです。)


まとめ

プロミス アコム

プロミスとアコムの違いやサービス内容の比較を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 金利は若干プロミスの方が低い
  • アコムは返済期日を35日ごとにすることができる
  • 無利息期間はプロミスが「借入日」から、アコムは「契約日」から30日

キャッシングでお金を借りる際に、大手のプロミスとアコムどちらから借りればよいか悩む人も多いと思います。

プロミスとアコムはどちらも大手の消費者金融でサービスレベルは非常に高く甲乙つけがたいです。

正直どちらで借りても良いと思いますが、金利については上限金利がプロミスの方が若干(年利0.2%)低くなっています。

10万円借りた時には毎月20円弱の利息の差です。

返済方法はプロミスがローソンやファミマで手数料無料で返済することができ、アコムは35日ごとの返済期日(通常は毎月返済)を選択することができるという特徴があります。

プロミス アコム

また、どちらの会社でもはじめての契約時には最大30日間の無利息期間があります。(プロミスはメールアドレス登録、WEB明細利用が必要)

30日間の考え方がプロミスは「借入日」から計算するのに対して、アコムでは「契約日」から計算することになります。契約後すぐにお金を借りない人はプロミスの方が無利息期間が長くなることになります。

ただ、多くの人はすぐ借りたい人だと思いますので、契約後すぐに借入する人は実質的にはほとんど差がないといえるでしょう。

プロミス アコム

このように、プロミスとアコムはどちらも高いサービスレベルとなっていて業界最高峰に充実したサービスです。

お互いも研究しあっているからか、サービスには微妙な差しかありません。致命的な差はないといえますので、本ページで紹介した微妙な差を見て、自分が利用したいと思う会社を選ぶと良いと思います。

プロミスとアコムは両方申し込むこともできますので、迷ったり審査に通るか不安な人は両方に申込をして、審査に通った方または両社からお金を借りるのが良いでしょう。

プロミスの詳細を見てみる

アコムの詳細を見てみる

なお、両社の審査が通った場合に1社からお金を借りるなら、無利息期間が契約日から30日間となるアコムから借りるのがおすすめです。(プロミスは「借入日」から30日間無利息なので後からでも無利息になる)


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7