プロミス 任意整理

プロミスでお金を借りた後に、返済が苦しくなってどうにもならない人は債務整理をして合法的に借金を減らすことができます。

プロミスからの借金を任意整理するメリットや注意点を見ていきたいと思います。

任意整理とは

プロミス 任意整理

任意整理は、債務整理の手続きの種類の1つで、最も多くの人が選択している債務整理の手続きです。

任意整理は裁判所を通さずに、各債権者と交渉をして借金の減額について合意して和解する手続きで、債権者ごとの個別交渉となるため、整理対象を選ぶことができるなど柔軟に整理することができ、債務整理後の生活への影響を少なくすることができます。

また、借入期間が長い人の場合は過払い金が発生していることがあるため、過払い金があると借金の元本を減らせるだけでなく、お金が戻ってくることもあります。


プロミスの借金を任意整理するメリット

  • プロミスは任意整理の交渉がスムーズ
  • 督促をストップできる
  • 将来利息をカットできる
  • 返済期間を伸ばすことができる
  • 家族や勤務先にバレる心配がない

プロミスは任意整理の交渉がスムーズ

プロミス 任意整理

任意整理は各金融機関との交渉となるため、金融機関によっては任意整理の交渉に応じないと決めている会社もあります。

ですが、プロミスなど大手消費者金融は資金力もあり、任意整理に応じてくれる会社です。

多くの債務者と任意整理の交渉もしているため、きちんとした専門家を代理人に立てればスムーズに任意整理の交渉に応じてくれます。

中小の消費者金融やノンバンク系の消費者金融だと、交渉に応じてくれない会社やスムーズに交渉できない会社もありますが、プロミスなら任意整理の交渉も安心です。

とはいえ、素人が自分でプロミスと交渉しようとしても相手にしてもらえませんので、弁護士など専門家へ交渉や手続きを依頼する必要があります。


督促をストップすることができる

また、任意整理の手続きを始めると、すぐに督促を止めることができます。

任意整理の手続きを専門家へ依頼すると、受任通知という通知を各金融期間へ送ることになり、それ以降は取り立ては専門家を通してしないといけないため、債務者本人への取り立てはピタッと止まります。

プロミスは大手の会社で、厳しい取り立てはありませんが、督促に悩まされている人は精神的なプレッシャーは大きいので、取り立てがすぐに止まるのは大きなメリットです。

任意整理の手続きが完了して返済が再開するまでは、プロミスへの返済も止まりますので、手続き開始から完了までの間に返済資金を貯めたり、弁護士費用を準備する期間に充てることができます。


将来利息をカットできる

プロミス 任意整理

任意整理の減額は、将来利息をカットして、元本を3年から5年で返済するようにして合意するのが一般的です。

過払い金がある場合は、さらに元本を減らすことができ、過払い金の金額によっては元本が完全になくなったり、お金が戻ってくることもあります。

消費者金融からお金を借りると、毎月の返済は少額ですが返済金額のほとんどが利息となり、完済までに多くの利息を支払う必要があります。

一方で、毎月の返済額が多いと、月々の負担は当然に増えます。

任意整理をすれば、利息を支払う必要がなくなり、返済期間を伸ばすことで毎月の返済額も少なくすることができます。

返済期間の3年(36回払い)から5年(60回払い)で借金の元本を割って、毎月の返済額を出してみて返済可能であれば任意整理を検討されると良いと思います。

仮に借入金額が100万円であれば、36回払いで約2.7万円、60回払いで約1.6万円が毎月の返済額となります。

プロミス 任意整理

借金をどれくらい減額できそうか知りたい人は、無料・匿名で利用できる借金減額シミュレーションもあります。


家族や勤務先にバレる心配がない

任意整理は友人知人はもちろん、家族や勤務先などにもバレずに内緒で行うことができます。

任意整理は弁護士などに依頼すれば、基本的には債権者とのやり取りは専門家がしてくれますし、裁判所に行く必要ももちろんありません。

必要な書類も少なく、会社に請求して用意する書類もないため、他人にバレる心配はありません。

自宅に郵便が届いたり、電話がかかってくることもないため家族にもバレずに手続きすることができます。


プロミスの借金を任意整理する際の注意点

  • ブラックリストに登録される
  • プロミスを利用することができなくなる

プロミスの借金を任意整理することで、バレずに借金を減らすことができるためメリットは大きいですが、任意整理する際の注意点もあります。


ブラックリストに登録される

プロミス 任意整理

まずはプロミスで任意整理をすると、信用情報機関のブラックリストに登録され、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることができなくなります。

プロミスに限らず、消費者金融や銀行、信販会社などは利用者が任意整理をすると、信用情報機関に異動情報(事故情報)を登録します。

信用情報機関は金融機関が情報共有のために加入している機関で、各社はローンやクレジットカードなどお金を貸す信用取引の審査の際に、信用情報に情報照会をして審査に使用しています。

信用情報機関に異動情報が登録されると、いわゆるブラックリストに登録された状態となり、各社の審査にはまず通らなくなります。

任意整理をすると、一般的に5年から7年ほどはブラック状態が続くため、その間は新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることができなくなります。

自己破産や個人再生など任意整理以外の債務整理の手続きをしても同じですが、債務整理をする上で大きなデメリットと言えますので、この点はよく理解して任意整理に踏み切る必要があります。


プロミスを利用することができなくなる

プロミス 任意整理

また、プロミスで任意整理をすると、信用情報機関のブラック状態が解除されてもプロミスを利用することはできなくなります。

通常、金融機関では利用者が任意整理をすると、信用情報機関への異動情報の登録のほかに社内のブラックリストにも登録をします。

社内のブラックリストは、一定期間で情報が消えるわけではないので、プロミスで任意整理をすると、その後プロミスの審査に通ることはまずありません。

プロミスを利用することができなくても、アコムやアイフルなど大手消費者金融がありますし、その他にもお金を貸してくれるところは多くあります。

プロミスや一緒に任意整理をする金融機関が今後利用できなくなるからと言って、任意整理自体を思いとどまるのは少し違いますが、プロミスで任意整理をしたら今後はプロミスを利用できなくなるという点は理解しておく必要があります。

このような点も含めて、任意整理をすると生活にどのような影響が出るのか、弁護士などの専門家に相談することでわかりますので、借金問題に悩んでいる人はまず相談することが重要になります。


まとめ

プロミス 任意整理

プロミスからの借金を任意整理するメリットや注意点を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 任意整理で借金を合法的に減らせる
  • プロミスは任意整理の交渉に応じてくれる
  • 過払い金があればお金が戻ってくることもある

任意整理をはじめとした債務整理をすることで、借金は合法的に減らすことができます。

中でも任意整理は、整理対象を選択できるなど柔軟に借金を整理することができ、債務整理の手続きの中で最も多くの人が選択している手続きです。

任意整理は各債権者と個別に交渉することになりますが、プロミスは任意整理の交渉にも応じてくれる金融機関ですので、専門家を代理人に立ててプロミスと任意整理の交渉を進めてもらうようにしましょう。

自分で交渉することはほぼ不可能ですので、弁護士などの専門家探しをすることが必須となります。

任意整理は交渉ごととなりますので、借金問題に強く経験やノウハウが豊富な弁護士であれば、スムーズに交渉を進めてくれたり、相場以上の条件を勝ち取ってくれることもあります。

借金問題に強い専門家ほど無料相談を積極的に行っていますので、まずは無料相談をしてみて、信頼できる専門家を見つけてください。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7