日 総 工 産 前借り

工場系の派遣が多い日総工産には給料の仮払い制度があるので、給料日前にお金が必要な時も早くお金を受け取れて便利です。

日総工産の前借り制度は「フレックスチャージ」という制度ですので、本ページでは日総工産の「フレックスチャージ」の特徴や注意点を見ていきたいと思います。

日総工産の給料前借り制度「フレックスチャージ」の特徴

日 総 工 産 前借り

  • 働いた分の給料を給料日前に受け取ることができる
  • スマホ、PCから申請可能
  • 申請から最短翌営業日に前借りできる

日総工産(工場求人ナビ)のフレックスチャージは、働いた分の給料を給料日前に受け取ることができるサービスです。

利用するには登録が必要になりますが、事前に登録をすることで、すでに働いた分の給料の一部を給料日前に受け取ることができます。

登録が完了すると、毎回の前借りの申請はインターネットから行います。

スマホパソコンから利用できるので、好きなタイミングで前借りの申請をすることができ、早ければ翌営業日に振込がされます。

日 総 工 産 前借り

日総工産の給料は月末締め翌月15日が給料日になっています。

ですので、6月に働いた分の給料は7月15日に支払われます。

フレックスチャージを利用すれば、一部の金額を6月中や7月の頭に受け取ることも可能になります。

前借りできる金額は「働いた分の給料の一部」となっており、職場や勤務実績等によって変わります。

1日1,000円、3日で5,000円などのケースがありますので、面接時や入社後に担当者へ確認が必要になります。


フレックスチャージを利用する方法

日 総 工 産 前借り

フレックスチャージを利用するには事前に申請をして登録する必要があります。

まず申請書類に必要事項を記入して、管理担当者に渡します。

その後、申請書類に記入したメールアドレス宛に暗証番号登録用のURLと仮暗証番号が記載したメールが送信されますので、メール内のURLから暗証番号を設定します。

暗証番号の設定ができたら、フレックスチャージのページからログインをして仮払いの申請をします。

日 総 工 産 前借り

申請が完了すると、申請時に指定した仮払い日に、給料の一部が振り込まれます。

なお、前借り分の給料は給料振込口座へ振込がされます。

事前に登録が必要にはなりますが、登録が完了すれば、申請から最短で翌営業日には入金がされることになります。

急にお金が必要になった時には嬉しいサービスですね。

なお、フレックスチャージを利用するにあたって、登録をすると管理手数料として月額172円がかかり、別途引き出しのたびに手数料がかかります。

手数料は自分で負担することになりますので、手数料が気になる人は前借り制度は利用しない方が良いでしょう。


日総工産の前借りを利用する注意点

  • 手数料が高い
  • 事前に登録が必要
  • 職場によって利用条件が異なる

手数料に要注意

日 総 工 産 前借り

日総工産の前借りを利用する上で注意したいのは何と言っても手数料です。

上述した通り、フレックスチャージに登録するだけで毎月172円の管理手数料がかかりますし、引き出しのたびに引き出し手数料、振込手数料がかかります。

振込手数料は給料振込口座が三菱東京UFJ銀行であれば、173円から389円、それ以外の銀行であれば540円から756円の手数料がかかります。

フレックスチャージは三菱東京UFJ銀行が運営しているサービスなので、三菱東京UFJ銀行の口座開設は必須ではありませんが、三菱東京UFJ銀行以外の口座で前借りを受け取るには手数料が高くなります。

1万円の前借りをするのに700円くらいの手数料がかかる(三菱東京UFJ銀行以外の銀行で受け取る場合)こともあり、借りる金額に対して7%も手数料がかかるのはかなり高いです。

日 総 工 産 前借り

キャッシングをしても、1万円を年利18%で1ヶ月後に完済する場合の利息は約148円です。

金利が18%というと高いように感じますが、1年を借りた時にかかる金利ですので、短期で返済をすれば利息負担はぐっと抑えられます。

1ヶ月で見ると利息の割合は1.5%程度ですので、比較するとフレックスチャージの手数料はかなり高いといえます。

フレックスチャージに関わらず、企業が利用している前借り制度を利用すると手数料が高くなる点がネックです。

特にフレックスチャージでは、月額の管理手数料がかかるので、忘れているとチリツモで手数料の負担が積み上がっていきます。

できれば利用しない方が良く、利用するにしても計画的に使っていく必要があるといえます。


事前に登録が必要

日 総 工 産 前借り

また、事前に登録が必要なので即日借り入れは難しくなっています。

上述した通り、管理手数料がかかるので、いつか急にお金が必要になった時のために事前にフレックスチャージへ登録しておくのもおすすめできず、お金を手元に得るまでに数日から1週間くらいの余裕を見ておく必要があります。


職場によって利用条件が異なる

あと、フレックスチャージは職場によって利用できる場合とできない場合があります。

また、前借りできる金額も職場や勤務状況を見て決められますので、いくら前借りできるかは職場の管理者や担当者によります。

あまり前借りがいくらできるかしつこく聞くと、お金に困っていて、給料の前借りだけして飛ぶつもりでは?と思われることもありますので、前借りをしつこく聞くのもおすすめできません。

面接時や入社時などに自分が前借りを利用できるのか、またいくらくらい前借りできるかは確認しておく必要があります。


まとめ

日 総 工 産 前借り

日総工産の前借り制度「フレックスチャージ」の内容や利用までの流れ、注意点を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 働いた給料の一部を給料日前に前借りできる
  • 職場によって利用条件が異なる
  • 手数料に要注意

日総工産(工場求人ナビ)に登録して派遣で働いている人は、「フレックスチャージ」という制度を使って給料の前借りをすることができます。

事前に登録をすることで、インターネットから申請をして、最短翌営業日には振込で給料を前借りでき、急にお金が必要になった時に大変助かります。

いくら前借りできるかは、勤務状況などによって職場ごと、人によって異なりますので、前借りが必要になったら営業所の担当者へ確認されるのが良いでしょう。

ただし、フレックスチャージはサービスに登録すると、月額の管理手数料がかかり、引き出しのたびに引き出し手数料振込手数料がかかります。

手数料を考えると割高ですので、可能であれば他から借りるなど、最後の手段として使うべき制度です。

日 総 工 産 前借り

急にお金が必要であれば、家族知人などから借りる方が良いでしょう。

家族や知人から借りられるかは、人それぞれ事情がありますので、それが難しい場合には大手カードローンを使ってお金を工面した方がコスト的には安くすみます。

上述した通り、1ヶ月に1万円を借りるための利息は150円程度ですので、給料の前借りをするよりも安く、即日融資も可能なので早く借りることができます。

大手カードローンのプロミスやアコムなら、最短30分で審査回答がありますし、はじめて利用する人には最大30日の無利息サービスもありますので、うまく利用することで利息を払わずに利用することができます。

アコムの詳細を見てみる

プロミスの詳細を見てみる

無利息期間のあるキャッシングを見る

アコムやプロミスでは、派遣社員はもちろん、パートやアルバイト、主婦の人でも借りることができますので、急にお金が必要になった時には給料の前借りよりも先に検討するのが良いですね。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機の「むじんくん」が多く設置されていて、郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

三井住友銀行グループの会社の安心感もあり、利用しやすさと安心感を併せ持ったカードローンです。
koushiki7