アコム 減額

アコムの返済が苦しい時に、「今回だけ返済額を減額したい」と考える人は多いですが、アコムの返済額を減額することはできるのでしょうか。

アコムの返済額を減額する方法や返済額を減額するメリット、デメリットについて見ていきたいと思います。

アコムの返済額を減額する方法

その月だけアコムの返済額を減額する方法

アコム 減額

結論から言うと、アコムでは返済額を減額することができます。

アコムのフリーコール(アコム総合カードローンデスク)に電話することで返済に関する相談ができ、減額についても手続きすることができます。

返済額を減額する」というと、後ろめたさを感じる人もいますが、アコムの公式サイトでも「一時的な返済金の減額が可能」と明記されていますので、後ろめたさは気にせずに返済が苦しい時にはアコムに相談するのが良いでしょう。

返済金額が厳しい時はアコムにご相談ください。一時的な返済金の減額も可能です。

なお、返済は減額されても完全にゼロにするわけにはいきません。

その月に発生した利息については返済していく必要がありますので、最低限利息のみの返済をする必要はあります。

利息のみの返済となれば、その月の返済は数百円という人がほとんどだと思いますので、返済できない額ではありません。

利息の返済もできないとなると、アコムとの信頼関係が崩れることにもつながりますので、苦しい月でも利息の返済分は最低限残しておく必要があります。

アコム 減額

利息のみでも返済をすることで、延滞扱いとならず、アコムから催促されることはありません。

延滞となると信用情報に記録が残り、3か月連続で延滞をすると今後のローンやクレジットカードの審査に通らなくなりますので、延滞扱いにならないのは良いですね。

先に電話をしておくことでアコムからの催促もありませんので、返済が苦しい人はとにかくまずアコムに相談するのが良いでしょう。


その月以降もアコムの返済額を減額する方法

アコム 減額

アコムではその月だけでなく、長期的、つまりその月以降も返済額を減額することができます。

アコムの返済額は最後に借入をした残高に一定の返済割合をかけることで決まりますので、一度だけ借入をして返済をしている人は毎月の返済額は一定になります。

例えば、限度額30万円の人が10万円を金利18%で借りた場合、毎月の返済額は5,000円となりますが、追加の借入をしなければ返済額は完済までずっと5,000円です。

ただし、この返済額はアコムに電話で相談することで残高に応じた返済額に減額してもらうことができます。

先ほどの例の人が残高3万円まで返済していた場合、何もしないと返済額は5,000円で変わりませんが、アコムに電話で相談することで返済額を2,000円まで減額することができます。

電話をしなくても、借入をするごとに返済額が再計算されて更新されるため、アコムで少額の借入をして返済額を減額することもできます。

返済が毎月苦しいのでどうにかしたい人は、上記の方法を行うことでその月だけでなく返済額をずっと減らすことができます。


アコムの返済額を減額するデメリット、注意点

  • 完済までの期間が長くなる
  • 債務整理を検討した方が良い場合もあり

完済までの期間が長くなる

アコム 減額

アコムでは返済額を柔軟に減額することができますが、減額にあたってはデメリットや注意点があります。

まずは完済までの期間が長くなる点です。

返済を減額できるのは一時的には嬉しいですが、別の見方をすると元本の返済スピードが遅くなることになりますので、完済までの期間も長くなります。

利息のみの返済をした場合は元本はまったく減らず、利息のみの返済を続けていると永遠に利息のみを返済し続けることになります。

実際にいくら利息負担が増えるかはその人の残高や返済額によりますが、仮に1か月利息のみの返済をした場合、完済までの期間は1か月伸びることになり、その月の利息分だけ完済までの利息負担が増すことになります。

目先の返済負担が減ることに喜んでばかりもいられないので、返済額の減額は最後の手段と考える必要があるでしょう。


債務整理を検討した方が良い場合もあり

アコム 減額

また、利息のみの返済を続ける人の場合、債務整理を検討した方が良い場合もあります。

債務整理とは合法的に借金を減額する手段で、自己破産や個人再生、任意整理などいくつかの方法がありますが、多くの場合は大幅に借金を減らすことができます。

アコムをはじめ大手消費者金融では、かなり毎月の返済額が少なくなるようになっています。

その返済すら厳しい状況が何ヶ月も続く場合、すでに生計が破綻して債務整理を検討した方が良い場合が多いです。

本来債務整理をした方が良い人が利息のみの返済を続けていると、すぐに債務整理手続きを開始した場合と比べて、支払う利息分だけ損をすることになります。

また返済に苦しむ期間が続くことにもなりますので、精神的にもマイナスです。

アコム 減額

債務整理をすすめるわけではありませんが、債務整理をした方が良い人が利息だけを払い続ける状況は決して良いものではありません。

一度くらいは利息のみの返済をしても良いと思いますが、何ヶ月も続く場合は自分の状況を冷静に見極めて、どういった処置をすべきか考える必要があると言えます。

アコムの返済の減額をする必要があるということは、生活や家計、借金を見直す良い機会と言えますので、減額の手続きをするとともに改めて家計について考えましょう。


まとめ

アコム 減額

アコムの返済額を減額する方法と注意点を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • アコムではその月だけ返済額を減額することが可能
  • 残高に合わせてその月以降の返済額を減額することも可能
  • 返済額を減額すると、完済までの期間が伸びる

アコムでは、その月の返済が厳しい時には電話等で相談をすることで減額してもらうことができます。

アコムの公式サイトにも減額が可能な旨の記載がありますので、返済が厳しい時には気兼ねなくアコムに相談するのが良いでしょう。

また、その月以降の返済についても借入残高に応じて返済額を減額してもらうことができます。

返済が進んで残高が減っていることが条件になりますが、返済が進んでいる人で減額したい人はアコムに連絡することで減額ができます。

このようにアコムでは返済額の減額に柔軟に対応してくれますが、返済額を減額することは元本が減るスピードが遅くなることとなり、それだけ完済までの期間が長くなります。

完済までの期間が長くなることで利息負担はさらに重くなることになりますので、お得に返済を進めていきたい人は極力減額を避けるのが賢明です。

とはいえ、選択肢があるのは良いことですので、自分の状況にあわせて返済額を調整し、無理のない返済をしていくようにしましょう。

アコムの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7