ピザーラで給料の前借り

急にお金が必要になった時には、給料の前借りをしてなんとかピンチを乗り切れないか考える人もいると思います。

外食系の会社では給料の前借りができるところが多いですが、大手ピザチェーンのピザーラでも給料を前借りすることができます。

ピザーラの給料前借り制度はどのようなルールになっているのか、給料前借りをする方法や注意点を紹介したいと思います。

給料の前借りとは

まず前借りとは、すでに働いた分の給料を給料日より前に前払いしてもらうものです。

これから働く分の給料を先に払ってもらうことはできません。

お金だけもらって飛んでしまう人(いなくなってしまう)がいるかもしれませんので、企業ではこれから働く分の給料を先に支払うことは絶対しません。


普通の企業では非常時以外前借りは難しい

また、普通の企業では非常時を除いて給料の前借りをすることは難しいです。

労働基準法では、出産や疾病、災害など非常時には給料の前払いをしないといけないことになっていますが、その他は企業の裁量に委ねられています。

そのため、給料の前借り制度がある一部の企業を除くと、非常時以外の給料の前借りはできません。

前借りができるかは交渉次第という面もありますが、社長など決められる人が近くないと難しいですし、給料の前借りを申し出るのは自分がお金に困っていると言っているようなものですのでデメリットも多いです。


ピザーラの前借り制度

働いた分の給料を給料日前にもらえる

ピザーラでは「前給制度」という給料の前借り制度を導入していますので、社員だけでなくアルバイトや派遣社員の人でも給料の前借りをすることができます。

前給制度は東京都民銀行が行っている給料前借り制度で、すでに働いた分の給料の一部を給料日前に支払ってもらうことができます。


スマホやPCからバレずに前借りできる

一度登録をすると前借りの申請はスマホPCから専用サイトで行うことができ、職場の人にバレずに給料の前借りができます。

最初の登録は申込用紙で行うので、店舗責任者に申込方法を確認して東京都民銀行へ書類を提出します。

書類には氏名や住所などの必要事項を記入して郵送または店舗責任者へ手渡しすることで、前給制度の登録ができます。

登録は1週間程度で完了します。

登録が完了したら、専用サイトにアクセスして給料の前借りを申請できるようになります。

前給サイトには24時間いつでもアクセスすることができ、スマホからアクセスできるので、24時間どこにいても給料の前借りを申請できます。


最短翌営業日に振込

前借り申請をしたら最短で翌営業日に振込が完了します。

振込が早いので、急にお金が必要になった時にも安心ですね。

前借りできる金額は給料の50%となっており、また前借りした分だけ次の給料で振り込まれる金額は少なくなります。

いくら前借りするべきかを考えて、計画的に前借りしていきたいですね。


ピザーラの給料前借りの注意点

  • 振込手数料がかかる
  • 東京都民銀行の口座が必要

振込手数料がかかる

便利なピザーラの前借り制度ですが、利用する上で注意点もあります。

まずは振込手数料がかかる点です。

前給制度では、前借りをする際に振込手数料として756円がかかります。

前借りする金額に関わらず同じ金額がかかりますので、借りる金額が少額になるほど手数料率は割高になります。

仮に1万円分の給料を前借りしたとすると、手数料の割合は7.56%となります。

給料の前借りは給料日にお金を返しているようなものですので、借りている期間は実質1ヶ月もありません。

その間に7%以上の手数料がかかるのは、年率で80%近い金利がかかっているのと同じことになりますので、非常に手数料率が高いです。

クレジットカードのキャッシングや大手カードローンの金利は18%というのが多いですが、1ヶ月1万円を借りたとすると利息は約148円です。

756円の振込手数料がいかに高いかがわかると思います。


東京都民銀行の口座が必要

また、前給の振込口座は東京都民銀行となる点にも注意が必要です。

東京都民銀行は自社ATMが少なく、コンビニATMなど多くの提携ATMがありますが、利用するにはATM手数料がかかります。

多くの人が東京都民銀行の自社ATM以外を利用することになるため、預金の引き出しのたびに手数料がかかってしまいます。

振込手数料も約200円から800円程度と高めになっており、銀行を利用するだけで結構な手数料がかかってしまいます。

前給を利用する際に東京都民銀行を利用しないといけないのはもちろん、給料振込口座をその後の生活口座として利用する人が多いことを考えると、東京都民銀行を生活口座とする人が多くなり、普段の生活で銀行へ支払う手数料が増えてしまいます。

何かのサービスを利用する際に、銀行が指定されること自体デメリットといえますが、現状あまり便利とはいえない東京都民銀行を利用しないといけない点は前給制度の大きな注意点といえます。

このようにピザーラの前給制度はインターネットからバレずに給料の前借りができますが、手数料が必要だったり、利便性の落ちる東京都民銀行の口座が必要だったりと少なからずデメリットもあります。

手数料が気になる人は、親戚や知人に借りたり、大手カードローンの無利息期間を活用するなど、他の手数料が安くすむ方法も検討したいですね。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる


まとめ

ピザーラで働く人が利用できる給料の前借り制度について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ピザーラでは給料の前借りができる
  • 働いた分の給料の50%まで前借りできる
  • 前借りの際に手数料がかかる

ピザーラでは「前給制度」という給料の前借り制度があり、ピザーラで働く社員、派遣社員、アルバイトの人は給料の前借りをすることができます。

利用にあたっては一度登録をすれば、後はネット上で申請をすることができ、自宅のPCやスマホなどから24時間いつでも前借りの申請ができます。

前借りできるのは給料の50%までとなっていますが、申請から最短翌営業日には振込がされます。

利用にあたっては振込手数料がかかりますが、計画的に使ってうまくお金のピンチを乗り切りたいですね。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7