キャッシング リボ払い

キャッシングの返済方法はリボ払いが一般的ですが、リボ払いと言われてもどのような返済方式なのかわかりづらい人もいると思います。

またキャッシングのリボ払いにはいくつか種類があり、会社によっては同じ「リボ払い」という言葉でも、微妙に違う返済方法を意味することもあります。

そこで、本ページではキャッシングの返済方法の主流であるリボ払いの意味や特徴、種類、注意点などを紹介したいと思います。


リボ払いとは

キャッシング リボ払い

  • 毎月一定の金額を返済する返済方式
  • 返済回数は決まっていない
  • 返済金額の決め方で種類が分かれる

リボ払いは毎月一定の金額を支払って返済する返済方式です。

分割払いは、借入金額と分割回数に応じて返済金額が決まりますが、リボ払いは先に月々の返済金額を決めて返済金額に応じた回数で返済を進めていくことになります。

分割払いが支払回数を固定しているのに対して、リボ払いは返済金額を一定にしている返済方法とも言えます。

リボ払いでも残高に応じて返済金額が変わる残高スライド方式を取っている会社もあるので、完全に一定というわけではありませんが、毎月の返済額がほぼ一定になるのがリボ払いです。

一方で分割払いは最初に決めた回数に分けて返済をしていく返済方式です。

キャッシングをすると、基本はリボ払いでの返済となり、借入残高によって毎月の返済額が決まっていきます。


リボ払いの種類

リボ払いには返済方法の違いによって、以下の種類があります。

会社によってこれらの返済方式の1つ、または複数の返済方式を選べるようになっています。

  • 残高スライド元利均等リボルビング払い
  • 元利定率リボルビング払い
  • 元金定率リボルビング払い
  • 定額払い

残高スライド元利均等リボルビング払い

キャッシング リボ払い

  • 借入残高ごとに毎月の返済金額が決まっている返済方式

残高スライド元利均等返済方式は、残高の金額に応じて返済額が決まっていて、一定の残高の範囲内であれば毎月一定額を返済していく返済方法です。

残高スライド元利「定額」リボルビング払いと呼ばれることもあります。

残高5万円までは毎月5,000円を返済、10万円以下なら毎月8,000円を返済、20万円以下なら毎月15,000円を返済、など、残高によって返済額が決まる返済方法ともいえます。

残高の範囲内であれば、毎月の返済額が一定になるのが特徴です。

プロミスやアイフル、エポスなど、大手消費者金融などが採用していることの多い返済方法です。

定額で返済をしていくので、返済が進むほど返済比率が上がり、返済する元本の割合も大きくなっていきます。


元利定率リボルビング払い

キャッシング リボ払い

  • 借入残高に一定の割合をかけて返済金額を決める

元利定率リボルビング払いは「借入金額の○%」を返済するなどと、借入残高の一定割合の金額を毎月の返済金額とする返済方法です。

アコムなどがこの方式をとっており、仮に返済率10%で50万円を借りている場合には、初回は5万円を返済して、2回目以降は残った元本の10%の金額を返済していくことになります。

返済額は元本に決まった割合をかけていくことになるので、元本が減ると返済額も少なくなります。

そのため返済が進むごとに返済額がどんどん少なくなっていくのが特徴です。

返済額が少なくなっていくのは嬉しいですが、その分返済期間が延びていると考えることもできますので、資金に余裕のある人は減った返済額は繰り上げ返済に回したいですね。


元金定率リボルビング払い

キャッシング リボ払い

  • 借入残高に一定の割合をかけた「元本返済分」に「利息」を合計して返済金額を決める

元金定率リボルビング払いは、借入残高に一定の割合をかけた上で、利息と合計した金額を返済する返済方法です。

先ほどの返済率10%で50万円を借りているケースでは、5万円に利息をプラスして返済をします。

年利18%とすると、約5万7400円が返済額となります。

先に元本の返済額を計算して、利息をプラスすることになります。

元本の一定割合を確実に返済していくので、同じような返済率であれば、最も返済期間が短く総返済額も少なくなります。

一方で、同じ返済率の「元利定率リボルビング払い」と比較すると、返済当初の返済金額は元金定率リボルビング払いの方が多くなります。


定額払い

キャッシング リボ払い

  • 月々の返済額が定額の返済方法

クレジットカード系の会社では残高に関わらず、月々の返済額が完全に定額となっている会社もあります。

完全に定額になっていることで家計の管理がしやすくなります。

どんなに借りても返済額が一定なので、わかりやすい返済方法ともいえます。

一方で、返済額の中から利息と元本の返済を行っていくことになるので、借入残高が多いと利息の返済がほとんどで元本がなかなか減らないことも多くなっています。

借入金額やキャッシング枠の金額によって、月の返済額が安すぎるものは選べないようになっています。


リボ払いの注意点

  • 支払う利息が多くなる
  • なかなか返済が終わらない
  • 借金をしている感覚が麻痺する

支払う利息が多くなる

キャッシング リボ払い

リボ払いの注意点は、支払う利息が多くなり、なかなか返済が終わらない点です。

リボ払いは毎月の返済額がほぼ一定になり、借入金額から考えて毎月の返済額が少なくなるので、返済は楽ですが、返済してもなかなか元金が減らないので、総返済額は多くなります。

返済期間が長くなり、支払う利息も多くなって、返済が終わる頃には多くの利息を支払うことになります。

借金の返済では返済開始当初が最も元金が多く、そこから発生する利息も多くなります。

結果、同じ額を返済していても、返済したお金の多くが利息の返済に回ってしまって、元金がなかなか減りません。

逆に返済が進んで元金が減ると、利息も減るため、返済した金額の多くを元金返済に回すことができます。

つまり、元金が多い返済初期をいかに早く終わらせるかが重要になりますので、リボ払いで返済していても、お金に余裕ができたらなるべく早く繰り上げ返済をしていくことが重要になります。


借金をしている感覚が麻痺する

キャッシング リボ払い

また、リボ払いの注意点として、毎月の返済額が少ないので、借金をしている感覚が麻痺してしまう点もあります。

10万円借りていても、月の返済額は数千円ということが多いので、「これなら困った時にもっと借りられる」となってしまい、他でも借金をしてしまいます。

当たり前のことですが、あくまで借金は必要最低限として、基本は一つのキャッシングを完済するまで他ではお金を借りない方が良いでしょう。

返済がきつくなるまでどんどんお金を借りていくと、気づいたら繰り上げ返済する余裕がなくなり、長い返済生活を送らないといけなくなることも十分考えられます。

とにかく今いくらの借金をしているのかをきちんと把握して、1つのキャッシングをしたら完済するまでお金は借りないことが重要です。


まとめ

キャッシング リボ払い

キャッシングのリボ払いについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • リボ払いは毎月の返済額が一定の返済方法
  • 返済額の計算方法でいくつか種類がある
  • 繰り上げ返済を使って総返済額を抑える

リボ払いと一口にいっても、元金と利息の返済方法でいくつか種類があります。

名前が長いのでややこしく感じますが、どうやって返済金額を計算しているかということですので、その点に着目するとどのような返済方法なのか大枠は理解することができます。

また、リボ払いは種類(返済金額の計算方法)よりも、どうやって繰り上げ返済をして元金を減らしていくのかを考えることの方が重要です。

リボ払いは毎月の返済額を抑えることができるので、家計には優しいようですが、一方で元金がなかなか減らないので、総返済額は多くなります。(利息を多く払うことになります。)

キャッシング リボ払い

キャッシングしたお金は、どの会社でも繰り上げ返済していくことができますので、お金に余裕ができたらなるべくキャッシングの一括返済や繰り上げ返済をしていくのがおすすめです。

繰り上げ返済はATMからもできますし、ネット返済することもできるので、借入後は積極的に繰り上げ返済をしていくことで、中長期的には返済額を減らして家計を楽にしていくことができます。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7