すかいらーくでバイトやパートとして働いている人は給料の前借りが簡単にできます。

一般的に給料の前借りは難しいものなので、すかいらーくで働いている人にとって前借りできるのは大きなメリットといえます。

すかいらーくで給料の前借りをするにはどうしたらよいのか、前借りできる金額や注意点を見ていきたいと思います。

すかいらーくは給料の前借りができる

すかいらーくで働いている人は気軽に給料の前借りをすることができます。

すかいらーくでは「前給制度」という前借り制度があり、すでに働いた分の給料の一部を給料日前に受け取ることができます。

前給制度は東京都民銀行が提供しているサービスで、東京都民銀行の口座を開設して、前給制度に登録すると利用できるようになります。

登録後に申請をすることで、給料の一部を最短翌営業日に振り込んでもらうことができます。

申請はインターネット経由でできるので、スマホやPCから申込をすることができます。

登録には登録用紙が必要になるため、店長など店舗責任者に問い合わせをする必要がありますが、一度登録をしてしまえば申請はスマホで誰にもバレずに利用することができます。

一般的に給料の前借りというと、お金に困っている人が責任者に頼み込んでしてもらうイメージが強く、あまり良いイメージではありません。

しかし、すかいらーくでは給料の前借りが制度化されていて、前借りの申請については社員や同僚にも知られずに行うことができるので、気軽で簡単に前借りを利用することができます。

また、前給制度はすかいらーくグループ全体で導入していますので、ガストやバーミヤン、ジョナサンで働いている人も利用することができます。

登録方法や前借りできる給料の上限などは、店舗で違う可能性もあるので、店舗責任者に確認してみましょう。


前借りできる給料の金額

前給制度で前借りができる金額は、すでに働いた分の給料で未払いの金額の50%となっています。

仮にすでに働いた分の給料が8万円ある人であれば、給料日を迎える前に4万円までは前借りできることになります。

全額前借りできてしまうと、次の給料日の給料がゼロになってしまうので、半額というのは考えられた金額ですね。

なお、前借りできる給料はあくまで「すでに働いた分の給料」です。

まだ働いていないのに、「今月は頑張るので先に給料を前借りさせてください!」というのは無理です。

企業としてもその人が急に来なくなってしまったら(飛んでしまったら)、貸した分を損することになりますし、法律的にも前借りはあくまですでに働いた分の給料を給料日前に支払うというものです。

働く前に貸して、その後給料なしで働かせると、タダ働きさせているとして労働基準法違反となる可能性もあります。

大きな会社であるすかいらーくグループはもちろん、普通の会社でもまず給料を前払いするということはありませんので理解しておく必要があります。


すかいらーくで給料の前借りをする流れ

具体的に前借りをする流れですが、すかいらーくで給料を前借りするにはまず前給制度に登録が必要となります。

前給制度に登録するのは、申請用紙を提出することで行い、すかいらーくの店舗にありますのでストコンでもらいましょう。

申込用紙には住所や氏名など必要事項を記入して捺印し、店長に渡すか郵送で東京都民銀行へ送ります。

また、前借りをするための口座として東京都民銀行の口座が必要になります。

申込用紙が東京都民銀行へ届いてから、1週間程度で前給制度が利用できるようになります。


前給サイトからの申請方法

前給サイトで申請をするには、まず前給申請サイトにアクセスしてログインします。

前給ログイン画面

■前給ログイン画面
すかいらーく 前借り

ログイン画面では企業コード、利用者コード、パスワードを入力しますので、企業コードや利用者コードがわからない場合には店舗責任者か東京都民銀行へ確認してください。

おそらく店舗に情報があるはずです。

パスワードは初回は給与受取口座の口座番号となっており、初回ログイン後に自分の好きなパスワードを設定します。

■前給メニュー画面
すかいらーく 前借り

ログインをすると前給のメニュー画面が表示されます。

前借りの申請をする場合は「前給利用申込」を選択します。

■前給申込画面
すかいらーく 前借り

前給利用申込画面で前借りしたい金額を入力します。

前借りできる金額も一緒に表示されていますので、前給利用可能額の範囲内で前借りを申請します。

上述した通り、前借りができるのはすでに働いた分の給料の50%が上限となっています。

また、前給を利用するには振込手数料として税別500円がかかります。

申請金額から振込手数料を差し引いて入金するか、申請金額に振込手数料を加えて入金するかを選択できます。

仮に30,000円を前借りする場合、振込手数料を「含む」を選択すると入金額は29,460円となり、「含まない」を選択すると30,000円が振り込まれます。

含まないを選択した場合には振込手数料分が上乗せされ、30,540円を前借りしたことになります。

どちらでも損得に変わりはありませんが、必要な金額が決まっている人は注意しましょう。

■前給申込内容確認画面
すかいらーく 前借り

申込画面で必要事項を入力して次へをクリックすると内容確認画面が表示されます。

問題なければOKをクリックすると前借り申請は完了です。

前借り申請をした日から最短翌営業日に振込がされます。

振込予定日は内容確認画面にも表示されますので、確認しておきましょう。

最短翌営業日に振込がされるので、登録さえしておけば早くお金を受け取ることができます。

すかいらーくで働いている人は、もしもの時のために前給制度の登録を事前にしておきたいですね。


すかいらーくで給料の前借りをする際の注意点

  • 東京都民銀行の口座が必要
  • 手数料が高い

便利なすかいらーくの給料前借り制度ですが、前給制度を利用する上では注意点もあります。


東京都民銀行の口座が必要

まずは東京都民銀行の口座が必要になる点です。

前給制度を利用している人は東京都民銀行の口座を開設して、給料受取口座とする必要があります。

口座開設自体はそれほど面倒ではありませんが、給料振込口座としていると自然とメインの銀行口座として使用することになります。

東京都民銀行は自社のATMはメガバンクよりも圧倒的に少なく、手数料などの面ではネット銀行など便利な銀行には及びません。

自社ATMが少ないことから、口座から出金する時にはATM手数料が必要になることも多く、不経済になることが多いです。

東京都民銀行の店舗やATMが近くにあって利用できる人は良いですが、それ以外の人は別のメイン銀行口座を用意しておく必要があります。


手数料が高い

また、前給で前借りする時には振込手数料が必ずかかるため、結構な負担となります。

振込手数料は税別500円となっており高めです。また上述した通り、東京都民銀行の口座から出金する際にも100円から200円のATM手数料がかかることも多くなるため、前借りをしてから出金するまでに700円程度の手数料がかかることになります。

仮に1万円を前借りしたとして、700円の手数料がかかると前借りする金額の7%が手数料で取られることになり、非常に負担が重くなります。

クレジットカードのキャッシングや大手カードローンを利用すると、金利は18%と高く見えますが翌月に一括で返済をすれば利息は約148円です。

支払う手数料は4分の1程度ですみますので、キャッシングやカードローンを利用する方が経済的にはお得です。

カードローンやキャッシングは「借金をしたくない」と抵抗がある人が多いですが、キャッシングの方がお得になるケースが多いので、特に抵抗がない人は現実的なメリットを優先してカードローンやキャッシングを有効利用してください。

大手カードローンのプロミスやアコムなら、はじめて利用する人には最大30日間の無利息サービスがありますので、うまく利用することで利息を払わずにお金を借りることができます。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

カードローンやキャッシングにどうしても抵抗がある人は多少手数料は高くなりますが、前給制度を利用して給料の前借りを利用するのが良いと思います。


まとめ

すかいらーくで給料の前借りをする方法を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • すかいらーくでは給料を前借りできる
  • 一度登録すると、スマホやPCから簡単に前借りの申請ができる
  • 手数料に要注意

すかいらーくでは「前給制度」という給料の前借り制度を導入しており、すでに働いた分の給料の50%を上限に給料の前借りができます。

前給制度は一度登録すれば、あとは前給のサイトから誰にもバレずに前借りの申請ができ、スマホや自宅のPCから簡単に前借りの申請ができます。

ただし、手数料が高めな点は要注意です。

前借りする金額によっては、キャッシングやカードローンを利用した方がお得になりますので、少しでも手数料を安くしたい人はキャッシングやカードローンを利用するのがおすすめです。

プロミスやアコムなど大手カードローンなら最短即日融資が可能ですし、はじめて利用する人には30日間の無利息サービスがあります。

バイトやパートの人でも利用できますので、急ぎでお金を借りたい人におすすめです。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

無利息期間のあるキャッシングを見る


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7