アコム 手数料

アコムを利用する時に気になるのは、まず金利(利息)ですが、次に気になるのが手数料だと思います。

手数料を多く支払っていると、気づいたら利息に迫るくらいの負担となることもありますし、支払わずにすむならできるだけ手数料はかからない方が良いでしょう。

アコムではあまり手数料がかかる取引は多くありませんが、手数料を無料にすることもできますので、どのような時に手数料がかかるのか、借入や返済時にかかる手数料手数料無料で利用する方法を見ていきたいと思います。

アコムの借入時にかかる手数料

アコム 手数料

  • 振込(ネットキャッシング):手数料無料
  • アコムATM:手数料無料
  • コンビニATM:手数料108円-216円
  • 提携銀行のATM:手数料108円-216円
  • 店頭窓口:手数料無料

まずは借入時にかかる手数料です。

アコムの借入方法は、ネットキャッシング(振込による借入)、ATM借入(アコムATM、提携ATM)、店頭窓口による借入があります。

そのうち手数料がかかるのは一部の提携ATMによる借入です。

ネットキャッシングやアコムATMによる借入、店頭窓口での借入は手数料無料で利用することができます。

提携ATMはセブン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMなど多くの提携ATMを利用することができますが、提携ATMの場合は借入金額に応じて108円から216円の手数料がかかります。

■アコムの借入時にかかるATM手数料

ATM 利用金額
1万円以下 1万円超
アコムATM 無料 無料
提携ATM(借入) 108円 216円


借入時は急にお金が必要な場合も多く、100円や200円なら仕方ないと考える人も多いですが、ATM数の多いアコムATMでは無料で借りられます。

緊急時でも近くに手数料無料のATMがないか確認し、また緊急時以外の場合はなるべく手数料無料で利用できる借入方法を検討するのがおすすめです。


アコムの返済時にかかる手数料

アコム 手数料

  • インターネット返済:手数料無料
  • アコムATM返済:手数料無料
  • 提携ATM返済:手数料108円-216円
  • 店頭窓口:手数料無料
  • 振込返済:振込手数料がかかる
  • 口座振替:手数料無料

次に返済時にかかる手数料です。

返済は毎月のことなので、ある意味借入の時よりも手数料を気にする必要があります。

借入同様、手数料がかかるのは提携ATMによる返済です。

また、振込による返済もありますが、こちらも振込手数料が利用者負担となるため、利用銀行で振込手数料がかかってきます。

その他の返済方法である、インターネット返済アコムATMでの返済、店頭窓口での返済、口座振替(引き落とし)による返済の場合は手数料はかかりません。

提携ATMによる返済は返済金額が1万円以下の場合は108円、1万円超の場合は216円の手数料がかかります。

■アコムの返済時のATM手数料

ATM 利用金額
1万円以下 1万円超
アコムATM 無料 無料
提携ATM(返済) 108円 216円


仮に3年間(36か月)の返済期間で毎月1万円を返済していった場合、支払う手数料の合計は3,888円となりそれなりの負担額になります。

チリも積もれば山となるではありませんが、返済は毎月のことなので極力手数料がかかる返済は避け、手数料無料で返済をしていきましょう。


アコムを手数料無料で利用する方法

アコム 手数料

  • 借入時はアコムATMを利用する
  • 返済時は口座振替、インターネット返済を利用する

このようにアコムでは提携ATMを利用して借入、返済をすると手数料がかかってきます。

コンビニATMは身近にあって、ちょっとした買物のついでに利用できるので便利ですが、手数料がかかることを考えるとその他の方法を利用するのが賢いです。

手数料が無料になる方法は上述してきましたが、手間がかかったり時間がかかる方法もあるので、なるべく手間をかけずに手数料無料にする方法を考えてみたいと思います。


借入時はアコムATMを利用する

アコム 手数料

人によっても変わってきますが、借入時はアコムATMを利用するのが便利でしょう。

アコムでははじめて借入をする際は、審査を受けて無人契約機(むじんくん)でカードを発行してもらう必要があります。

無人契約機にはアコムATMが併設されていますので、無人契約機でカード発行後にはアコムATMが目の前にあります。

その場で借入をするのが一番スムーズですし、手数料無料で利用できるのでおすすめです。

アコムでお金を借りる際は、ネット申し込みをして無人契約機でカード発行をし、アコムATMでお金を借りるのが最もスムーズです。

はじめて以外の人は手数料無料でバレずに使えるネットキャッシングが便利ですが、楽天銀行以外は土日や営業時間の制約を受けます。

早めに楽天銀行を作っておくか、急にお金が必要になった際はアコムATMを利用するのが良いでしょう。


返済時は口座振替、インターネット返済を利用する

返済時は口座振替インターネット返済を利用するのが便利です。

口座振替は一度手続きをしてしまえば、後は毎月自動的に返済をしてくれるので、返済の手間がなくなりますし返済忘れもありません。

もちろん手数料も無料なので、最もおすすめです。

またインターネット返済はPay-easy(ペイジー)を利用して、特定の銀行からネット上で即時返済をするサービスで、対応銀行の口座とネット環境があれば手数料無料で自宅や外出先からすぐに返済ができます。

土日祝日も関係なく24時間いつでも利用できるので、口座振替とはまた違った意味でとても便利です。

インターネット返済が可能な銀行は以下となっています。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 地方銀行
  • 信用組合

メガバンクの中ではみずほ銀行が利用できませんが、多くの都市銀行、地方銀行、ネット銀行が利用可能ですので、対応銀行の口座を持っておくとアコムを便利に利用できます。

ネットで即時借入できる楽天銀行がインターネット返済も可能なので、アコムを利用する人は楽天銀行の口座を持っておくと便利ですね。

手数料無料で返済する方法は他にもありますので、自分にあった方法でお得に返済していってください。


アコムの利息を減らす方法、無料にする方法

アコム 手数料

  • 追加入金で利息を節約
  • 30日間無利息サービスを利用する

ここまでアコムの手数料について見てきましたが、「アコムに支払うお金を少なくする」という意味では利息を少なくするのが一番です。


追加入金で利息を節約

アコムに支払う利息を少なくするには、追加入金をして返済を早めることです。

アコムの返済額はあくまで最低返済額なので、自由に追加入金、繰り上げ返済をすることができます。

追加入金をすることで元本の返済スピードを早めることができ、完済までに支払う利息を減らすことができます。

仮に以下の条件で借りて毎月返済をしていった場合、完済までには118,982円の利息を支払うことになります。

  • 借入金額:30万円
  • 金利:18%
  • 毎月の返済額:13,000円

上記のケースで初回返済時に10万円追加入金すると、完済までの利息負担は45,093円まで減らすことができます。

極端な例ではありますが、追加入金をすることで完済までの利息を減らすことができるのは、追加入金時期、金額に関わらず変わりませんので、可能な時にできるだけ追加入金をすることが利息を減額する大きなポイントになります。

追加入金は毎月の返済時に金額を上乗せして多く返済することもできますし、好きなタイミングで返済をすることでも追加入金とされます。

どんどん追加入金をしていって、アコムに支払う利息を少なくしていきましょう。


30日間無利息サービスを利用する

また、条件を満たせばアコムの利息を完全に無料にすることもできます。

アコムでははじめて利用する人を対象に「30日間無利息サービス」があります。

アコムをはじめて利用する人が返済期日を「35日ごと」を選択することによって受けられるサービスで、アコムの契約日翌日から30日間の金利がゼロになり、その間に完済をした場合は利息ゼロでお金をかりることができます。
(契約日当日は元々利息が発生しない)

仮に5月1日に契約をした人であれば、5月31日まで利息が発生しないことになり、この間に完済をすると完全に利息無料で利用することができます。

すでにアコムを利用しえいる人や過去に利用歴がある人には適用されませんが、アコムを利用したことがない人はぜひ活用したいサービスです。

30万円を18%で借りた人場合、30日間で発生する利息は4,500円になりますので、無利息サービスが適用された人は利息分を丸々得することになります。

すぐに完済できて、あくまで一時的にお金が必要な人は無利息サービスを活用して利息なしで借入することもできますね。

対象となる人はアコムの30日間無利息サービスを最大限活用して支払う利息も減らしていきましょう。


まとめ

アコム 手数料

アコムの借入、返済時にかかる手数料や手数料無料で利用する方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 借入時は提携ATMを利用すると手数料が108-216円かかる
  • 返済時は提携ATM、振込返済を利用するとそれぞれ手数料がかかる
  • 借入時はアコムATM、返済時は口座振替やインターネット返済がおすすめ

アコムでは多くの借入、返済方法がありますが、一部の方法では手数料がかかります。

借入時は提携ATMを利用すると手数料がかかり、利用金額が1万円以下で108円、1万円超で216円のATM手数料がかかります。

返済時に手数料がかかるのは提携ATM振込による返済で、提携ATMでは借入と同じ手数料がかかり、振込では振込手数料がかかります。

コンビニATMなどは便利ですが、特に返済は毎月のことなので、極力手数料無料の返済方法で返済していくようにしましょう。

借入時は無人契約機に併設されているアコムATMが便利ですし、返済時は毎回の返済の手間がない口座振替やいつでも即時返済ができるインターネット返済がおすすめです。

人によって便利や手間のない返済方法は異なると思いますが、ぜひ参考にしてお得にアコムを利用してください。

アコムでお金を借りる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7