派遣 会社 給料 前借り

派遣社員の人が急にお金が必要になった時に、派遣元に給料の前借りをお願いすることができるか知りたい人も多いと思います。

「家族が急に病気になった」
「冠婚葬祭のご祝儀や香典として、今週中に3万円が必要」

などなど、お金が急に必要になる場面は意外に多いものです。

派遣会社に給料の前借りをすることはできるのか、また給与の前借りにはどんな注意点があるのか見ていきたいと思います。

派遣会社は給料の前借りはできる?

派遣 会社 給料 前借り

  • 前借りできるかは会社次第

派遣社員の人は給料を派遣先の会社(普段働いている職場)からもらっているわけではなく、派遣元の会社から給料が支払われています。

そのため、前借りする場合も派遣元の会社にお願いすることになります。

そして、派遣会社から給料の前借りができるかは会社によって異なりますので、派遣元のコーディネーターなどに確認をして、前借りが可能であれば所定の申請等を行って前借りができます。

ちなみに給料の前借りとは、すでに働いていてまだ支払われていない分の給料を、給料日よりも前にもらうことです。

まだ働いていない分の給料を前借りすることはできませんので、前借りと言っても借りられる金額は1ヶ月分くらいが上限となります。

「今月がんばりますので、先に10万円貸してください」

ということはできないので、勘違いしている人は注意が必要です。

また、給料の前借りをすると、返済は正規の給料日から前借り分を差し引く形で行われることがほとんどです。

一度給料を全額受け取って、返せる分を返すという形ではありませんので、前借りした分は翌月の給料が減り、生活もその分苦しくなりますので、その点も考慮しておく必要があります。


給料の前借りができる派遣会社

派遣 会社 給料 前借り

いずれにせよ、派遣会社で給料の前借りを行っている企業はそう多くありません。

有名なところではテクノ・サービスなどがありますが、借りられるのは入社2ヶ月まで、上限で3万円などの条件があります。

大手のリクルートスタッフィングなどでも前借りはできませんので、多くの会社で前借りするのは難しいのが現状です。


法律上は緊急時に前借りが認められている

派遣 会社 給料 前借り

なお、労働基準法では以下の非常時の場合には、これまで働いた分の給料を前借りが認められており、労働者が非常時には会社は給料の前払いをしないといけない義務があります。

  • 出産
  • 結婚
  • 病気
  • 災害等

上記が理由でお金が必要で、どうしても前借りをしないといけないケースであれば、会社に申請すれば法的に会社は応じる義務があるということになります。

また、上述した通り、前借りはすでに働いた分の給料を支払うものであって、非常時であっても働いた分以上の金額を労働者に貸す義務は企業にはありません。

非常時以外であれば企業の裁量で前借りをするかしないか決めて良いことになっており、大きな派遣会社であるほどイレギュラーなケースは認められづらいでしょう。

ですが、コーディネーターによっては掛け合ってくれるケースもありますので、非常時でどうしようもない場合はコーディネーターに相談されるのが良いでしょう。


派遣会社に給料を前借りする際の注意点

  • 前借りできる派遣会社は限られる
  • お金に問題がある人と思われる

派遣会社に給料を前借りするには注意点があります。


前借りできる派遣会社は限られる

派遣 会社 給料 前借り

まずは前借りできる派遣会社が限られるという点です。

上述した通り、前借りができるかどうかは会社として制度にあるかによりますので、会社によっては前借りそのものが認められていません。

労働基準法では前借りが認められているとはいえ、非常時のみという条件付きですので、きちんと派遣会社に説明しなければならず、正当な理由があったとしてもすべての人が前借りを認めてもらえるとは限りません。

前借りできる派遣会社が限られるという点は、派遣会社に給料の前借りをお願いする上でまず注意したいポイントです。


お金に問題がある人と思われる

派遣 会社 給料 前借り

また派遣会社に限らず、前借りをお願いするとお金に問題がある人だと思われ、社会的信用をなくす恐れがあります。

給料の前借りをお願いするということは、給料を使い切っているのはもちろん、貯金がないことも宣言しているようなものです。

日本ではお金の問題がある人は、人としても信用されず、トラブルの予感もあることからすぐに人が離れていきます。

派遣会社の人も、前借りを申し出る人の方がお金にだらしなく、その後の仕事にも悪影響があることが多く、前借りを申し出られた時点で警戒されます。

コーディネーターから悪印象を受けると、その後に仕事を回されなくなったり、良い職場に恵まれなかったりとなにかと損をすることになります。

もちろん、一度前借りをしたからといって、必ずそのような目にあうわけではありませんが、派遣会社にお金問題がある人と思われることには一定のリスクがあります。


まとめ

派遣 会社 給料 前借り

派遣会社に給料の前借りはできるか、またその注意点を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 前借りができるかは派遣会社次第
  • 前借りできるのは、すでに働いた分の給料のみ
  • お金に問題がある人と思われるので注意

派遣社員の人で、急にお金が必要になった時は派遣会社に給料の前借りをしたい人も多いです。

ですが、前借りができるかは派遣会社次第で、会社が前借り制度に対応していないと基本的には前借りできません。

労働基準法上は非常時には前払いをしないといけない義務が会社にはありますが、非常時であることをきちんと説明する必要があります。

また前借りできるのはすでに働いた分の給料のみとなっていますので、それで必要なお金が足りるのか考慮する必要があります。

前借りをすると、職場の人にお金に困っている印象を持たれ、人間関係や仕事に影響が出ることもあり、できるだけ避けたほうが良いです。

仕事にもよりますが、急にお金が必要になったら日払いや週払いの仕事を短期でして収入を得るなどする方が手間なくトラブルも防げます。

仕事を増やすこともできないようであれば、一時的にカードローンで穴埋めするなど、会社以外のところから借りた方がトラブルを避けることができます。

無利息期間のあるキャッシングを見る

おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7