キャッシング ゆうちょ

ゆうちょ銀行を普段利用している人は、ゆうちょ銀行でキャッシングやカードローンを利用できないか考える人もいると思います。

ゆうちょ銀行を利用してキャッシングする方法はいくつかありますので、それぞれの特徴とおすすめできるかどうかを見ていきたいと思います。

ゆうちょ銀行のキャッシングの特徴

  • 2つのキャッシングがある
  • JP BANKカードはクレジットカード
  • したくは銀行カードローン

2つのキャッシングがある

キャッシング ゆうちょ

ゆうちょ銀行は、通常のキャッシュカードではキャッシングすることはできませんが、その他にキャッシングする方法が2種類あります。

1つはゆうちょ銀行発行のクレジットカードであるJP BANKカードを使ったクレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法です。

もう1つはゆうちょ銀行のカードローンである「したく」というサービスを利用する方法です。


JP BANKカードはクレジットカード

キャッシング ゆうちょ

JP BANKカードはゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードで、ゆうちょ銀行のキャッシュカードとクレジットカードがひとつになった、いわゆるクレジット機能付きのキャッシュカードもあります。

JP BANKカードを作ると、他のクレジットカードと同じようにキャッシング枠を設定することができます。

クレジットカードですので、発行の際は審査が行われ、キャッシング枠を希望する場合には発行とは別にキャッシングの審査も行われた後にカードが発行されます。

審査の結果、カードを持つことができない場合もありますし、キャッシング枠がつかなかったり、設定されたキャッシング枠が希望の金額以下の場合もあります。

キャッシング ゆうちょ

無事審査に通過したら、全国のゆうちょ銀行ATMや提携のATMからキャッシングをしたり、「キャッシング振込サービス」によりネットキャッシングによりお金を借りることもできます。

提携しているATMには以下の銀行ATMなどがあります。

・みずほ銀行
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・りそな銀行
・信用金庫
・信用組合

キャッシング ゆうちょ

  • 一括払い
  • リボ払い

返済方法は一括払いリボ払いがあります。

一括払いは元金と利息を翌月に一括で返済する返済方法です。JP BANKカードのキャッシング返済はショッピング利用などと合わせて口座から引き落とされますので、翌月の引き落としの際にキャッシング利用した金額と利息を一括で引き落としで返済します。

リボ払いは毎月一定額を返済方法です。

JP BANKカードの場合、毎月元利定額返済方式となっていて、毎月決まった元金の返済額と利息を合計した金額を返済していくことになります。

■JP BANKカードの金利と返済額

利用枠 返済額 金利
10万円・20万円 1-5万円 15.0%
30万円 2-6万円 15.0%


金利は15%と、通常のクレジットカードによるキャッシング金利よりも低く設定されているのが嬉しいですね。

ゆうちょ銀行がメインバンクの人は、キャッシュカードをクレジット機能付きのJP BANKカードとして、キャッシング枠を設定しておくと、いざという時に比較的低めの金利でお金を借りることができるので便利ですね。

一方で、クレジットカードの発行にはある程度審査時間、カード発行までの期間がかかりますので、即日でキャッシングは難しく、すぐにお金を借りたい人には不向きなサービスといえます。


したくは銀行カードローン

キャッシング ゆうちょ

クレジットカードではなく、銀行カードローンの「したく」もゆうちょ銀行のキャッシングとしてあります。

したくは、ゆうちょ銀行が独自に提供しているカードローンではなく、スルガ銀行カードローンをゆうちょ銀行が代理業者として媒介している商品です。

つまり、ゆうちょ銀行は代理店で、したくに申し込むとスルガ銀行ゆうちょローンに申し込むことになります。

直接スルガ銀行に申し込んでも同じ商品で、スルガ銀行が審査と保証を行います。

キャッシング ゆうちょ

カードローンの「したく」は限度額は最大500万円となっており、初回は300万円までの限度額となります。

最短即日審査、電話なら最短30分で審査回答してくれて、金利も7.0~14.9%と銀行系カードローンの低金利となっています。

申し込みにあたって必要な書類は本人確認書類のみで、印鑑など他のものを準備する必要はありません。

また、カードによるATMでの返済となるため、返済用の口座としてスルガ銀行の口座開設も不要となっています。

ただし、新たにカード発行が必要となるため、発行までに数日が必要となり即日融資はできません。


JPバンクカードとしたくはどちらがおすすめ

キャッシング ゆうちょ

JPバンクカードとしたくの比較をした場合、したくはJPバンクカードよりも金利が低く、クレジットカードの審査の時間がないしたくの方がおすすめです。

ただ、したくも即日融資は難しく、新たにカード発行をしないといけないなど、おすすめできない点も多く、ゆうちょ銀行のキャッシングにとらわれないのであれば、他の銀行系カードローンや大手消費者金融のキャッシングの方が使いやすくおすすめです。

銀行系カードローンの金利はほぼ同じですが、審査スピードであれば三菱UFJ銀行のバンクイック、利用限度額の高さであれば最大1,000万円と大きいみずほ銀行カードローンなどがおすすめです。

キャッシング ゆうちょ

アコム、アイフル、プロミスなどの大手消費者金融のキャッシングもおすすめです。

金利は銀行系カードローンより高くなりますが、審査スピードが早く、はじめての利用なら最大30日間の無利息期間があるので、無利息期間を利用して短期で完済すれば、むしろ支払う利息は銀行系カードローンよりも少なくすみます。

無利息期間のあるキャッシング

いずれも大手で人気のキャッシング・カードローンですので、お金を借りようと思ったら、これらの会社で借りることをまず検討されるのが良いでしょう。


おすすめカードローン

アコム

アコムは最短30分の審査回答で即日融資が可能。はじめて利用する人は最大30日間の無利息期間がありお得にお金を借りることができます。

自動契約機(むじんくん)が多く設置されていて、年中無休(年末年始は除く)で郵送なしのキャッシングをすることもできます。

むじんくんの営業時間は、2020年4月1日以降:9:00~21:00と短縮されております。

アコムの詳細



プロミスは最短30分で審査回答があり、最短1時間で融資可能なキャッシングです。
カードレスの借入が可能で、WEB完結来店不要郵送なしで利用できます。
大手消費者金融の中では上限金利が最も低く、30日間の無利息サービスもあるので、お得に借りたい人にもおすすめです。
koushiki7
女性の方にはプロミスレディースがおすすめです。
プロミスのサービスはそのままに、女性オペレーターが最後まで責任を持って対応してくれるので、不安な人も安心して利用できます。

プロミスはパート、アルバイトの人でも利用できます。
koushiki7
モビット
SMBCモビットはWEB完結の借入が可能で、申し込みの曜日、時間によっては最短即日でお金が借りられるカードローン。
自宅への郵送なしで利用できるので、家族と同居している人でも安心して利用することができます。

SMBCグループの会社の安心感もあります。
koushiki7