プロミス 金利

お金を借りる時に気になるのはやはり金利だと思います。

プロミスのキャッシングを利用している人は、プロミスの金利がどれくらいになるのか、金利を安くするにはどうしたらよいか気になる人が多いと思います。

そこでプロミスの金利や適用金利の決まり方、金利を安くする方法をまとめて紹介したいと思います。

プロミスの借入金利

プロミスの借入金利

プロミス 金利

■プロミスのキャッシング金利

消費者金融 実質年率 限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円


プロミスの実質年率は、4.5%17.8%となっています。

また利用限度額の最高額は500万円です。

金利4.5%で500万円も借りられるのはすごいと感じますが、はじめてプロミスのキャッシングを利用する人はほぼ上限金利での借入となります。

また利用限度額も50万円以下となることが多くなっています。

プロミスは銀行系グループ傘下ということで安心感がありますし、最高利用限度額も十分多いので人気のキャッシングです。


大手消費者金融の借入金利

プロミス 金利

プロミス以外のアコム、アイフル、SMBCモビット、ノーローンなど大手消費者金融のキャッシング金利は以下のようになっています。

■大手消費者金融のキャッシング金利

消費者金融 金利 限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 3.0~18.0% 800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
ノーローン 4.9~18.0% 300万円


大手消費者金融の借入金利の上限は、おおよそ18%で同じになっています。

プロミスの上限金利は17.8%ですので、若干金利が低くなっています。

はじめてキャッシングを利用する際は上限金利で借入することがほとんどですので、上限金利が少しでも低いのは嬉しいですね。

プロミス 金利

借入金額が増えて、返済期間が長くなるほど0.1%でも金利の差が大きな負担の違いになります。

金利重視の人であれば銀行系カードローンという選択肢もありますが、大手消費者金融で借りるならプロミスで借りるのが良いですね。

なお、下限の金利はアコムとSMBCモビットが最も低くなっていますが、SMBCモビットは下限金利で借りるのは難しいです。


プロミスの遅延利率

プロミス 金利

■プロミスの遅延利率

項目 内容
遅延利率 20.0%(実質年率)


なお、キャッシングでは返済が遅れると、遅延損害金を通常の金利に上乗せして返済する必要があります。

遅延利率は20%(実質年率)となっています。

10万円を10日間遅延すると、約547円の遅延損害金を支払う必要があります。

金額として大きくないように見えますが、通常の利息に上乗せして支払う必要があるので結構な負担になります。

また何よりキャッシング返済を遅延すると、プロミスとの信頼関係が崩れ、様々なデメリットがあるので返済遅延は絶対に避けないといけません。


プロミスの金利推移

プロミス 金利

現在のプロミスの実質年率は4.5%~17.8%となっていますが、上限金利の金利推移を見ると、以下のように推移しています。

1985年:39.5%
1987年:36.5%
1988年:32.0%
1995年:25.55%
2010年:20.0%
2017年:17.8%

30年前の金利が39.5%ですので、現在の2倍以上の金利となっています。

以前は利息制限法と出資法という2つの法律で上限金利が異なり、俗に言うグレーゾーン金利の範囲で金利が設定されていましたが、2010年に貸金業法や出資法が改正されたことに伴いグレーゾーン金利が撤廃されました。

それにより2010年に20%となり、さらに現在の17.8%という金利に落ち着いています。

金利は半分くらいになっているので、昔に比べるとずいぶん低い金利で借りられるようになっているといえますね。

消費者金融側から見ると、かなりもうけが減っていることになるので、ここからさらに下がることは考えづらく、今後しばらくは同じ金利水準が続くと考えられます。

ただし、低金利の銀行系カードローンが拡大していますので、大手消費者金融も追随して15%程度の上限金利となる可能性はあります。


プロミスで50万円借りた時の金利

プロミス 金利
私はプロミスではじめて契約した時の限度額は30万円でした。その際の金利は上限の17.8%でした。

その後、増額して限度額50万円になりましたが、金利は上限金利の17.8%のままでした。

銀行系カードローンでは、利用限度額に応じて金利が設定されていて、利用限度額が高くなるほど金利は低くなります。

プロミスでは利用限度額と金利は別々に決定されるため、利用限度額が100万円だから金利が○%ということはありません。

はじめてプロミスと契約する時には、上限金利での契約がほとんどで、50万円くらいなら金利は上限金利の人がほとんどでしょう。


プロミスの金利を下げる方法

プロミスから案内があって金利が下がる

プロミス 金利

プロミスでは決まった金利で借りることになりますが、金利はなるべく低い方が良いので、なんとかプロミスの金利を下げる方法がないか考える人も多いと思います。

プロミスで金利を下げるには、プロミスから提案がある場合と自分で金利引下げの要望を出すことができます。

プロミスでは、優良な顧客に対しては金利の引き下げの提案をしてくることがあります。

収入が高く借入も定期的に行っているプロミスから見た優良顧客に対しては、さらに利用をしてもらったり他社に流出しないように低い金利を提示しているんですね。

「どういう人に案内があるか」明確な基準は不明で、契約期間を長くして、定期的な借入と返済実績を積んでいくしかありません。

また滞納をすると優良顧客からは一番遠ざかってしまいますので、滞納をしている人はプロミスから金利引下げの案内が来ることはまずないでしょう。


プロミスへ要望して金利を下げる

プロミス 金利

自分で金利を下げるようようにプロミスへ要望することもできます。

プロミスの会員サイトでは、増額申請のようにメニューとして金利引下げの要望を出すことはできませんが、お問い合わせや要望フォームから要望を出すことができます。

お問い合わせフォームなどからの問い合わせでプロミスが金利を下げてくれる可能性は低いですが、要望を出すのは自由ですので契約期間が一定以上あったり、ある程度定期的に利用している人は要望を出されると良いと思います。

プロミス 金利

最も金利の引き下げが期待できるのは、限度額の増額のタイミングです。

まず、法律上の上限金利は100万円超の利用金額の時には15%となりますので、限度額が100万円を超える場合は自動的に金利が15%に引き下げられます。

また、利用限度額の増額審査をする際には、利用者の借入状況や属性を改めて審査することになり、審査の結果金利が見直される可能性もあります。

申込時よりも年収勤続年数が上がっていたり、安定した雇用形態に変わっていると返済能力が向上したと考えられ、増額しやすくなります。

返済能力が向上することで、優良顧客と考えられ、もっと借りてほしいとプロミスが考えれば金利の引き下げの提案があることもあります。

契約から増額申請までにきちんと利用実績を積んでおくことで、金利の引き下げチャンスが増すことになります。

もちろん滞納はしてないことは絶対条件になります。

返済能力を高めて、きちんとした利用実績を積むことが、地味ながらプロミスの金利を下げるための最良の方法といえます。


プロミスの金利を無料にする方法

プロミス 金利

プロミスの金利を無料にする方法もあります。

プロミスでははじめて利用する人限定で、30日間の無利息期間が適用されて、利息を支払う必要がなくなります。

メールアドレスの登録やWEB明細の利用が必要になりますが、30日間の無利息はかなり大きいので、プロミスの金利を無料にしたい人はぜひ利用しましょう。


ポイントでプロミスの金利を無料にする

プロミス 金利

またプロミスにはポイント制度があり、ポイントを使用することではじめて利用する人以外でも無利息期間をもらうことができます。

プロミスのポイントは、プロミスサービスポイントに申込した時や毎月初回ログイン時、収入証明書の提出などでたまりますので、うまくポイントをためて無利息サービスをゲットしましょう。

たまったポイントに応じて、以下の日数分の無利息期間が適用されます。

  • 250ポイント:7日間
  • 400ポイント:15日間
  • 700ポイント:30日間

また、プロミス以外にも無利息期間が適用されるキャッシングがありますので、無利息でキャッシングをしたい人は無利息期間のあるキャッシングを検討されるのも良いと思います。

無利息期間のあるキャッシングを見る


まとめ

プロミス 金利

プロミスのキャッシング金利について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • プロミスの実質年率は4.5~17.8%
  • 利用実績を積むことで金利を下げることもできる
  • はじめて利用する時は30日間の無利息期間がある
  • (メールアドレスの登録、WEB明細の利用が必要)

プロミスの実質年率は4.517.8%となっており、上限金利は大手消費者金融の中では若干低い設定となっています。

はじめて借りる人は上限金利の17.8%となる人がほとんどですので、上限金利が低めのプロミスは嬉しいですね。

利用実績を積むことで金利を下げることもできるので、プロミスで借りたらきちんと利用実績を積んでさらに金利を下げてお得にお金を借りていきたいですね。

プロミスではメールアドレスの登録、WEB明細の利用をすることで、はじめて利用する人は30日間の無利息期間がありますので、金利を無料で借りたい人は無利息期間のあるプロミスをうまく利用していきましょう。

プロミスの詳細を見てみる

プロミス以外にも無利息期間があるキャッシングは以下で紹介しています。

無利息期間のあるキャッシングを見る


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で最短即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

自動契約機(むじんくん)の営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短30分で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCグループの会社で、自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。
koushiki7