アコム 収入証明書

アコムに限らずキャッシングの新規申込時や増額申請をした時に、収入証明書の提出を求められることがあります。

収入証明書の提出と聞くと面倒に感じるので、自分は必要になるのか、また収入証明書不要で借りるにはどうしたら良いか気になる人は多いと思います。

そこで、アコムではどのようなケースで収入証明書が必要になるのか、また収入証明書としてどんな書類が必要か、提出方法などを見ていきます。

アコムで収入証明書が必要なケース

アコム 収入証明書が必要なケース

  • 50万円超の借入希望額の場合
  • 他社と合計して100万円超の借入
  • 増額申請で50万円超の借入となる
  • 提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合
  • 会社経営者や自営業者

アコムは50万円まで収入証明書不要

アコムで収入証明書が必要になるのは、アコム単独で50万円超の借入を希望する場合、また他社借入と合計して100万円を超える借入となる場合です。

収入証明書の提出は、貸金業法の「総量規制」によって決まっており、単独で50万円超または総量規制の対象となる借入合計で100万円超の借入となる場合は収入証明書の提出が必要になります。

総量規制では年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないことになっているため、収入証明書の年収が借入金額の3倍超である必要があります。

借入金額が年収の3分の1超となっている場合は、必ず審査に通らないわけではなく、借入金額を減額して審査に通ることもあります。


増額申請時に必要なこともある

また、総量規制は新規契約時のみではなく、アコムでは継続審査もしており、増額する際も規制の対象となります。

そのため増額申請で50万円超の利用限度額となる場合や、他社の借入と合計して100万円超となる場合も、収入証明書の提出が必要になります。


自営業は要注意

アコム 収入証明書の提出方法

なお、アコムでは50万円以下の借入希望額であれば、原則収入証明書の提出は不要となっていますが、収入証明書の提出を求められることがあります。

代表的なのは申込者が自営業者個人事業主会社経営者などの場合です。

通常、アコムでは勤務先と勤続年数によって大体の年収の確認をしています。

日本では年功序列が主流ですし、会社によって平均年収などもわかるため、勤務先と勤続年数や年齢で大体の年収はわかります。

在籍確認できちんと会社に在籍していることがわかれば、収入面は担保されますが、自営業者や会社経営者の場合はそうはいきません。

申告している年収が正しいのか確認するのが難しく、収入が安定しないケースも多く、収入が続く保証もありません。

そのため、自営業者には審査が厳し目になるのですが、その一環で50万円以下の借入の場合でも収入証明書の提出を求められることがあります。

管理人が個人事業主時代にアコムを利用した際は、30万円の借入を希望したところ、とりあえず10万円の限度額にしているが収入証明書を提出すれば30万円の限度額にできるという審査回答でした。

収入証明書を提出してすぐに30万円にしてもらいましたが、収入証明書の提出が難しい人は注意する必要があります。


アコムで必要になる収入証明書

アコム 収入証明書の提出方法

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヶ月分)
  • 税額決定通知書(最新年度)
  • 所得証明書(最新年度)
  • 確定申告書類

アコムで収入証明書の提出が必要な場合、源泉徴収票給与明細書(直近1ヶ月分)、市民税、県民税額決定通知書所得証明書などです。

基本的にすべての書類は入手できる最新のものを提出する必要があります。

ただし、源泉徴収票は1月1日から2月末、確定申告書は1月1日から3月末など提出や発行がされていない場合は前々年度のものでも認められます。

給与明細は直近2ヶ月分という会社が多いですが、アコムでは直近1ヶ月分の給与明細で良いので、若干書類を揃えやすく便利ですね。


収入証明書の提出方法

アコム 収入証明書

  • WEBアップロード
  • スマホアプリ
  • 店頭窓口
  • 自動契約機(むじんくん)
  • FAXで送信
  • 郵送で提出

収入証明書の提出は、WEBやアプリ店頭窓口自動契約機での提出、FAX郵送など様々な提出方法があります。

最も便利なのはWEBアップロードやアコムの専用アプリで、収入証明書をカメラで撮ってアップロードするだけで提出完了です。

スマホのカメラで写真を撮って、そのままそのファイルをアップロードするだけなので、とても簡単で2,3分で収入証明書の提出が終わります。

店頭窓口や自動契約機が近くにあれば、収入証明書を持参するだけで提出できるので、こちらも気軽で早いです。


アコムで収入証明書が提出不要なケース

アコム 収入証明書が不要なケース

  • 借入希望額が50万円以下の場合
  • 他社借入と合計して100万円以下の場合

アコムで収入証明書が提出不要となるケースは、借入希望額が50万円以下で、他社からの借入合計が100万円を超えない場合です。

アコムでは、他社借入がなく50万円以下の借入であれば、原則収入証明書が不要で借入できます。

収入証明書が必要かどうかは借入希望額によって判断していますので、収入証明書がない人や面倒な人は、借入希望額を50万円以下として申し込むのが良いでしょう。

はじめてアコムを利用する場合、限度額は30万円くらいとなる人が多いので、借入限度額はあまり高い金額を申告せずに現実的に必要な金額を申告しておくことで、収入証明書不要で借りることができます。。

ただし、自営業の人などは、30万円の借入希望額でも収入証明書の提出を求められることもありますので注意が必要です。


アコムの収入証明書が未提出だとどうなる?

アコム 収入証明書を未提出だとどうなる?

新規申込時の収入証明書を未提出

  • 利用限度額を減額して可決
  • 審査落ちする

アコムに収入証明書の提出を求められた時に、未提出だとどうなるでしょうか?

アコムに提出を求められるケースとして、新規申込時と利用中のケースがあります。

新規申し込み時の収入証明書を未提出でいると、総量規制にあたらない範囲内で利用限度額が設定されるか、審査落ちしてしまうことが考えられます。

新規申込時に収入証明書が求められるケースとして、アコム以外に借入がないケースと他社借入があるケースがあります。

アコム以外に借入がない人が収入証明書の提出を求められるのは、50万円超の借入を希望しているケースと考えられますが、収入証明書を提出しないと、審査に通っても50万超の限度額とすることはできずに、総量規制の範囲内で収まる50万円以内の利用限度額となります。

他社借入がある場合は、他社借入と希望借入の合計が100万円を超えている可能性があり、収入証明書がないと審査を進めることができず審査落ちすることになります。


利用中の人が収入証明書を未提出

  • 利用が一時停止になる
  • 一括請求はされない

アコムを利用中の人が収入証明書を求められているのに未提出でいると、利用限度額が0円となり利用が一時停止になる可能性が高いです。

総量規制のルールで、前回の提出から3年が経過すると収入証明書を再度提出してもらわないといけません。

3年を経過すると、新たにお金を貸すことができなくなるため、収入証明書を未提出でいると利用が一時停止となり利用限度額が0円となります。

利用限度額を復活させるには、収入証明書を提出した後にアコム側で確認をして、限度額を戻す処理が完了する流れになります。

すぐに復活する場合もありますが、確認に時間がかかる場合もありますので、限度額を一刻も早く戻したい人は、収入証明書を提出した後にアコムに電話しておくとスムーズです。

なお、収入証明書が未提出で利用停止となるのは、「新たな借入」となりますので、今借りているお金をすべて返済するように求められたり、一括請求されるようなことはありませんのでその点は安心です。

毎月の返済額が急に増えるということもありませんが、利用停止状態になっていると返済をしても利用可能額が増えることもありません。


アコムの収入証明書を偽造する罪

アコム 収入証明書の偽造はどうなる?

自分の収入を多く見せて、より多くの金額を借りようと収入証明書を偽造したり嘘をつく人がいますが、絶対にやってはいけません。

モラル的にはもちろんですが、リスクが高く収入証明書を偽造するのはあまりに危険で実質的なメリットがありません。

給与明細を偽造すると有印私文書偽造罪に問われる可能性がありますし、収入や勤務先を偽ってカードローンを利用すると最悪詐欺罪に問われることもあります。

アコムは審査のプロですので、給与明細書が偽造されていたり、勤務先や勤続年数に対して収入が高すぎるケースなど、ほとんどの場合嘘がバレることになります。

アコムというわけではなく、消費者金融はお金を貸すことで収益を上げているので、会社としてはお金を貸したいという面もあり、少額であれば収入証明書や申告された年収が多少怪しくても審査に通るケースがあります。

ただ、その後返済を滞納したら詐欺罪で訴えられるかもしれません。

消費者金融は被害者となり、悪いのは虚偽の申告や偽造をした利用者です。法律も利用者を守ってくれません。

証明書を偽造しても借りられる可能性は低く、借りられてもかなりのリスクを背負うことになります。

モラル的なことを考えても収入証明書を偽造する行為は絶対にしてはいけません。

軽い気持ちでやるものではありませんし、収入証明書を偽造しなければいけないほどお金に困っているのであれば、家族や身内など近くの信頼できる人に相談をしたり、債務整理を検討するなど別の選択肢を検討されることをおすすめします。


まとめ

アコム 収入証明書のまとめ

アコムで収入証明書の提出が必要になるケースについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • アコムは50万円以下の借入なら原則収入証明書不要
  • 源泉徴収票や給与明細書が収入証明書となる
  • アップロードや自動契約機から簡単に提出できる

アコムに限らず、消費者金融は総量規制の対象となり、50万円を超える借入か、他社借入との合計が100万円を超える借入の場合は収入証明書の提出が必要となります。

逆に言うと、50万円以下の借入なら原則として収入証明書不要となりますので、収入証明書の提出を避けたい人は50万円以下の借入希望額で申込をしましょう。

アコムでは収入証明書の提出は、アプリやWEBからのアップロードをはじめ、店頭窓口や自動契約機、FAXや郵送など多くの提出方法があります。

アプリを使えば2,3分で収入証明書の提出は完了しますので、提出自体はそれほど面倒ではありません。

書類が手元にある人はそれほど気にせずに、自分の借りたい金額をきちんと申告するのも良いかもしれません。

アコムは審査回答まで最短30分と早いですが、早めに申し込むことでより確実に即日融資できるようになります。

まずは申込をした後に必要な書類を揃えたり、自動契約機に向かうなどすると良いでしょう。

アプリで書類提出する場合も、ネット申込後にアプリを取得して書類提出がスムーズです。(アプリに直接新規申込する機能がないため)

アコムの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7