アコム 催告書

アコムから借りたお金を長く滞納していたり、過去に借金をしていた人でアコムから催告書が届くことがあります。

アコムから催告書が届くと、放置していると事態がどんどん悪化していくことになりますし、またすぐアコムに連絡すれば良いわけでもありません。

アコムから催告書が届くのはどのようなケースなのか、またどのように対処していけば良いか見ていきたいと思います。

催告書とは?

アコム 催告書

まず、催告書とはアコムから借りたお金の一括返済を求めるものです。

アコムからお金を借りると、基本的には分割払いで返済をしていくことになります。

ただし、滞納が長くなると、アコムは分割払いを認めずに一括返済を求めるようになります。

これを専門的な言葉で「期限の利益の喪失」と言います。

分割払い(期限の利益)を認めていたけど、滞納が続いているので認めずに一括返済を求める(期限の利益の喪失)ということですね。

期限の利益は借入者がきちんと返済を続けている時にのみ認められるものなので、滞納を続けていると権利を失い一括返済をしないといけなくなります。


アコムから催告書が届くケース

アコム 催告書

アコムでは、多少返済が遅れたくらいでは期限の利益の喪失(催告書の送付)とはなりませんが、滞納が続き督促状などを無視している状況が長く続くと催告書が届きます。

アコムは返済日に返済がないと、電話などで利用者に返済の確認の連絡がいきます。

そこで事情を説明して改めて返済する日を示せば、返済日までは待ってもらえたり、返済金額についても相談に乗ってもらえます。

次の返済日にも返済をしなかったり、そもそも電話連絡を無視していたりすると、自宅や勤務先に電話がいったり自宅に督促状が届いたりします。

それでも返済をしていないと一括返済のお願いとして催告書が届きます。

なお、催告書は自宅に郵送されることになりますが、アコムからの催告書の差出人は「ACサービスセンター」となり、簡単にアコムからの郵送とバレることはありません。


催告書の記載内容

アコム 催告書

催告書には一括返済を求める内容とともに、一括返済がされない場合は法的手続きを取る旨が記載されています。

「法的手続き」と聞くとドキッとする人が多いと思いますが、ここで言う法的手続きとは訴訟を起こして裁判をするということです。

裁判に負けると強制執行となり、財産の差し押さえがされることもあります。

給料や資産などの差し押さえをされることがありますので、生活に大きな影響が出て家族に隠すことも不可能になるでしょう。


アコムからの催告書を無視するとどうなる?

アコム 催告書

上述した通り、アコムからの催告書を無視すると、裁判を起こされることになり、最悪の場合は財産の差し押さえなどを受けることになります。

借りたお金を返さずに無視し続けていることになるため、裁判に勝てることはなくまず負けることになります。

そうなると、借りたお金だけでなく、これまでに発生した利息遅延損害金などをまとめて支払うことになりますので、当初借りたお金の何倍ものお金を支払わないといけません。

また裁判後に強制執行で給与の差し押さえがされると、会社に連絡がいくことになりますので、会社に借金していたことや借金が返せずに差し押さえとなったことがすぐにバレてしまいます。

一般社員に連絡がいくことはありませんが、そのような情報は社内にすぐ広がるものですので、会社内での信頼や人間関係にも大きな影響が出ます。

アコムの催告書を無視しても、状況が良くなることはなく悪くなる一方ですので、早く何かしらの対処を取る必要があります。


アコムから催告書が届いた時の対処方法

アコムより先に専門家へ相談

アコム 催告書

それではアコムから催告書が届いた時にはどのような対処をするのが良いでしょうか。

結論から言うと、アコムより先に弁護士や司法書士など専門家に相談するのがベストです。

まず催告書が届いたらすぐにアコムに連絡してしまいそうになりますが、アコムに連絡をするのは少し待ったほうが良いです。


最終返済から5年以上が経過している場合

最終返済日から5年以上が経過している場合、消滅時効を援用することで文字通り時効となり、借金をすべて返済しなくても良くなります。

アコムに連絡をして話をしてしまうと、借金の存在を認め、返済意思ありとみなされ、時効とすることができなくなります。

また、単純に最終返済から5年以上経過していればすべての人が時効となるわけではなく、時効が中断されることもあるため注意が必要です。

時効の援用には援用手続きも必要となるため、最終返済から5年以上経過している人は専門家に相談するのがおすすめです。


最終返済から5年が経過していない場合

また、最終返済から5年が経過していない場合も、専門家に相談した方が良いケースがほとんどです。

催告書が届くと一括返済を求められることになり、問い合わせをしたり電話で相談しても、返済額の減額などにアコムは一切応じてくれません。

ここまで滞納をしていた人が、利息や遅延損害金も含めた金額を一括返済するのは極めて難しいと思います。
(一括返済が可能な人はできるだけ早く一括返済をしましょう)

日本には法律で認められた合法的に借金を減らす方法があります。

専門家に相談することで、債務整理の可能性やベストな債務整理の方法、アコムとの交渉なども行ってくれますので、まずはどんな選択肢があるのか弁護士や司法書士に相談に行くのが良いでしょう。

債務整理で専門家に相談する方法


まとめ

アコム 催告書

アコムから催告書が届くケースや対処方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 滞納を続けているとアコムから催告書が届く
  • 催告書で一括返済を求められる
  • すぐにアコムに連絡をせず、専門家に相談する

アコムで滞納を続けていると、催告書が届き借金の一括返済を求められます。

一括返済となると、借りたお金(元金)だけでなく、それまでの利息や遅延損害金についてもすべて一括で返済する必要があるため、借りたお金の何倍もの金額を支払うことになります。

時効の手続きや合法的に借金を減らすこともできるので、アコムに連絡する前に専門家に相談をして自分にどんな対処ができるのかを確認するようにしましょう。

借金問題を専門家に相談する


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7