アコム 3秒診断

アコムなど大手カードローンでは、本審査の前に3秒診断で借入可能かどうかをチェックすることができます。

カードローンを利用する上で、審査に通るかが最も気になる点だと思いますので、本申し込み前に事前チェックができるのは嬉しいシステムです。

何をチェックされるのか気になる人もいると思いますので、アコムの3秒診断の入力項目やチェックされていることや診断結果からわかることを見ていきたいと思います。

アコムの3秒診断の入力項目と審査方法

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借入金額

3秒診断はその名の通り、3秒で診断が終わる簡単な仮審査です。

WEB上で匿名で行うことができるので、自分が審査の土台に乗るのか知るのに便利です。

入力する項目は年齢年収他社カードローンでの借入金額の3つのみで、それらを入力することですぐに診断結果が出ます。

アコム 3秒診断

アコムの3秒診断の画面は上記のようになっていますが、非常にシンプルで簡単な画面になっていることがわかります。

項目を入力して、「診断開始」をクリックするとすぐに結果が表示されます。


審査結果は即表示される

アコム 3秒診断

3秒診断の結果、問題なしと判断された場合には上記のような画面が表示され、そのまますぐにネット申し込みをすることができます。

お借入できる可能性が高いです」と表示されますが、チェックは3つの項目のみですので本審査で審査落ちするケースもあります。

3秒診断では年収に対する他社借入状況を見て、総量規制上問題ないかを見ているだけかと思いますが、まずは第一関門クリアという感じですね。

アコムでお金を借りる


年収に対して借入が3分の1以上の人は判断不可となる

ちなみに3秒診断で年収に対して3分の1以上の借入を入力すると、以下の画面が表示されます。

アコム 3秒診断

入力情報では借入可能の判断ができませんでした。」と表示され、融資ができないことは断言していませんがこの状況だとかなり厳しいでしょう。

ただ、年収を額面でなく手取りで入力してしまっていたり、クレジットカードのショッピング枠や住宅ローンなど総量規制の対象外となる借入を含めて入力してしまっている場合もあります。

その場合は正しい金額を入力することで審査に通る可能性がありますので、改めて確認をして3秒診断をもう一度やってみましょう。


年齢が「20歳未満」「70歳以上」はNGとなる

なお、アコムでは申し込みできる年齢が「20歳以上69歳未満」と決まっていますので、条件に外れる年齢を入力した場合も診断NGとなります。

20歳未満の年齢を入力した場合には以下の画面が表示されます。

アコム 3秒診断

70歳以上の年齢を入力した場合には以下の画面が表示されます。

アコム 3秒診断


収入が「ゼロ」の人もNGとなる

また、自身に収入がない専業主婦なども審査に通りませんので、収入をゼロとして入力すると以下の画面が表示され診断NGとなります。

アコム 3秒診断

このように、アコムの3秒診断では収入と借入のバランスや年齢など、ごくごく簡単なチェックしかしていないため、本審査の結果がその通りになるわけではありません。

ただ、逆に言うと3秒診断に通らない人は本審査にまず通らないと言えますので、審査が不安な人は事前にチェックすると良いでしょう。

カードローンの審査に申し込みをした情報は信用情報機関で共有されており、3社以上の申し込みを短期間でしていると、いわゆる「申し込みブラック」の状態となり、まず他の会社での審査に通らなくなります。

そのため、カードローンの本審査への申し込みは慎重に行う必要があります。

アコムの本審査の審査基準などについては、別の記事でもまとめていますので、審査に通るのか気になる人はこちらもチェックしてみてください。


アコムの3秒診断でわかること

アコム 3秒診断

このようにアコムの3秒診断では収入と借入のバランス、また年齢や収入がゼロでないかの確認をしています。

カードローンの審査前のごくごく簡単なチェックという位置づけですので、そこまであてになりません。

ただ、3秒診断に通るということは総量規制の対象にならず、年齢的にもアコムを利用する上で問題ないことがわかります。

カードローンの審査が不安な人は参考程度にチェックされてみると良いでしょう。

アコムでお金を借りる


アコムの3秒診断ではOKだったのに審査落ち(否認)となるケース

  • 希望する限度額に対して収入が不足している
  • 安定収入がない場合
  • 在籍確認ができない場合
  • 信用情報に事故情報が登録されている

収入が不足、安定収入がない

アコム 3秒診断

アコムの3秒診断はあまり当てになりませんので、3秒診断では「お借入できる可能性が高いです」と表示されても審査落ちとなるケースがあります。

希望する限度額に対して収入が不足していたり、安定収入がないと見られた場合には審査落ちすることになります。

貸金業法では、年収の3分の1を超える金額を貸すことを禁止(総量規制)されていますので、収入の3分の1を超える金額を借りることはできません。

また安定した収入がない場合も審査は厳しいです。収入が親からの仕送りや年金だけの人や毎月収入がない人の審査は厳しいといえます。

上記よりは問題になりませんが、勤続年数も見られますので、転職してすぐの場合には審査が厳しくなる可能性があります。


在籍確認ができない場合

アコム 3秒診断

また在籍確認ができない場合も本審査で審査落ちとなります。

3秒診断では実際に職場で働いているか「在籍確認」はされませんので、職場への電話が通じなかったり、在籍していることが確認できないと審査には通りません。

在籍確認は一般的に職場へ電話することで行いますので、電話に自分または同僚の人が出れる状態にしておく必要があります。

退職済みの会社を勤務先として申し込みしたり、実際には在籍していない会社を勤務先としていると審査落ちの原因となります。


信用情報に事故情報が登録されている

アコム 3秒診断

信用情報に事故情報が登録されている場合もアコムで審査落ちする原因になります。

信用情報とは金融機関の間で共有されているキャッシングやクレジットカードの利用歴などの個人情報で、アコムをはじめ、カードローンの審査では信用情報が必ずチェックされます。

3秒診断の3項目では信用情報機関のチェックはできませんので、事故情報が登録されていても「借入できる可能性が高い」と表示されてしまいます。

信用情報に事故情報が登録されている人は、ほとんどが自分でわかっていると思いますが、自覚なく審査落ちした人で過去に債務整理代位弁済長期延滞などをしたことがある人は信用情報の開示請求などをして自分の信用情報をチェックすると良いでしょう。

信用情報によって審査落ちした人は、他のカードローン審査もまず通りませんので、事故情報が消えるまで待ちましょう。

任意整理であれば5年、自己破産であれば7年、長期延滞であれば完済から5年で事故情報は消えます。


まとめ

アコム 3秒診断

アコムの3秒診断について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 入力項目は年齢、収入、他社の借入状況
  • 3秒診断でOKでも審査落ちすることもある
  • 審査結果は本申し込みをしてみる

アコムの3秒診断は、年齢、収入、他社のカードローン借入状況を入力することで、借入できる可能性があるかをすぐに表示してくれます。

あくまで仮審査で絶対に審査に通らない条件以外は「借入できる可能性が高いです」と表示されるため、あまり当てになりません。

仮審査という位置づけで、3秒診断がOKでも審査落ちすることはよくあります。

参考程度や試しにやってみるのは良いですが、実際の審査結果は本申し込みをしてみないとわかりませんので、アコムで審査に通るか知りたかったら実際に申し込みをしてみることをおすすめします。

アコムでお金を借りる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7