プロミス コンビニ

プロミスではコンビニから借入をしたり返済することができます。

身近なコンビニで借入や返済ができると便利な人は多いと思いますので、プロミスでコンビニ借入・返済する方法や可能な時間、手数料などを見ていきたいと思います。

プロミスでコンビニ借入する方法

プロミス コンビニ

プロミスでは、店頭窓口や電話だけでなく、自動契約機やインターネットなど様々な方法で借入をすることができます。

銀行やコンビニATMとも提携していて、提携ATMからコンビニで借入をすることもできます。

急にお金が必要になった時にプロミスの店舗を探すのは大変ですので、コンビニで借入ができるのは非常に便利ですね。

プロミス コンビニ

ATMからコンビニで借入するのはとても簡単で、ATMのメニューから「キャッシング」などを選択して、カードを入れて暗証番号、借入希望額を入力することでお金を引き出すことができます。

ATMによって若干操作方法が異なる場合がありますが、基本的には銀行キャッシュカードで預金を引き出すのと同じ感覚で借入することができます。

コンビニに友人や恋人、家族と一緒に行った時にATMでキャッシングをしてもまずバレることはありません。

コンビニで借入をするにはプロミスカードが必要になりますが、カードさえあれば簡単に借入をすることができます。


プロミスの提携ATM

プロミス コンビニ

  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • イオン銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM

プロミスが提携しているATMは、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、イオン銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMなどが主なものです。

ほかにも地銀など多くのATMと提携しています。

主要なコンビニに設置されているATMは以下の通りですので、主要なコンビニチェーンのATMは利用できます。

セブンイレブンでもローソンでもファミリーマートでも借入ができるので、ほとんどのコンビニでお金を借りることができます。

コンビニATMは一部メンテナンス時間を除いて、基本24時間いつでも借入ができるので、土日や祝日、深夜などに急にお金が必要になった時でも便利に利用することができます。


ATM手数料

プロミス コンビニ

便利なコンビニでの借入ですが、プロミスでは提携ATMを利用するとATM利用手数料がかかるため、借入や返済のたびに110円から220円の手数料がかかる点に注意が必要です。

プロミスでは借入金額に応じて、1万円以下は110円、1万円超の場合は220円の手数料がかかります。

借入の場合は緊急なことも多いので、多少の手数料は気にしてられないことも多いですが、緊急でなければ手数料無料で利用できるプロミスATMか三井住友銀行ATMを利用して借入すると手数料の節約となります。

プロミス コンビニ

また、プロミスではポイントサービスがあり、ポイントがたまるとATM手数料が一定期間無料になったり無利息サービスを受けることができます。

金額的には無利息サービスを受けた方がお得ですが、コンビニATMを利用することが多い人はプロミスポイントを使ってATM手数料を無料にするのも良いと思います。


プロミスでコンビニ返済する方法

プロミス コンビニ

プロミスではコンビニで借入だけでなく返済もすることができます。

プロミスでコンビニ返済する方法には、コンビニATMから返済する方法とマルチメディア端末を利用したコンビニ返済があります。

ATMからの返済は、借入と同じようにATMのメニューからキャッシングを選択して返済をすると、好きな金額を返済することができます。

プロミスでは、返済期日と最低返済額が決まっていますが、期日前の返済もできますし、返済額も最低返済額以上の金額を返済することができます。

コンビニから自分の好きなタイミングで好きな金額を自由に返済できるので便利です。

ただし、提携ATMの利用手数料として、返済金額1万円以下110円、1万円超で220円のATM手数料がかかります。

返済は毎月行うことになるので、一度の手数料は大した金額でなくても、最終的には大きな負担となりますので注意が必要です。

プロミス コンビニ

コンビニからプロミスに返済したい人は、マルチメディア端末を利用したコンビニ返済がおすすめです。

コンビニ返済は手数料無料ですので、コストをかけることなくコンビニから便利に返済することができます。

コンビニ返済ができるのは、ローソンとミニストップにあるLoppiと、ファミリーマートにあるFamiポートです。

残念ながらコンビニ最大手のセブンイレブンではコンビニ返済はできませんが、ローソン、ファミリーマートでコンビニ返済できるので、多くの人が生活圏のコンビニの中で利用できると思います。

コンビニ返済は、マルチメディア端末上でキャッシングの返済を選択して、カードを通して返済額を入力すると支払い票が印刷されるので、それをレジに持っていって返済をする方法で行います。

詳細は別の記事で紹介していますが、マルチメディア端末の案内通りに操作していくだけですので、はじめてでもコンビニに行ってすぐに返済することができます。

身近でよく行くコンビニから返済したいと思う人は多いと思いますので、コンビニで返済するならATMからの返済ではなく、マルチメディア端末を使ったコンビニ返済がお得です。


コンビニ返済できないケース

コンビニ返済は便利ですが、一部利用できない時間があります。

基本的には24時間365日いつでも利用できますが、プロミスまたはロッピーやFamiポートのメンテナンス時間はコンビニ返済を利用することができません。

プロミスのメンテナンス時間は毎週月曜日の0時から7時の間です。また1月1日の元旦は終日営業していません。

ロッピーやFamiポートのメンテナンス時間は店舗によって異なりますが、夜間の短い時間利用できないことがあります。

ロッピーやFamiポートのメンテナンスだったら、コンビニの店員さんにいつメンテナンスが終わるか確認するとすぐにわかります。


まとめ

プロミス コンビニ

プロミスのコンビニ借入や返済について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • コンビニATMで24時間いつでも借入・返済ができる
  • ATM手数料は要注意
  • 返済は「コンビニ返済」で手数料無料で返済可能

プロミスでは借入、返済ともにコンビニで行うことができるので、24時間いつでも利用できてとても便利です。

コンビニからの借入はコンビニATMから行い、返済はコンビニATMまたはマルチメディア端末からのコンビニ返済ができます。

コンビニATMを利用するとATM手数料がかかりますので、返済は手数料無料のコンビニ返済が手数料を安くするポイントです。

コンビニATMからの借入は多くの会社でできますが、手数料無料でコンビニ返済できるのは大手消費者金融でも限られますので、コンビニで気軽に借入や返済したい人はプロミスが便利です。

プロミスの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で最短即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

自動契約機(むじんくん)の営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短30分で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCグループの会社で、自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。
koushiki7