アコム コンビニ返済

アコムを利用している人で、近くのコンビニから便利に返済したい人は多いと思います。

そこでアコムはコンビニ返済できるのか、返済可能なコンビニとコンビニ返済のメリット、デメリットについても見ていきたいと思います。

アコムはコンビニ返済できる?

アコム コンビニ返済

結論から言うと、アコムでは多くのコンビニで返済をすることができます。また利用できるコンビニでは、返済だけでなく借入もすることができます。

大手消費者金融らしく充実したサービスで、借りやすく返済しやすいサービスになっていますね。


アコムの返済可能なコンビニ

アコム コンビニ返済

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • 一部のファミリーマート
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • デイリーヤマザキ

アコムで返済をする場合、提携ATMを利用して返済することになります。そのため設置してあるATMに応じてアコムでコンビニ返済ができるかが決まってきます。

アコムで利用可能な提携ATMは、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、イオン銀行などがありますので、それらのATMを設置しているセブンイレブン、ローソン、一部のファミリーマート、ミニストップなど多くのコンビニで返済をすることができます。

ゆうちょ銀行ATMを利用することはできないため、ファミリーマートではイーネットATM設置の店舗のみ利用することができます。

ファミリーマートでは店舗が限られますが、セブンイレブンとローソンについては基本的にどの店舗でも利用できますので、利用できるコンビニがないと困るケースはあまりないでしょう。

なお、アコムではアコムATM以外のATMを利用する場合、ATM利用手数料として利用金額が1万円以下の場合は108円、1万円超の場合は216円のATM手数料がかかります。

アコムATMは手数料無料で利用できるので、できるだけアコムATMを利用するようにした方が良いでしょう。


マルチメディア機を使った「コンビニ返済」はできない

アコム コンビニ返済

なお、プロミス、アイフル、モビットなど大手消費者金融で利用できるマルチメディア機を使った、いわゆる「コンビニ返済」を利用することはできません。

マルチメディア機を使ったコンビニ返済は他社では無料で利用できますが、アコムでは利用できませんので、その点は注意が必要です。

ATMからの返済はキャッシュカードで預金に入金するような感覚で簡単に利用できますので、手間や面倒なことはありませんが、上述した通りATM手数料がかかります。

そのため、なるべく手数料無料のアコムATMを利用するか、インターネット返済や口座引落しなど、手数料無料の返済方法を利用するのがおすすめです。


アコムのコンビニ返済ができないケース

  • 営業時間外・メンテナンス中
  • 返済金額が利用金額上限を超えている
  • 設置しているATMが提携ATMでない

便利なアコムのコンビニ返済ですが、返済ができないと困ってしまうケースもあります。


営業時間外・メンテナンス中

アコム コンビニ返済

まず考えられるのは営業時間外というケースです。提携ATMの多くは年中無休でほぼ24時間利用できます。

それでも深夜の15分程度にメンテナンス時間があり、利用できない時があります。

またアコム全体のメンテナンスも毎週月曜日の午前1時から午前5時の間にありますので、その間も利用時間外となります。

あまり多くの人が利用する時間帯ではありませんが、メンテナンスで利用時間外となるケースがある点は理解する必要があります。


返済金額が利用金額上限を超えている

また、コンビニATMには利用金額の制限がありますので、返済金額が大きすぎる場合は返済できないこともあります。

セブン銀行ATM:50万円
他のATM:20万円

アコムの返済は毎月数千円というケースが多いので、普通に返済している時に利用金額で引っかかることはないと思いますが、一括返済をする時などは注意が必要です。


設置しているATMが提携ATMでない

後は設置しているATMが提携ATMでないケースも考えられます。

上述した通り、アコムではゆうちょ銀行ATMは利用できませんので、ゆうちょ銀行ATMを設置しているファミリーマートでは返済できません。

自宅の近くのファミリーマートがゆうちょ銀行ATM設置店舗だったということがないよう、確認しておく必要があります。

最近はゆうちょ銀行ATMを設置しているファミリーマートが増えていますので、注意する必要があります。


アコムのコンビニ返済のデメリット

アコム コンビニ返済

  • ATM手数料がかかる
  • セブンイレブン以外は利用金額が1万円単位
  • 自宅から返済できるインターネット返済や口座振替がある

ATM手数料がかかる

アコム コンビニ返済

アコムのコンビニ返済は便利ですが、その分多くの提携ATMでATM手数料がかかる点がデメリットといえます。

アコムATM以外の提携ATMは108円から216円の手数料がかかりますので、気づいたら手数料負担が多くなったということにもなりかねません。

10万円を借りた時の利息は月に1,500円程度ですが、毎月の返済で手数料を負担していると利息が1割から2割増えることになります。

毎月の返済で手数料を支払うと、総額ではかなりの負担となります。

手数料無料のアコムATMを使うなど、返済の手数料はかからないように習慣づける必要があります。


セブンイレブン以外は利用金額が1万円単位

また、提携ATMの利用金額はセブン銀行ATM以外は1万円単位となっていますので、返済金額が1,000円単位でも10,000円単位で返済しないといけません。

例えば、返済金額が5,000円の場合、コンビニ返済する場合は10,000円を返済する必要がありますので、返済額きっちり返していきたい人にとっては不便です。

手数料同様、アコムATM、セブン銀行ATMでは1,000円単位で返済をすることができます。

アコムを利用する人ならセブンイレブンが便利ですね。


自宅から返済できるインターネット返済や口座振替がある

アコム コンビニ返済

また、デメリットというわけではありませんが、コンビニ返済が便利とはいえコンビニまで行って返済をしないといけません。

返済しているところを見られる可能性もありますし、利用明細書などからアコムを利用していることがバレた人もいますので、バレるリスクもあります。

アコムには自宅やスマホから返済できるインターネット返済もありますし、毎月の返済手続きをする必要がない口座振替(引き落とし)の返済もあります。

これらの返済方法から見ると、コンビニ返済は手間がかかると言えますのでデメリットといえばデメリットといえます。


まとめ

アコム コンビニ返済

アコムのコンビニ返済について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • アコムでは一部のファミリーマートを除いてコンビニで返済が可能
  • マルチメディア機を使ったコンビニ返済はできない
  • アコムATMなら手数料無料で返済可能

アコムでは提携ATMを使って返済することになり、多くのATMを利用できるので、一部のファミリーマートを除いてコンビニから返済が可能です。

ゆうちょ銀行ATMは利用できないので、ゆうちょ銀行ATMを設置している一部のファミリーマートでは利用することができませんので注意が必要です。

またLoppiやFamiポートなどマルチメディア機を利用したコンビニ返済は利用できません。

アコムATMは手数料無料で利用することができますので、手間をかけずに手数料無料で返済したい人はアコムATMを利用するのがおすすめです。

アコムの詳細を見てみる


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7