アコム 増額

アコムと契約すると限度額内であれば自由に借入をすることができますが、利用しているうちに限度額が足りない、増やしたいケースも出てきます。

そんな時には限度額を増額することができますが、審査がありますのでアコムの増額審査に通るか不安な人も多いと思います。

そこでアコムの限度額を増額する方法や審査基準、増額を断られるケースや断られた時の対策などを見ていきたいと思います。

アコムの限度額増額方法

アコム 増額する方法

  • 増額申請
  • 確認の電話
  • 増額審査
  • 審査結果の通知
  • 契約

アコムでは契約当初に決まった利用限度額を増額して、借りられる金額を増やすことができます。

アコムで限度額増額をするには、まず限度額の増額申請をします。

増額申請をすると、アコムから電話がかかってきて申込内容の確認や、収入や勤務先などに変更がないかなどいくつかの確認をされます。

その後、アコムでの増額審査となり、審査の結果が増額OKであればアコムから電話がかかってきて、限度額が増額となります。

ですので、アコムの限度額を増額するには、まず増額申請をする必要があります。


アコムの限度額増額申請

  • ネット
  • 電話
  • 店舗(むじんくん)

アコムの限度額を増額する場合、自分でアコム申請するケースとアコムから案内が来て増額するケースがあります。

そして、自分からアコムに増額申請する場合は、ネット電話店舗(むじんくん)から申請することができます。


ネットで限度額の増額申請

アコム 増額申請をネットから

ネットから限度額の増額申請をするには、アコムの会員ページから行います。

会員ページにログイン後、「極度額等の変更のお申込み」を選択すると限度額増額の申請画面になります。

ページ内の「開始」をクリックするとアコムへ増額申請が行われ、審査が開始されます。

ネットから増額申請をしてしばらくすると、アコムから内容確認の電話がかかってきて、その後審査に進みます。


電話で限度額の増額申請

アコム 増額で在籍確認

電話で限度額の増額申請をすることもできます。

限度額の増額申請をするには、「アコム総合カードローンデスク」に電話をして限度額の増額をしたい旨を申し出ます。

するとそのまま申込内容や属性情報の確認があり、限度額増額の審査に進みます。

最新のアコム総合カードローンデスクの電話番号はアコムの公式サイトで確認してください。

アコムの増額審査の連絡先

ネットから申し込んでも、電話から申し込んでも審査が厳しくなるとか、甘くなるということはありませんので、好きな方法で増額申請をするのが良いですね。


アコムから増額案内が来ることもある

なお、アコムから増額の案内が来ることもあります。

増額の案内ですので、その後に審査を受ける必要がありますが、アコムの方で増額してほしい人を選んで案内を送ってきているので、審査に通る可能性は高いです。

審査落ちすることもあるので、案内してきたのに審査落ちするのかと怒る人もいますが、営業と審査部門は別ですので、案内があっても審査落ちがある点は理解しておく必要があります。

いずれにせよアコムから案内が来た人で、利用限度額を増額しておきたいという人はチャンスと言えますので、増額申請をして利用限度額の増額を狙いましょう。


アコムの増額審査の基準

アコム 増額の審査基準は?

アコムの増額審査の基準は一般には公開されていませんが、一般的に以下の条件に当てはまる人は増額審査に通りやすいと言われています。

  • 半年以上の利用実績がある
  • 何度も利用している
  • 滞納をしていない
  • 総量規制にひっかかっていない
  • 申込時よりも年収が上がっている

半年以上の利用実績がある

アコム 増額の期間

増額審査では利用実績が重視されますので、新規契約から半年以上の利用実績があってよく利用している人は有利です。

アコムでは半年に1回増額審査を行っていますので、新規契約から半年が経過すると増額審査を受けることができます。

逆に言うと、新規契約から半年を超えていない人は例外を除いて限度額の増額をすることができません。

例外とは、契約時に利用限度額を少なめにしていたケースや、総量規制で限度額を抑えられていた人の年収が上がった場合などです。

限度額を少なめにしていたケースとは、審査通過時に契約可能な限度額が30万円だったのに限度額を10万円として契約した場合などです。

この場合、アコムの審査自体は30万円まで契約可能となっていますので、新規契約後すぐでも限度額を増額することができます。

この他にも優良顧客であればアコムから特別待遇を受けられる可能性がありますので、年収が高い人や大手企業に勤めている人はダメ元でもアコムに電話して増額可能か聞いてみると良いですね。


何度も利用している

アコムを何度も利用していて返済実績を積んでいる人も審査に通りやすいです。

お金を貸す側としては、属性が良いけどあまり利用してくれない人と、属性は普通だけど何度も利用してくれてしかもきちんと返済してくれる人であれば、後者の方が良いお客さんです。

返済してくれるかどうかは属性だけではわからない部分もあるため、「何度も利用している=きちんと返済してくれる」人であれば、アコムとしても多くお金を貸したいお客さんになります。

利用実績は属性以上に重要な場合もあり、何度も利用している人は審査に通りやすいと言えるでしょう。


滞納をしていない

利用実績という意味で、滞納をしていないことが増額審査に通る前提となります。

アコムに限らず、消費者金融はお金をきちんと返す人に貸したいので、滞納するようなお客さんは利益にならず信用もないため増額審査に通りません。

自分がお金を貸す側であれば、滞納している人にさらに貸すということはしないと思います。

数日の滞納くらいであれば、返済し忘れとして問題無いケースもありますが、長期の滞納をした人は増額審査はまず厳しいと思ったほうが良いでしょう。


総量規制にひっかかっていない

総量規制にひっかかっていないことも重要です。

アコムは総量規制の対象になるため、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

総量規制は貸金業法で決まっていることですので、総量規制にひっかかっている人にお金を貸すと法律違反となってしまい、当然借りることができなくなります。

仮に年収300万円の人であれば、100万円までしか借りることはできません。

他の総量規制対象の会社からの借入合計ですので、他社からの借入も含めて総量規制にひっかかっていない状況である必要があります。


申込時よりも年収が上がっている

アコム 増額

申込時より年収が上がっていたり、属性が良くなっている場合も増額審査に通る可能性が高くなります。

新規契約時に審査で限度額が決まっていますので、そこから収入などが変わっていないと、利用実績くらいしか増額の余地がありません。

収入が変わっていないのに、借りれるお金が大きく増えるというのはあまりないですからね。

年収が増えることで属性がよくなるので、審査にも通りやすくなります。

年収以外でも勤続年数が伸びたり、派遣社員から正社員になったなど、新規契約から属性が良くなった人は審査に通りやすくなります。


アコムの増額審査に在籍確認はある?

アコム 増額で在籍確認

アコムの増額審査では、基本的には在籍確認はありません。

在籍確認は勤務先に本当に在籍しているかの確認の電話ですが、新規契約時に確認しているため、勤務先の変更がない人は在籍確認の電話はなく増額審査することができます。


勤務先の変更があると在籍確認が必要

ただし、新規契約から勤務先に変更がある人は、新しい職場での在籍確認が必要になります。

そのためアコムから勤務先へ在籍確認の電話が必須となります。

アコムからの在籍確認の電話は、個人名で電話があります。

アコムからの電話とはわからないので、会社にはバレることなく在籍確認をしてくれます。

職場に普段電話がかかってこない人でも、クレジットカードなどで在籍確認の電話があるため、怪しまれそうならクレジットカードの申込をしたと言っておけば良いでしょう。


アコムの増額審査にかかる期間

アコムの増額審査にかかる時間は早い人だと即日で完了することもあります。

希望限度額が50万円以下で収入証明書の提出が不要なケースであれば、電話で5分ほどで増額審査が完了することもあります。

勤務先や年収などの属性が変わっている場合、アコムで確認やデータの取り込み等で時間がかかるケースもあるようです。

また、新規契約時と同じで属性や年収が微妙なケースであれば、審査に数日かかるケースもあります。

人によって審査時間にはばらつきがありますので、数日はかかると考えておいた方が良いでしょう。

即日で増額を希望する人であれば、アコムに電話で増額申請をして審査期間を聞いておくと良いでしょう。

すぐに回答がない、わからない場合は、プロミスなど他の消費者金融に申込をして即日融資を狙った方が、確率が高く早いです。

なお、アコムの審査対応時間は9時から21時で土日祝日も営業しています。

そのため、土日でも即日で増額してもらえる可能性があります。


アコムの増額審査に断られるケース

アコム 増額断られる理由

アコムの増額審査では利用実績、属性情報、信用情報をもとに審査が行われますので、これらの項目の評価が低いと増額審査落ちとなり断られることになります。

確実に断られるのは信用情報のブラック状態の人と、長期滞納をしたことがある人です。


信用情報のブラック状態の人

アコム 増額はブラックだと落ちる

信用情報は、信用情報機関によって個人のローンやクレジットカードの利用状況を金融機関の間で情報共有されているものです。

債務整理や代位弁済、長期の滞納などが金融事故あると、異動情報が登録されていわゆる「ブラックリスト」の状態になります。

ブラック状態の人はまず審査に通らなくなり、アコムの増額審査にも通りません。


アコムで長期滞納をしている

また信用ブラックではないものの、アコムで長期滞納をしている場合も増額審査にはまず通りません。

上述した通り、滞納はアコムとの信用関係がなくなりますので、増額審査に通らなくなります。


他社の借入金額が大きい

その他に他社の借入金額が大きいと審査落ちすることが多くなります。

上述した通り、アコムは総量規制の対象となりますので、他社での借入金額が多く、アコムでの増額後の希望額と借入額の合計が年収の3分の1を超える場合は審査に通りません。

総量規制に引っかかって審査落ちしている時は、他社での借入金額を減らすことで増額審査に通るようになる可能性があります。


アコムの増額審査に断られた時の対策

アコム 断られたら

アコムの増額審査の流れやしくみはそれほど複雑なものではありませんが、審査に通るには苦労している人が多いです。

審査落ちの原因がなんとなくわかっても、審査に通るようにするには、自分の属性を良くしたり、契約から一定期間が経過する必要があるなど、審査に通るのはなかなか難しいです。

アコムの増額審査に通らない人は、プロミスアイフルなど大手カードローンを検討するのが良いでしょう。

大手カードローンの審査は似た基準になっているので、アコムで一度契約できた人であれば、プロミスやアイフルの審査に通る可能性は高いです。

さらにプロミス、アイフルははじめての利用者に30日の無利息サービスがあるので、まだ利用したことがない人であればお得にお金を借りることができます。

プロミスとアイフルは即日融資も可能なので、すぐにお金が必要な時でも頼りになります。

プロミスの詳細を見てみる

アイフルの詳細を見てみる

無利息期間のあるキャッシングを見る


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7