キャッシング イオンカード

主婦に人気のイオンカードもクレジットカードですので、キャッシング枠があればキャッシングでお金を借りることができます。

イオンカードのキャッシングは主婦の人でも使いやすく、キャッシング目的でイオンカードを作る人もいますので、イオンカードのキャッシングの特徴、借入方法、返済方法などをまとめて紹介したいと思います。

イオンカードのキャッシングの特徴

キャッシング イオンカード

  • 総量規制の対象外
  • イオン銀行ATMで手数料無料で利用可能
  • ネットや電話から即時借入

イオンカードのキャッシングは総量規制の対象外

イオンカードのキャッシング最大の特徴は、総量規制の対象外となる点です。

通常、クレジットカードのキャッシングは発行会社のクレジットカード会社が貸金業者となるため、総量規制の対象となり、年収の3分の1を超えるお金を借りることができません。

ですが、イオンカードの発行会社は「イオン銀行」ですので、銀行系カードローンと同じように総量規制の対象外となります。

総量規制の対象になると、大きな金額を借りられなかったり、他社の借入額によっては借りられなくなったり、色々と制約が多くなります。

キャッシング イオンカード

キャッシングをする上で総量規制の対象外になるというのは、それだけで大きなメリットです。

通常、総量規制では年収をベースに借りられるお金の上限が決まりますので、自身に収入のない専業主婦の人などはお金を借りることができません。(配偶者貸付という例外もありますが、実施している消費者金融はほとんどない)

総量規制の対象外となることで、自身に収入がなくてもお金を借りることができます。

イオンカードは主婦の人が多く持つクレジットカードですが、キャッシングを利用する上でも主婦の人に優しいクレジットカードといえますね。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる


イオン銀行ATMで手数料無料で利用可能

キャッシング イオンカード

イオンカードのキャッシングはネットキャッシング(振込)とATMによる借入がありますが、イオン銀行ATMを利用すればATM利用手数料無料でお金を借りることができます。

通常、ATMからキャッシングすると、100円から200円程度のATM手数料がかかり、何度も利用していると結構な費用になりますが、イオン銀行ATMを使えばそのようなことはありません。

少額から気軽にキャッシングすることができますし、ATMから返済しても手数料がかかることはありません。

イオン銀行のATMはイオンやイオンモール、マックスバリュー、ミニストップなど全国5,700台以上が設置されています。

近くにイオン銀行のATMがある人は、便利に利用することができます。


ネットや電話から即時借入

キャッシング イオンカード

ATMからの借入でなく、振込でのキャッシングを依頼したい人は、ネットや電話から依頼することで最短即時に振込をしてくれてすぐにネットキャッシングすることができます。

振込はカードの引き落とし口座に入金され、振込手数料無料で利用することができます。

カードの引き落とし口座がイオン銀行であれば、365日24時間即時にイオン銀行口座へ振込がされます。

ネットから申し込む際には、会員専用ページから希望金額と支払方法を選択するだけで簡単に利用することができます。

ネットキャッシングで即時に振込されるのは便利ですので、イオンカードを利用する際にはぜひイオン銀行口座を引き落とし口座に設定しておきたいですね。


イオンカードのキャッシング金利

キャッシング イオンカード

■イオンカードのキャッシング金利

項目 内容
実質年率 7.8%-18.0%
遅延損害金 20.0%


イオンカードのキャッシング金利は7.8%から18.0%となっており、金利上限は基本的なクレジットカードと同じですが、利用実績を積むことでキャッシング金利が下がっていきます。

イオンゴールドカードを作ることができれば優遇金利が適用される可能性があります。

いずれにせよ、当初は上限金利の18.0%となりますので、一般的なクレジットカードや大手消費者金融などと同じ金利水準となります。

イオン銀行が提供するカードローンとしては、「イオン銀行カードローンBIG」があります。

こちらの金利上限は13.8%となっていますので、低金利のキャッシングを求める人はイオン銀行口座を作って、イオン銀行カードローンBIGを利用するのも良いと思います。

一番お得なイオンカードであるイオンカードセレクトは、イオンカードと電子マネーのWAON、イオン銀行キャッシュカードが一つになったカードなので、イオンカードセレクトを作ることでイオン銀行カードローン、イオンカードのキャッシングを両方利用することができます。


イオンカードのキャッシングの借入方法

  • ATMによる借入
  • ネットキャッシング(振込)

イオンカードのキャッシングの借入方法は、キャッシング枠があればATMによる借入と振込による借入(ネットキャッシング)で簡単にお金を借りることができます。

キャッシング イオンカード

ATMによる借入は、イオン銀行ATMをはじめとして三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行をはじめとしたほぼすべての銀行、イーネットなどのコンビニATMで現金を引き出すことができます。

ビューアルッテ、セゾンカード、エポスカードのCD機などを利用することもできます。

主だったところではセブン銀行ATMが利用できませんので、セブンイレブンでは借入をすることができませんが、その他の銀行やコンビニATM、CDでキャッシングすることができるので、借入できる場所がなく困ることはあまりないといえます。

ATMによるキャッシングでは、画面上のメニューで「イオンカード」「クレジットカード」「キャッシング」などを選択して、希望金額や暗証番号を入力することでお金を借りられるので、預金を引き出すのと同じ感覚で利用することができ、まわりの人にキャッシング利用がバレることもありません。

利用金額は、基本1万円単位となりますが、イオン銀行ATMを使うと1,000円単位でキャッシングすることができます。

ATM利用手数料は利用金額1万円以内で税抜100円、1万円超で税抜200円のATM利用手数料がかかります。

イオン銀行ATMのみ365日24時間、利用手数料が無料でキャッシングができます。

ATMによるキャッシングを利用する際は、なるべくイオン銀行ATMを利用したいですね。

キャッシング イオンカード

振込によるキャッシングはインターネットによる申込と電話による申込があり、申込から最短即時で引き落とし口座へ振込が行われます。

ネットから申し込む場合は、暮らしのマネーサイトの会員専用ページ(MyPage)にログインをして、ログイン後の画面から「ネットキャッシング手続きへ進む」をクリックします。

その後、希望金額、返済方法を入力することで申込完了します。

引き落とし口座がイオン銀行であれば、24時間365日いつ申込をしてもほぼ即時に振込がされます。

即時振込は、急いで口座にお金を入れたい時には本当に助かりますね。

電話の場合も、フリーダイヤルまたはナビダイヤルに電話をして、カード番号、暗証番号を入力して、希望金額と返済方法を選択・入力するだけで完了です。


イオンカードのキャッシング枠を設定する方法

キャッシング イオンカード

イオンカードのキャッシング枠は、クレジットカード申込時またはカード発行後にキャッシング枠を希望することで付与されます。

カード申込時には、キャッシング枠の希望がなく、審査によってイオン銀行の判断でキャッシング枠が付与されます。

イオンカードの申込画面の中で取引を行う目的を入力する欄があります。

ここで「キャッシング」を選択することができますが、キャッシングを選択しても特にキャッシング枠の付与審査に影響はないと思われます。

むしろ、キャッシング目的でカードを作ると申告すると、カード発行審査で不利になる可能性があります。

取引を行う目的については「生活費支払い」を選択しておくのが無難です。

私がイオンカードセレクトを作ったときにも、「生活費支払い」を選択してキャッシング枠が付与されていました。

イオンカードのキャッシング枠はクレジットカードを申し込んで発券されてみないと、いくらのキャッシング枠が付与されるかはわかりませんが、自身に収入のない主婦の人でもキャッシング枠が付与されることがあります。

実際に専業主婦の人でキャッシング枠がついたイオンカードが発行された人も多くいますので、主婦でキャッシングできるクレジットカードを作りたい人におすすめのカードといえます。


イオンカードのキャッシングの返済方法

キャッシング イオンカード

  • 1回払い
  • リボ払い

イオンカードのキャッシングの返済方法には1回払とリボ払いによる返済ができます。

1回払いとリボ払いともに原則イオンカードの利用料金と一緒に引き落としがされ、前月の11日から当月の10日までの利用分が翌月2日に返済額とショッピングの利用金額を合計した金額が引き落としされます。

1回払い(一括返済)の場合には、次の引き落としの時に利用金額と利息を合わせた金額が口座から引き落としされます。

またリボ払いの場合には元利定額残高スライド方式で返済額が決まり、締め日の残高に応じて毎月一定金額を返済します。

■リボ払いの返済金額

元金残高 毎月の最低返済額
~100,000円 3,000円
100,001~20万円 6,000円
200,001~30万円 8,000円
300,001~50万円 15,000円
500,001~70万円 20,000円
700,001~90万円 25,000円
900,001~100万円 30,000円


残高10万円以下の場合には、月の返済額は3,000円になります。

リボ払いの場合には、会員ページから返済額の増額申込もでき、その場合は翌月の返済時に増額したり全額返済することができます。

またATMでも追加返済することができます。

ATMによる返済手数料は、借入のときと同じで、イオン銀行ATMであれば手数料無料で利用することができます。


まとめ

キャッシング イオンカード

イオンカードのキャッシングの特徴や借入、返済方法を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • イオンカードのキャッシングは総量規制の対象外
  • イオン銀行であれば即時振込が可能
  • イオン銀行ATMなら手数料無料で借入・返済

最大の特徴は、発行会社がイオン銀行になるので、総量規制の対象外となり、収入のない主婦の人でもキャッシングが利用できる点です。

多くのクレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上の金額を借りることができません。

イオンカードであれば、総量規制を気にすることなく利用でき、主婦の人でもキャッシング枠が付与された人が多くいます。

また、イオン銀行を引き落とし口座としていれば24時間即時振込でネットキャッシングができたり、イオン銀行ATMなら手数料無料で借入や返済ができるなど、キャッシングを利用する上での利便性も高いです。

イオンカードはクレジットカードの中でも発行審査が厳しくないことでも知られていますので、審査に自信がない人でも申込されてみることをおすすめします。

キャッシング イオンカード

一番お得なイオンカードはイオンカードセレクトです。

イオンカードセレクトはイオンカードと電子マネーのWAON、イオン銀行キャッシュカードが一つになったカードで多くの特典があります。

申込と同時にイオン銀行口座が開設され、引き落とし口座も自動的にイオン銀行になるので、キャッシングを利用する上でも使い勝手がよくなります。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

キャッシング イオンカード

イオン銀行の口座を開くのはちょっと面倒、イオン銀行以外を引き落とし口座としたい人はイオンカード(WAON一体型)がおすすめです。

イオンカードセレクトほどの特典はありませんが、一般的なイオンカードの特典(お客様感謝デー5%割引、イオンシネマ割引、イオンゴールドカードが作れるなど)はありますので、さくっとイオンカードを作ってキャッシングをしたい人にはイオンカード(WAON一体型)がおすすめです。

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7